言葉の行方

 

目に見えなくても 意図しなくても

確実に相手を傷つけることができるもの

 

わたしの書いた言葉が相手を悲しませたとき

わたしは激しい自己嫌悪に陥る

 

優しくしたい 癒したい

そう思っているわたしの言葉が

正反対の力を持ってしまった

 

書くことを選んだのに

未知の人にも伝えたいことがたくさんあるのに

いつのまにか 別の意味にすりかわってしまう言葉たち

 

わたしの力が足りないからと 分かっていても

今は わたしが 誰かの言葉で癒されたいの

 

* * * ・・・ * * * ・・・ * * * ・・・ * * * ・・・ * * *

 

青い空に浮かぶ白い雲

絵菜さんより

ある人にはそれがただの雲にしか見えなくても

あなたにはその雲が伝える 素敵な物語が見えているのでしょう

 

それでも

一人一人が持ってる瞳 一人一人が持ってる感覚

みんなそれぞれ違うから 時に苦しんだり涙したり

そんなことが きっと数多くあることでしょう

 

だけどあなたにしか見れない あなたにしか描けない物語を

愛し 楽しみに待ってる人達もたくさんいるのです

 

だからあなたが愛する あなたの物語を

あなたの感じた通りの言葉で 伝えてください

全く同じ物語は見れないかもしれないけど

あなたの心からの言葉達で綴られた その物語に触れたいから・・・

 

* * * ・・・ * * * ・・・ * * * ・・・ * * * ・・・ * * *

 

作者のご紹介

お名前 絵菜さん

繊細な感性をお持ちで、昔のわたしに似ています(笑)。

自称姉妹として(わたしが姉です)詩を贈り合っています。

この詩も、絵菜さんとのメールのやり取りで生まれました。

絵菜さんのサイトは、こちらです。

back

home