タルホの月に酔った話

 

 ある夕方 仕事を終えたわたしは いつものように電車に乗っていた 

帰宅ラッシュより早い時間帯なので 車内は混んではいないが 

それでも座れるほど空いてはいなかった 

わたしは 三人掛けの座席の前に立つことにした

 ガタンという揺れとともに 鞄から『一千一秒物語』を出して 朝の続きを読み始めた 

今から十五年前に増刷されたその本は 近所の図書館で借りたもので 

わたしの前には三年も前に読んだ人がいるだけだった 

ページは茶色く褪せていたが 隣にいた人がお月様だったとか 

道に落ちていた星を拾ったとかいう不思議な話は 

当たり前の日常を過ごしている頭に 新鮮な驚きを与えてくれた

 快速電車は 水族館のドームや観覧車を通り過ぎた 

シンデレラ城に着いた時 夢の続きのような表情をした子供が乗って来た 

ここは ケーキ屋さんのショーウィンドウのような街だ 

楽しくなる色だけでできている 

ここに住んでいる人は 毎日何を食べているのだろう 

タルホのようにお月様でも食べているのかもしれない 

窓外に目をやると 白雪姫の爪のように 清楚な月が浮かんでいた 

わたしはちょっと手を伸ばして その月を食べる真似をした 

前の座席に座っている女性が いぶかしげな顔をした 

わたしは慌てて  本に視線を戻した

 人工スキー場を過ぎた辺りで 電車の揺れがいつもと違うように感じられた 

連結部分のドアが 揺れに合わせて閉じたり開いたりしている 

先程隣の車両に移った人が きちんと閉めなかったからかもしれない 

理屈では分かっていても わたしにはそれを閉めようという考えは浮かばなかった 

体がふわふわとして 何ともいい気分になっていたからだ

 海沿いを走る電車は 次の停車駅までいくつもの駅を通り過ぎた 

快速電車は 時間をワープする乗り物かもしれない

 窓の外にメッセの灯りが見えてきた時 電車は速度を落とし ゆるやかに停車した 

わたしは ふわふわした気分のまま ドアの前に立つ人を掻き分けた 

電車とホームの間に気をつけようと下を見た時に わたしははっと息を飲んだ 

体が五センチほど浮かんでいたのだ 

わたしは 歩き始めた幼子のように 

一足ずつ確かめながらホームに降り立ち ベンチを探した

 次の電車に乗るために たくさんの人が階段を上がって来ていた 

しかし わたしを気にする人は一人もいない 

わたしはベンチに座り 化粧ポーチから 

ジヴァンシーのプチサンボンの小瓶を取り出し 耳朶につけた 

気分を落ち着かせる時の いつもの癖だ 

自分だけを心地よくする魔法の香り 

わたしは大きく深呼吸をすると この不思議な状況の理由を考えようとしたが 

まとまらなかった

 目の端に小さな赤い光を感じ そちらを見た 

それは 隣のホームの喫煙場所で点けられた 男性のタバコの火だった 

彼はわたしを見て 片頬だけで笑い 階段を降りるように手で示した 

わたしは言われるままに そろそろと立ち上がり 改札に向かって歩き始めた

 北口を出ると 外には夜が広がっていた 

隣のホームにいた男性が 階段の下でわたしを待っていた そして

「やぁ まだあなたのような人がいましたか」

 と声をかけてきた

「こんなに酔った人を見たのは 久し振りです 

でも あなたには魔法の香りがあるようだから 大丈夫でしょう」

 彼はそう言うと 軽くステップを踏んで 空に帰って行った 

一瞬のことで 気づいた人はいないらしい

 お酒を飲まないわたしには「酔う」という感覚が分からなかったが 

どうやらこれがそのようだった 

わたしは タルホの月を飲み込んだのだ

 空を見ると ちょっと齧られた月が浮かんでいた


* * * ・・・ * * * ・・・ * * * ・・・ * * * ・・・ * * *

 

「星の雫と月の光と」

ほの歌さんより

懐かしい何かを手繰り寄せたよに

肩の力がふっと抜けた

 

閉じた瞳のずっと奥

星のしずくがそっと零れる

こんなに乾いてしまうまで

なぜ放っておいたのですか

気付かないはずないでしょう

 

時には大きく深呼吸して

時間を意識することなく

目を閉じることも必要なのに

 

慌てたって

きっと何かにつまずくだけ

それよりも

瞳潤す 星の雫に

やさしく微笑む月の光に

気付く気持ちのゆとり持ちたい

 

* * * ・・・ * * * ・・・ * * * ・・・ * * * ・・・ * * *

 

作者のご紹介

お名前 ほの歌さん

「あなたの記憶のどこかに宿る

小さなやすらぎを思い出してほしいのです。

そして、今のあなたが、忘れかけていた何かを

見つけることができたら・・・と願っています」

ほの歌さんのサイト「穏やかな時間」のTOPページの言葉を引用させていただきました。

 

* * * ・・・ * * * ・・・ * * * ・・・ * * * ・・・ * * *

 

短篇集には、「タルホの月に酔った話」だけが収録されます。

ほの歌さんの詩は、サイトでのみお楽しみください。

Bookshopへ

Collaborationへ

home