Library ほ 

書名

出版社

対象年齢

保育園に絵をかいた 銀色 夏生 銀色 夏生・写真   角川文庫  
息子の通っている保育園の壁にペンキで絵を描きました。
ほいくえんのいちにち 丘 修三 上條 滝子   佼成出版社  
両親が働いている子が通うところが保育園。保育園の朝から夜までを、丁寧に描きます。
鳳凰と黄金のカボチャ 崔 岩しゅん 楊 永青 片桐 園 岩崎書店  
昔、中国に欲張りな兄と正直な弟がいました。弟は兄に追われた小鳥を助けてやると、小鳥はカボチャの種を1粒くれました。
放課後の時間割  岡田 淳  岡田 淳    偕成社  小学3年生から 
小学校の図工の先生であるぼくのところに、学校に住む学校ネズミが話をしに来てくれます。     
ほうすけのひよこ 谷川 俊太郎 梶山 俊夫   解放出版社  
村はずれの洞穴に、ほうすけという男が住んでいた。ほうすけは、嫁入りや葬式があると、村へ来て歌を歌った。
ほうまんの池のカッパ 椋 鳩十 赤羽 末吉   銀河社  
種子島の力持ちトラマツは、魚釣りもじょうずです。ある日、びくいっぱいに鯛を釣ると、ほうまんの池のカッパにとられてしまいました。
ほぉ…、ここがちきゅうのほいくえんか。  てぃ先生  トツカ ケイスケ    KKベストセラーズ   
保育士の男性が日々の保育で聞いた子どもの声を拾ったツイッターが書籍になりました。     
ほかほかパン スズキ コージ スズキ コージ 福音館書店 5歳から
「こどものとも」585号。はなめんちゃんはお母さんに頼まれてほかほかパンを買いに行きます。インパクトの強い絵本。
ほがらか森のくぬぎの木 すずき みゆき 鈴木 まもる   金の星社 3歳から
大きな森で楽しく暮らしていた動物たち。ある日、その森を人間が町にするというのです。
北緯14度 絲山 秋子 講談社
アフリカのセネガルに2ヶ月間滞在した著者の紀行文。セネガルに溶け込んだ生活をしていたので、別れの時には胸が詰まります。
北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし  江本 マシメサ  あかねこ    宝島社  大人向け 
「小説家になろう」に掲載されていたものを改稿して書籍化しました。     
ほげちゃん  やぎ たみこ  やぎ たみこ    偕成社   
おじさんからゆうちゃんに届いたぬいぐるみ。お父さんは変な顔のかばだから、ほげちゃんと名付けます。     
ほげちゃんまいごになる  やぎ たみこ  やぎ たみこ    偕成社   
動物園に連れて行ってもらったほげちゃんは、途中で落とされて迷子になりました。     
星占い師のいた街 竹下 文子 牧野 鈴子 偕成社
季節ごとの童話「12のオルゴール」と「ノアの箱舟」「ポリーさんのおうむ」の短篇集。
あかね・新えほんシリーズ30 干し柿  西村 豊  西村 豊・写真    あかね書房   
渋柿を干して甘い干し柿にする様子が、カラーの写真絵本になりました。     
おはなしガーデン22 なんでも魔女商会13 星くずのブラックドレス  あんびる やすこ  あんびる やすこ    岩崎書店   
お嬢さま魔女マーガレットは、結婚式で着るもう1枚のドレスのリフォームを注文しにやってきました。     
星空のどうぶつえん ジャックリン・ミットン クリスティーナ・バリット 角野 栄子 メディアファクトリー 5歳から
夜の空に広がる星座の中で、動物のものを紹介しています。
星とトランペット 竹下 文子 牧野 鈴子   ブッキング  
表題作のほか、10篇の童話集。1984年講談社文庫から出版されたものが復刊されました。
星どろぼう  アンドレア・ディノト  アーノルド・ローベル  八木田 宜子  ほるぷ出版   
ある晩、泥棒が空の星を全部盗んで自分のものにしてしまいました。怒った村人は、月まで盗みに来た泥棒を捕まえて……。     
ほしにいのりを STARRY NIGHT 葉 祥明 葉 祥明 RIKKI NINOMIYA・英訳 有朋堂  
卵から生まれた羽を持つ小さな象のはちぞうは、ある夜、蛍と友達になり、流れ星とも知り合います。
ほしにおねがい たなばたのおはなし 武鹿 悦子 新野 めぐみ   教育画劇  
今夜は七夕。小さな星の子は、誰かの願いを叶えないと一人前の星になれません。
星に帰った少女 末吉 暁子 こみね ゆら   偕成社  
マミ子は12歳の誕生日に、ママのお古のコートをもらった。コートのポケットにあったバスの回数券を使うと……。
星になった月見草 阿部 笙子 阿部 笙子   ほるぷ出版 5歳から
夏の夜に咲く可憐な月見草のお話です。
ほしになったふね 武宮 秀鵬 武宮 秀鵬   金の星社  
ナミとナギのきょうだいは、夕方空から降りてくる小さなふねを見つけました。
ほしになったりゅうのきば   赤羽 末吉 君島 久子・再話 福音館書店 5歳から
昔、ある村に子どものいない老夫婦がいました。ある日、二人の前に山の上から大きな石が落ちて来て、中から男の子が生まれました。
* 星の王子さま サン・テグジュペリ サン・テグジュペリ 内藤 濯 岩波少年文庫 小学5年生から
サハラ砂漠に不時着した飛行士は、小さな星の王子さまと出会います。すべての子どもと大人の必読書。
星のオルゴオル 安浪 雄嗣 黒井 健 サンリオ
1編1編をゆっくり味わいたいと思うような詩。
星のオルフェウス アニメ・ブックス 辻 信太郎 サンリオ
アニメーション映画を読み物にした本。ギリシア神話をモチーフにしていますが、できがいいとは言えません。
星の観察と観測 星と星座と宇宙の旅10 瀬川 昌男 モロズミ勝・イラスト 廣瀬洋治・オリオンプレス・オアシス・潟jコンオプティカル・写真   小峰書店  
星空の観測には、根気と準備が必要です。この本は、見ているだけでもよく分かり、実際に夜空を眺めたくなります。
星の子 オスカー・ワイルド・原作 ジェニファー・ウェストウッド・文 フィオナ・フレンチ 矢川 澄子 ほるぷ出版 小学1年生から
貧しいきこりが森で見つけた星の子は、大きくなるととてもわがままになりました。結末は原作と違い、ハッピーエンドです。
ほしのサーカス 小沢 良吉 小沢 良吉   福音館書店 4歳から
今日はふたご星の誕生日。星座の仲間がパーティーの準備。ふたご星とこぐまがパンを引っ張ったら……。
星の使者 ガリレオ・ガリレイ ピーター・シス ピーター・シス 原田 勝 徳間書店  
高名な科学者、数学者、天文学者、哲学者にして物理学者、ガリレオ・ガリレイの生涯。
星の招待状 葉祥明画集 葉 祥明 葉 祥明 サンリオ
余白をたくさん取ったどこにもない世界。
星の林に月の船―声で楽しむ和歌・俳句― 岩波少年文庫131  大岡 信・編  柴田 美佳    岩波少年文庫  小学5年生から 
七五調のリズムの良い和歌や俳句が、解説と共に194作掲載されています。巻末に作者と初句の索引もあります。     
ほしのひかったそのばんに わだ よしおみ 司 修   こぐま社  
キリスト誕生の様子を描いた絵本。
岩波ものがたりの本4 星のひとみ  サカリアス・トペリウス  丸木 俊  万沢 まき  岩波書店 小学2年生から 
フィンランドのアンデルセンと呼ばれたトペリウスの童話が11編収録されています。     
ほしのむすめたち カナダ・インディアンの昔話 マーガレット・ベミスター・再話 羽根 節子 羽根 節子 福音館書店 4歳から
狩りをしている若者ウォーピーは、森のはずれの野原の輪の中に、小枝で編んだ籠が空から降りてくるのを見ました。
星への道 伊豆文学フェスティバル実行委員会・編     静岡新聞社  
第二回「伊豆文学賞」優秀作品集。最優秀賞1編、優秀賞2編、佳作2編。
ホジャどんのしっぺがえし トルコの民話 ギュンセリ・オズギュル・再話 ギュンセリ・オズギュル 永田 真知子 ほるぷ出版 小学1年生から
とんちのあるおじいさんホジャどんが、村人と知恵比べをします。
感動ノンフィクションシリーズ ホスピタルクラウン・Kちゃんが行く 笑って病気をぶっとばせ! あんず ゆき  大脇 崇・写真    佼成出版社   
病気で入院している子どもたちに笑いを届けようと、クラウンの格好で出かけるKちゃん。     
ほたる  神沢 利子  栗林 慧・写真    福音館書店   
蛍の生態を美しい写真絵本にしました。蛍は卵でも幼虫でもさなぎでも光っています。     
かんきょうかがくえほん・かんがえるシリーズ6月号 ほたる  LaZOO  三石 暉弥・小原 玲・アマナイメージズ アフロ オアシス・写真 てづか あけみ・絵    学研教育みらい  
2017年6月号。大場蛍研究所・大場信義・監修。美しく光る蛍の写真とかわいらしいイラスト。     
ほたる館物語 浅野 敦子 高橋 透 新日本出版社 小学5年生から
温泉旅館の孫娘、一子の物語2編。著者初めての本です。
ホタルがひかってる 奥本 大三郎 石部 虎二   福音館書店  
夏の夜。お父さんと二人で外に出た男の子。ホタルを見つけました。
ほたるの子ミオ ボリガー トゥルンカ 矢川 澄子 メルヘン社  
ほたるの子ミオは、初めてランタンを持って飛んでからすっかり自信がつきました。でも、1人で出かけたら……。
火垂るの墓 徳間アニメ絵本5 野坂 昭如     徳間書店  
アニメの絵本版。第二次世界大戦中の、14歳の清太と4歳の節子の物語。
ほたるのよる 梅田 俊作・佳子 梅田 俊作・佳子   文研出版  
ぼくはお使いの帰りに、ほたると不思議な女の子に出会いました。
ほたるホテル カズコ・G・ストーン カズコ・G・ストーン   福音館書店 3歳から
夏。柳の下のやなぎむらでは、今年もほたるホテルが開店します。
北海道探検記 本多 勝一 本多 勝一・写真   朝日新聞社  
1960年代頃、貧しい人々が住んでいた辺地の北海道を丁寧に取材しています。
ほっきょくぐまねこ 5ひきのねこのゆめ ニコラ・ベーリー ニコラ・ベーリー 八木田 宜子 ほるぷ出版  
ぼくが猫じゃなくて北極熊だったら……。猫がそんな想像をします。
北極のムーシカミーシカ 乾 冨子 瀬川 康男 理論社 4歳から
北極熊の子ムーシカとミーシカのいたずらと冒険の物語。
ホットケーキできあがり!  エリック・カール  エリック・カール  アーサー・ビナード  偕成社   
ジャックはホットケーキが食べたいのに、お母さんは大忙し。小麦粉も牛乳も自分で準備しないといけません。     
ほっぺほっぺほっぺ ほっぺっぺえほん 内田 麟太郎 長野 ヒデ子 童心社 1歳から
こどもがはじめてであうおともだち。さっちゃんはタコやかぼちゃや狼の、ほっぺとほっぺをくっつけます。
* ホッホーくんのおるすばん アンゲラ・ゾンマー・ボーデンブルク イムケ・コールト・ザンダー 佐々木 田鶴子 偕成社  
ふくろうのホッホーくんはとても甘えんぼ。いつまでたっても飛び方も餌の取り方も覚えようとしません。
ホテルカクタス 江國 香織 佐々木 敦子   ビリケン出版  
ホテルカクタスという名のアパートに住む、帽子ときゅうりと数字の2の物語。
ホテル・クロニクルズ 青山 真治     講談社 大人向け
「ブラックサテン」「交響」「砂浜に雨が降る」「Radio Hawaii」「蜘蛛の家」「地上にひとつの場所を!」「白猫」を収録。
HOTEL楽園オリエンタルリゾート 三好 和義 三好 和義・写真 小学館
セイシェル、モルディブ、タヒチなどの高級ホテルの写真集。
ほなまた わくわくたべものおはなしえほん9  こしだ ミカ  こしだ ミカ    農山漁村文化協会   
秋の山にはきのこがたくさん。動物たちも人間も、自分の食べる分だけ採って、あとは来年に。ほなまた。     
* ほね 堀内 誠一 堀内 誠一   福音館書店 4歳から
どんな人間も、体の中には骨があります。骨は脳や内臓を守るために、とても大切なものです。
おおきなしぜんちいさなしぜん《かがく》D ほね  伊藤 恵夫・指導  米津 景太・久保田 彩子    フレーベル館   
鯉、蛙、蛇、鳩、犬、キリン、人などの骨について描いています。     
ほねはおれますくだけます かこさとしからだの本8 加古 里子 加古 里子 童心社
体の中に骨がある人間は、ぐにゃぐにゃでもないし、何度も殻を脱がなくても大きくなれます。
ほね、ほね、きょうりゅうのほね バイロン・バートン バイロン・バートン 掛川 恭子 佑学社  
太い線と鮮やかな色で、幼い子の好奇心をくすぐります。
* ホネホネたんけんたい  松田 素子  大西 成明・写真    アリス館   
西澤真樹子・監修・解説。いろいろな動物の骨格標本の写真と楽しい解説で、骨について学べます。     
* ホネホネどうぶつえん  松田 素子  大西 成明・写真    アリス館   
西澤真樹子・監修解説。ゾウ、ワラビー、パンダ、ゴリラ、コビトカバなど動物園の動物の骨格写真と巻末の解説。     
* ホビットの冒険 上 岩波少年文庫058  ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキン 寺島 竜一  瀬田 貞二  岩波少年文庫  小学5年生から 
ホビット小人のビルボ・バギンズは、魔法使いガンダルフと13人のドワーフ小人と一緒に、冒険に旅立ちます。     
* ホビットの冒険 下 岩波少年文庫059  ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキン  寺島 竜一  瀬田 貞二  岩波少年文庫  小学5年生から 
エルフたちの牢から逃げ出したビルボたちは、竜スマウグの元へ向かいます。訳者のことばと斎藤惇夫さんの解説もあります。     
微笑みながら消えていく 銀色 夏生 銀色 夏生・写真   角川書店  
全ページカラーの写真詩集。見ているだけでも溜め息が出ます。
ほほえみにはほほえみ  川崎 洋  島田 光雄    童話屋   
田中和雄・編。『ビスケットの空カン』『重いつばさ』『木の考え方』などの詩集から選んだ詩です。     
ほら、きのこが…  越智 典子  伊沢 正名・写真    福音館書店  小学3年生から 
胞子で増えるきのこの生態を、綺麗な写真絵本で学べます。     
ポプラちいさなおはなし16 うそっこむかしばなし ほらふきたぬきのももたろう  藤本 ともひこ  藤本 ともひこ    ポプラ社   
日本の昔話を使っておもしろおかしく書いただけの本。     
* ほらふき男爵の冒険 ペーター・ニクル・再話 ビネッタ・シュレーダー 矢川 澄子 福音館書店
ミュンヒハウゼン男爵のすばらしき旅と冒険の物語[陸上篇]。
ホリー・ガーデン 江國 香織 荒井 良二   新潮社 大人向け
あとがきの言葉を借りれば、「たくさんの余分な時間を共有してきたふたりの物語」です。
ホワイト・グース ターシャ・テューダー ターシャ・テューダー 内藤 里永子 メディアファクトリー  
夜、ロビンは白い羽の雁に会いました。ロビンは、雁の群れの中にいる少女に一緒に飛ぼうと誘われます。
本からはじまる物語 阿刀田 高・有栖川 有栖・いしい しんじ・石田 衣良・市川 拓司・今江 祥智・内海 隆一郎・恩田 陸・篠田 節子・柴崎 友香・朱川 湊人・大道 珠貴・梨木 香歩・二階堂 黎人・本多 孝好・三崎 亜記・山崎 洋子・山本 一力 メディアパル
『しゅっぱんフォーラム』連載の「本からはじまる物語」掲載作品。梨木さんの作品が秀逸でした。
本から引き出された本 引用で綴る、読書と人生の交錯 マイケル・ディルダ 高橋 知子 早川書房 大人向け
本好きな人は1冊の本から別の1冊に導かれて世界を広げてゆきます。
本気で書きたい人の小説「超」入門 松島 義一 メディア・ポート
元編集者の著者が文章教室の生徒に教えるような言葉で書いた本。
本・子ども・絵本 中川 李枝子 山脇 百合子   大和書房 大人向け
いい絵本の見分け方、子どもとの接し方が分かります。
香港の甘い豆腐  大島 真寿美      理論社  小学6年生から 
17歳の夏、高校生活に違和感を抱いていた私は、突然母に香港に連れて行かれます。そこに父親がいるというのです。     
本多弘美のおかたづけ日記 気づいたら収納アドバイザーになっていた 本多 弘美 金谷 知子 アスク
何でも取って記録しておくのに面倒くさがりの著者が、収納アドバイザーになる前の自らの過去を綴った本。
本で床は抜けるのか  西牟田 靖      本の雑誌社   
ウェブ・マガジン「マガジン航」に連載された「床抜け」シリーズを加筆・再構成しました。     
ほんとうだよ 松見 秀 松見 秀 福音館書店 3歳から
かえるのがーちゃんは、春になって大喜び。花や鳥や電車のことを教えても、池の魚たちは信じてくれません。
詩を読もう! ほんとこうた・へんてこうた  阪田 寛夫  織茂 恭子    大日本図書   
水内喜久雄・編。ほんとこうた・へんてこうた、どうぶつたちのみるゆめは、さわってみたいが、の3章に分かれています。     
ほんとだってば! マーサ・メイヤー マーサ・メイヤー 今江 祥智 偕成社  
ぼくのベッドの下にはワニがいる。ほんとだよ。でも、パパもママも信じてくれない。
ほんとにほんとにほしいもの ベラ・B・ウィリアムズ ベラ・B・ウィリアムズ 佐野 洋子 あかね書房  
もうすぐローザの誕生日。おばあちゃんはローザに、本当に好きなものを買うようにと言います。
ほんとにみたんだもん 宮城 まり子 宮城 まり子   至光社  
汽車がほしい女の子。お母さんは、女の子だからだめだって。わたし、捨て犬のぺいと一緒に行っちゃうよ。
ほんとのおおきさ動物園  高岡 昌江  福田 豊文・写真 柏原 晃夫・絵    学習研究社   
小宮輝之・監修。トラ、パンダ、キリン、ラクダ、サイなど、動物園にいる動物たちの本当の大きさがわかるように撮られた迫力ある写真。     
ほんとのほんとのむかしばなし 中国の寓言集(一) 方 軼群・再話 張 世明 君島 久子 ほるぷ出版 小学1年生から
「まちぼうけ」「笙の名人」「矛と盾(矛盾)」の3話。軽い読み物ですが、絵は中国らしい感じです。
ほんとのほんとのむかしばなし 中国の寓言集(五) 丁 二・再話 曽 佑チュワン 君島 久子 ほるぷ出版 小学1年生から
「かわいそうな小ジカ」「貴州のロバ」の2話。救いがない話ですが、絵はきれいです。
あかね・新読み物シリーズ・25 本の妖精リブロン  末吉 暁子  東 逸子    あかね書房   
転校生のアミは、新しい学校の図書室で本の妖精リブロンに会いました。     
* 本のれきし5000年 辻村 益朗 福音館書店 小学3年生から
まだ紙がない昔から、人間は文章を記録していました。たくさんの写真や図入りで、楽しく学べます。
* 本はこうしてつくられる アリキ アリキ 松岡 享子 日本エディタースクール出版部  
本をつくるのは誰かな? 作家や画家、編集者、デザイナー、校正者、印刷者、宣伝担当者などたくさんの人が関わっています。
ほんはまっていますのぞんでいます かこさとし しゃかいの本 加古 里子 加古 里子   童心社  
本を読むのが好きな子にも、あまり好きでない子にも、本との出会いができる場所があります。
大阪弁のうた二人集 ほんまにほんま  島田 陽子・畑中 圭一  島田 順子    サンリード   
大阪弁で子どもの詩を書いている二人の詩集。絵も楽しいです。     
本屋の雑誌 別冊本の雑誌17  本の雑誌編集部・編      本の雑誌社   
1976年に創刊された「本の雑誌」に掲載された書店関係の記事の一部を再録しました。     
本を読む前に 荒川 洋治     新書館 大人向け
雑誌や新聞に掲載したエッセイをまとめたもの。「本を読む前に」「本を読む小説」「読む」の3つのテーマ。
* 冒険者たち ガンバと15ひきの仲間たち 岩波少年文庫044  斎藤 惇夫  薮内 正幸    岩波少年文庫  小学4年生から 
町ネズミのガンバは、マンプクに誘われて港に行きました。そこで出会った仲間たちと、海を渡ります。     
ぼうさまになったからす 松谷 みよ子 司 修   偕成社 小学1年生から
からすがたくさんいる村がありました。でも、戦争中にからすがいなくなってしまいました。からすが行ったところは……。
新装版日本のむかし話 ぼうさまの木  松谷 みよ子  瀬川 康男    講談社   
大水の後、渡し守が川で亡くなった座頭坊様を拾い上げました。畑に埋めて供養すると、大きな木が生えました。     
ぼうし 瀬川 康男 瀬川 康男   福音館書店 4歳から
桃太郎、金太郎、弁慶たちは、いつまで帽子をかぶっているの?
ぼうし トミー・ウンゲラー トミー・ウンゲラー 田村 隆一・麻生 九美 評論社  
お金持ちの頭の上にあった立派なシルク・ハットは、風に吹かれて一文無しのベニト・バドグリオの頭に着陸しました。
ぼうしおばけはおばけじゃない 今井 弓子 今井 弓子   文研出版  
チョコラマンションには、帽子おばけが住んでいるらしい。部屋の前を歩くと、帽子を取られちゃう。
ぼうしの上にまたぼうし ローラ・ゲリンジャー アーノルド・ローベル 福本 友美子 文化出版局
3代目アール・アール・ポットルさんは、帽子が大好きでした。
ぼうしのおうち エルサ・ベスコフ エルサ・ベスコフ 菱木 晃子 福音館書店 4歳から
昔、小さな湖の小さな島に、帽子のおうちに住んでいる小人たちがいました。
ぼうしぼうしぼうし 神沢 利子 岩村 和朗   佼成出版社  
うさぎのモコは、お母さんに麦わら帽子が飛ばないようにリボンをつけてもらいました。野原に行くと、帽子をなくした子がいて……。
* ぼうしをかぶったオニの子  川崎 洋  飯野 和好    あかね書房   
帽子をかぶって角を隠したオニの子の話が5つ収録されています。     
ぼうしをつかまえて! エンマ・チチェスター・クラーク エンマ・チチェスター・クラーク 橋本 美穂 ほるぷ出版  
ある日、ローズがお気に入りの帽子を風に飛ばされてしまいました。みんなで追いかけましたが……。
ぼうしをとってちょうだいな あかちゃんのわらべうた3 松谷 みよ子 上野 紀子   偕成社 1歳から
赤ちゃんにわらべ唄をうたう習慣が消えつつあります。豊かな心を育て、文学の入口を開くためにもわらべ唄をうたいましょう。
ぼうやで三びき ごきげんなライオンシリーズ3 ルイーゼ・ファティオ ロジャー・デュボアザン 今江 祥智 佑学社  
ごきげんなライオンくんと奥さんに坊やが生まれました。ライオンくんは、坊やが大人になったら何になったらいいか考えます。
ボートがしずんだの、だれのせい? パメラ・アレン パメラ・アレン 湯浅 フミエ あすなろ書房  
めうし、ろば、ひつじ、ぶた、小さなねずみは、とても仲良し。ある日、ボートに乗ろうとしたけど沈んじゃった。誰のせい?
ボートにのって うららちゃんののりものえほん2 豊田 一彦 豊田 一彦   アリス館  
うららちゃんが、お父さんとボートに乗っています。小さな声で歌ったら、いろんな友達が来ました。
ボールのまじゅつしウィリー アンソニー・ブラウン アンソニー・ブラウン 久山 太市 評論社  
ゴリラのウィリーはサッカーが大好き。でも、サッカーシューズを買ってもらえないし、誰にもパスしてもらえない。
* ぼおるぺん古事記(一) 天の巻  こうの 史代  こうの 史代    平凡社   
「古事記」をわかりやすく、絵で読み解いています。天地創生からヤマタノオロチまでの11話のエピソード。     
* ぼおるぺん古事記(二) 地の巻  こうの 史代  こうの 史代    平凡社   
「古事記」をわかりやすく、絵で読み解いています。因幡の白兎から国譲りまでの8話のエピソード。     
* ぼおるぺん古事記(三) 海の巻  こうの 史代  こうの 史代    平凡社   
「古事記」をわかりやすく、絵で読み解いています。天孫降臨から海神の宮訪問までの7話のエピソード。巻末付録つき。     
ぼくあひる ミーシャ・リヒター ミーシャ・リヒター   冨山房  
ひとりぼっちのあひるが、友達を探しに出かけます。言葉は動物の鳴き声だけ。
* ぼく、あぶらぜみ  得田 之久  たかはし きよし    福音館書店  4歳から 
あぶらぜみの生態が、かわいい貼り絵の絵本になりました。     
ぼくいえでするんだい にしむら ひろみ 末崎 茂樹   佼成出版社  
てっちゃんは、ママに叱られて家出することにしました。隣のみいちゃんも、タバコ屋のおばあちゃんもにこにこ見送ります。
ぼくうれしかった 佐久間 彪 井口 文秀   至光社  
小さな羊は、大きな羊の群れからはぐれてしまいます。もうだめだと思っていましたが、羊飼いのおじさんは迎えに来てくれました。
ぼくうんてんできるんだ! 渡辺 茂男 大友 康夫   福音館書店 1歳半から
くまくんは、三輪車に乗れます。自転車にも乗れます。スケートボードもローラースケートも乗れると言うけれど……。
ぼくSLにのったんだ くまたくんのえほん8 渡辺 茂男 大友 康夫   あかね書房  
くまたくんは、山奥のダムに住むおじさんのところへ行くために、SLに乗りました。
ぼくおうちをつくるんだ! 渡辺 茂男 大友 康夫   福音館書店 1歳半から
くまくんは、お家をつくります。積み木は崩れて、クッションもだめ。でも…。
ぼくおおきくなった? 荒川 薫 長縄 栄子   福音館書店  
天気のいい日曜日。ぼくはお父さんとお散歩。お父さんみたいに大きくなりたいな。
ぼくおおきくなったらね バーバラ・ウィリアムズ ケイ・シャーロー 石沢 泰子 偕成社  
小さなミッチェルは、大きくなったらママにいいことをしてあげると言います。でも、ママは小さなかわいい坊やが大好きです。
ぼくおかあさんのこと… 酒井 駒子 酒井 駒子   文渓堂  
うさぎのぼうやが、「ぼく、お母さんのこと……キライ」と思います。なぜって……。
ぼく、お月さまとはなしたよ フランク・アッシュ フランク・アッシュ 山口 文生 評論社  
ある夜、クマくんはお月さまに誕生日のプレゼントをあげたいと思いました。何が欲しいか聞くと……。
やったぜ! ねこのとらざえもんB ぼくおばけだぞ! 末吉 暁子 村上 勉 小峰書店
猫のとらざえもんは、ママにつかまってお風呂に入れられました。でも、泡だらけのまま逃げ出して……。
ぼくおよげるよ 西内 ミナミ 今木 道   童心社  
マキくんは海が嫌い。なぎさえんの子どもたちは、ミズコ先生と海水浴に行くのに、マキくんは嫌だと言っています。
ぼくおよげるんだ くまたくんのえほん2 渡辺 茂男 大友 康夫   あかね書房  
くまたくんは、家の庭のたらいで遊んでいます。日曜日にお父さんとプールに行ったくまたくんは……。
ぼくからみると 高木 仁三郎 片山 健   福音館書店 4歳から
夏の昼下がりのひょうたん池。いろんな動物が見た景色を描いています。
ブルーナの幼児えほんDぼくがいっぱい  ディック・ブルーナ  ディック・ブルーナ  舟崎 靖子  講談社   
ぼくは、サーカスのピエロで、船乗りで、コックさんで、おまわりさんで……といろいろな職業になる絵本。     
ぼくがいま、死について思うこと  椎名 誠      新潮社  大人向け 
「波」2011年9月号〜2012年9月号まで連載された死にまつわるエッセイ。     
ぼくがかいたまんが 国土社の詩の本4  與田 凖一  山高 登    国土社   
幼年誌に発表されたり曲がついたりした童謡が、詩の本になりました。     
ぼくがここに  まど みちお  島田 光雄    童話屋   
草木や動物などに寄り添った詩がたくさん載っています。     
ぼくがとぶ 佐々木 マキ 佐々木 マキ   福音館書店 3歳から
ぼくは、自分で飛行機を作って空を飛ぶ。昼も夜も、ぼくは飛んでいる。
ぼくがほんとにほしいもの バイロン・バートン バイロン・バートン 海輪 聡 ポプラ社  
うさぎのジャックは、家に帰る途中で淋しそうな犬を見つけました。家につれて帰ると、かあさんは飼ってはだめと言います。
ぼくキャンプにいったんだ くまたくんのえほん7 渡辺 茂男 大友 康夫   あかね書房  
夏休み、くまたくんたちはたくさんの荷物をワゴンに積んでキャンプに出かけました。
ぼく、きょうだけいえでする! 福田 岩緒 福田 岩緒   童心社  
お兄ちゃんも妹も嫌いだから、ぼく犬のこはると一緒に今日だけ家出する。
ぼく、サンタさん 村上 勉 村上 勉   あかね書房  
ぼくもねずみも猫も猿もわにもくまも……みーんなサンタさん。
ぼくしごとにいくんだ 角野 栄子 垂石 眞子   福音館書店  
ユウタくんはつなぎのズボンを履いて、自動車修理をするところに仕事に行きました。
ぼくじてんしゃにのれるんだ くまたくんのえほん15 渡辺 茂男 大友 康夫   あかね書房  
くまたくんは5歳の誕生日に自転車をもらいました。補助輪付きで練習して、しばらくして補助輪を外しました。
ぼくじょうのくまさん  フィービとジョーン・ウォージントン  フィービとジョーン・ウォージントン  間崎 ルリ子  童話館出版  3歳から 
農夫のくまさんは牧場に住んでいます。くまさんは家政婦のマフェットさんと一緒に、農場の仕事をします。     
ぼくそらをさわってみたいんだ 佐藤 和貴子 岩井田 治行   ポプラ社  
小猫が空に触ってみたくなりました。亀の背中に乗っても届きません。狐も豚も熊もかばも象も手伝ってくれて……。
ぼくたちこいぬ かけい しんじ おがわ まさひこ・写真   福音館書店  
5匹の子犬のかわいい写真絵本。
ぼくたちのかしの木 ゲルダ・ミューラー ゲルダ・ミューラー 佐々木 田鶴子 文化出版局  
森に住むいとこの家に遊びに行った兄妹の目を通して、森の様子が学べます。
おはなしメリーゴーランド ぼくたちの散歩 工藤 直子 長 新太   文渓堂  
子犬のカンタが、お母さんに日記帳をもらいました。散歩して出会った友達のことを書いています。
ぼくたちひとがすき 佐久間 彪 井口 文秀   至光社  
アルプスに住むセント・バーナード犬は、雪の中で迷った旅人を探しに行きます。
しぜんかんさつクラブなかよし3にんぐみ ぼくたちブリッキーズ 真木 文絵 石倉 ヒロユキ   チャイルド本社  
ブリキのごみ箱、バケツ、じょうろの3人ブリッキーズが、植物や虫たちのことを教えてくれるよ。
ぼくたちまたなかよしさ! ハンス・ウィルヘルム ハンス・ウィルヘルム 久山 太市 評論社  
ぼくと妹はたいていは仲良し。でも、ある日妹がぼくが飼っている亀を逃がしてしまい……。
ぼくたちゆきんこ マーティン・ワッデル サラ・フォックス・デイビーズ 山口 文生 評論社  
雪の積もった朝。ママさんぐまが外に出たら、3匹のコグマがいません。かわりに、ゆきんこたちがいました。
ぼくだけのこと  森 絵都  スギヤマ カナヨ    理論社   
ぼくにはお兄ちゃんと妹がいる。でも、きょうだいの中で右のほっぺにえくぼがあるのはぼくだけのこと。     
ぼくだよぼくだよ かばのなんでもや 佐野 洋子 広瀬 弦   リブロポート  
森の奥の大きな木の下でかばが何でも屋をしています。ある日、いのししの子がやって来ました。
ぼく、だんごむし  得田 之久  たかはし きよし    福音館書店  4歳から 
だんごむしの生態が、かわいい貼り絵の絵本になりました。     
ぼくといっしょにあそんでよ ドルフ・フェルルーン ヴォルフ・エァルブルック 上野 陽子 BL出版  
公園で遊んでいる子どもたちを見て、クマも遊びたくなりました。そして、遊具を1人占めにします。
ぼくとおかあさん 宮本 忠夫 宮本 忠夫 くもん出版
熊の子がお母さんとお散歩。「お母さん、僕が好き?」「ええ、好きよ」「どうして?」「いい子だから」
ぼくとおとうさん 宮本 忠夫 宮本 忠夫 くもん出版
熊の子がお父さんと魚釣り。「僕を産んだのはお母さんでしょう。お父さんはどうして僕のお父さんなの?」
僕と君のシーズン 秋元 康 西山 奈々子・写真   小学館  
雑誌「Can Cam」に1986年10月号から1988年9月号まで掲載された言葉たち。
ぼくとチマチマ 荒井 良二 荒井 良二   学習研究社  
チマチマはぼくの猫。ぼくの町に朝がやってくる様子が、驚くような手法で描かれています。
ぼくとねずみうみにもぐる 佐々木 マキ 佐々木 マキ   福音館書店 3歳から
ぼくが海岸を歩いていたら、変なホースがあって、海の中から丸いものが浮かんできた。それはねずみの潜水球だった。
ぼくとねずみのいそげ、じどうしゃ! 佐々木 マキ 佐々木 マキ   福音館書店 3歳から
お使いを頼まれたぼくは、途中でねずみに会いました。一緒にドライブしていると、急いでいるメッケ博士に会いました。
ぼくとポチの新発犬図鑑 北山 葉子 北山 葉子   理論社  
犬の種類を性格で分けたもの。アキレス犬、意犬、回数犬などいろいろな犬がいます。
ぼくとポチのたんてい手帳 北山 葉子 北山 葉子    理論社   
フォア文庫『だいきらいがいっぱい』の「この顔にピーンときたら…」を、新たな作品として加筆改稿しました。     
ぼく、とりをかっていい? マルティン・アウアー シモーネ・クラーゲス 平野 喞子 ほるぷ出版 4歳から
ビンボは両親に「鳥を飼っていい?」と訊きます。でも、だめでした。そこでビンボは「今すぐ死んじゃう」と言います。
ぼくとわたしのせいかつえほん 土田 義晴 土田 義晴   グランまま社 0歳から
子どもの身近に見られるものが188描かれています。名前を教えるだけでなく、歌を歌ったりお話を作ったりしても。
ぼく、どこにでもいるカバです 宮崎 博和 宮崎 博和   ブックローン出版  
嬉しいときに怖い顔になってしまうカバくんのおはなし。
1ねん1くみ子どもの詩の本 ぼくなかないぞ  鹿島 和夫・編  村上 康成    理論社   
『一年一組せんせいあのね』などに載った詩を再編しました。     
ぼくにげちゃうよ マーガレット・ワイズ・ブラウン クレメント・ハード 岩田 みみ ほるぷ出版 3歳から
家を出てみたくなったこうさぎが「ぼく逃げちゃうよ」と言うと、母さんうさぎは「追いかけますよ」と言います。
おはなしパレード11 ぼくにはしっぽがあったらしい  中川 千尋  中川 千尋    理論社   
人間も大昔まで遡ると、尻尾があったらしい。短い文と可愛い絵で、深い問題を考えられます。     
ぼくにもそのあいをください 宮西 達也 宮西 達也 ポプラ社
この世の中は力の強いものが1番だと思っていたティラノサウルス。でも、年をとり弱ってきて……。
ぼくねじだいすき 武市 八十雄 北田 卓史   至光社  
ぼくはねじを見つけました。ねじはいろんなところに使われています。ぼくがしめてあげよう。
ぼくねむくないよ アストリッド・リンドグレーン イロン・ヴィークランド ヤンソン 由実子 岩波書店  
ラッセは夜なかなか寝ません。ある晩ラッセは上の階に住むロッテンおばあさんのところに行きました。おばあさんの眼鏡をかけると……。
ぼくのあいつ  杉田 豊  杉田 豊    至光社   
見えないけれど、ぼくには「あいつ」がいる。いつもぼくと一緒に。      
ぼくのあかちゃん アストリッド・リンドグレーン イロン・ヴィークランド 石井 満  ぬぷん児童図書出版  
ピーターは最初は小さな赤ちゃんでした。友達の赤ちゃんを見て自分も欲しくなったら、ママがピーターももうすぐお兄ちゃんになると言いました。
こぐまのトムトムCぼくのあき 葉 祥明 葉 祥明   金の星社  
こぐまのトムトムは、お母さんにセーターを編んでもらいました。新しいセーターを着て遊びに行こう。
ぼくのいちにちどんなおと?  山下 洋輔  むろ まいこ    福音館書店  3歳から 
こうちゃんが起きてから寝るまでの1日を音で表現しています。ピアニストらしい作者の擬音です。     
ぼくのいぬがまいごです! エズラ・ジャック・キーツ&パット・シェール エズラ・ジャック・キーツ&パット・シェール 作間 由美子 徳間書店  
プエルトリコからニューヨークへ引っ越したホワニート。言葉もわかならいのに、大事な犬も迷子になりました。
ぼくの犬キング サンドール・S・ウォーバーグ ウェイスガード 中村 妙子 偕成社 小学1年生から
ジェミーがかわいがっていた犬のキングが死んでしまいました。家族や周りの人たちは、事実をきちんと伝えます。
ぼくのいぬはせかいいち アニェス・ヴェルボーヴェン アンヌ・ウェステルドゥーン 大島 かおり 文化出版局  
世界一の怖がりやのトム。階段もトイレも怖い。でも、動物は平気。
ぼくのいもうと 木村 泰子 木村 泰子   至光社  
お母さんが買い物に行っている間、妹のお守りを頼まれたわんちゃん。でも、妹はいたずらで……。
ぼくのいもうと 浜田 桂子 浜田 桂子 福音館書店
ぼくの妹のあやちゃんは、うさぎの人形が好き。「ねこふんじゃった」を毎日弾く。いもむしが嫌い。
ぼくのいもうとみなかった? マシュー・プライス エロール・ル・カイン 岩倉 千春 ほるぷ出版 4歳から
おやつの時間なのに、エミーがいません。ベンは、妹を探しに庭に行きました。楽しいしかけ絵本。
ぼくのウサギ  イヴォンヌ・ヤハテンベルフ  イヴォンヌ・ヤハテンベルフ  野坂 悦子  講談社   
アルノはウサギの絵を描こうとしましたが、逃げ出してしまいます。     
ぼくのえんそく カラフルえほん11  穂高 順也  長谷川 義史    岩崎書店   
遠足なのに熱が出て行かれないぼくは、気持ちだけ出かけることにしました。     
ぼくのおさるさんどこ?   ディーター・シューベルト   文化出版局  
文字のない絵本。男の子が、お猿のぬいぐるみをなくしてしまってから、戻ってくるまでを丁寧に描いています。
ぼくのおじいさんのふね アンドレ・ダーハン アンドレ・ダーハン 北山 葉子 講談社  
亡くなったおじいさんが大切にしていた船を見つけたアントワーヌ。ろばのオーツと一緒に修理しました。
ぼくのおじいちゃんのかお 天野 祐吉 沼田 早苗・写真   福音館書店 2歳から
モデル・加藤嘉。おじいちゃんのいろんな表情がモノクロの写真で表現されています。
ぼくのおじさん アーノルド・ローベル アーノルド・ローベル 三木 卓 文化出版局 4歳から
お父さんとお母さんのいない象の子ども。ある日、年老いたおじさんがやってきて、僕の面倒を見てくれることになった。
* ぼくのおとうと 角野 栄子 伊東 寛   童心社  
ぼくは4歳。弟は0歳。ぼくは弟に指切りげんまんを教えてあげた。
ぼくのおふろ  鈴木 のりたけ  鈴木 のりたけ    PHP研究所  4歳から 
いつも同じお風呂じゃつまらない。あんなお風呂、こんなお風呂がいっぱい。     
ぼくのおべんとう スギヤマ カナヨ スギヤマ カナヨ   アリス館  
見開きいっぱいにおいしそうなお弁当が広がります。どんどん食べて……ごちそうさま。
ぼくのおもちゃ くまちゃんえほん 谷口 広樹・早島 あや美 谷口 広樹・早島 あや美   童心社  
子どもが喜ぶのは、普通のおもちゃばかりではありません。テレビのリモコンや電話、新聞紙などなんでも。
* ぼくのかえりみち  東 力  東 力    BL出版   
そらくんは、学校からの帰り道に白い線だけを踏んで帰ろうとします。途中でいろんな困難にもあいます。     
ぼくのかお 杉田 豊 杉田 豊   至光社  
ぼくの顔って、こぶたみたいで、かばみたいで、くまみたいだって。だから、あの子に声をかけられない。
ぼくのきかんしゃ マイケル・グレイニエツ マイケル・グレイニエツ いとう ひろし 講談社  
ぼくはミロ。寒い冬に風邪をひいた。家族はみんな風邪気味でも出かけたけど、ぼくは家にいる。ぼくには機関車があるから。
ぼくのきしゃ デーヴィッド・マクフェイル デーヴィッド・マクフェイル 三木 卓 佑学社 3歳から
マシューは汽車が好きな男の子。子ども部屋には汽車や線路があります。ある日、弟が汽車を壊してしまいました。
月刊予約絵本「こどものとも年少版」通巻422号ぼくのくつした  村田 エミコ  村田 エミコ    福音館書店   
2012年5月号。しましまの靴下を片方なくした男の子が家中を探します。     
ぼくのくれよん 長 新太 長 新太   講談社 3歳から
大きな大きなくれよんは、ぞうのくれよん。鼻でつかんでびゅーびゅー描くと、動物たちはびっくり。
ぼくの小鳥ちゃん 江國 香織 荒井 良二 あかね書房
雪の朝、白い小鳥ちゃんがぼくの部屋の窓から入ってきた。カラーの挿絵のついたかわいいおはなし。
ぼくのさんりんしゃ 津田 櫓冬 津田 櫓冬   福音館書店  
ひろしは新しい自転車を買ってもらったので、もう三輪車はいりません。ゴミ捨て場に捨てに行ったら……。
ぼくのしっぽはパラシュート  高橋 宏幸  高橋 宏幸    金の星社   
こりすのちことぷこは仲良し。ちこは尻尾をパラシュートにして飛べるのに、ぷこは怖がってできません。     
ぼくの島 バーバラ・クーニー バーバラ・クーニー 掛川 恭子 ほるぷ出版 小学1年生から
小さな島に、ティベッツ一家が住みました。そこには、両親と12人の子どもたちが暮らしていました。
ぼくのしょうぼうしゃ 竹下 文子 鈴木 まもる   偕成社  
ぼく、赤い消防車が欲しいな。火事の時に助けるだけじゃなくて、畑の水撒きをしたり、象の体を洗ったりするんだ。
ぼくのジープ 佐藤 さとる 村上 勉   偕成社  
ぼくの大きなおもちゃ箱。おじいさんがつくった古い箱。からっぽにして、ぬいぐるみの犬だけ入れて、ぼくの箱はジープになった。
ぼくのじしんえにっき 八起 正道 伊東 寛 岩崎書店
夏休みに地震が起こったという架空の設定で描かれる絵日記風物語。
ぼくのスミレちゃん 今江 祥智 宇野 亜喜良 旬報社
年老いて呆けてしまったおばあさんと、それを悲しむおじいさん。
ぼくのせなかにのせてってあげる! 市川 里美 市川 里美 堀内 紅子 徳間書店  
牧場の暮らしにあきあきしている羊のベンジー。ある日、人間の女の子ノラがパーティーに連れて行ってくれました。
ぼくのたからものどこですか 角野 栄子 垂石 眞子   福音館書店  
お母さんがノブくんにお留守番を頼みました。宝物を隠したというのですが、どこでしょう。
ぼくのだいじなあおいふね ピーター・ジョーンズ ディック・ブルーナ 中川 健蔵 偕成社  
耳の不自由な男の子ベンと家族のお話。障害を持った子とも、理解し助け合って暮らしていけるといいですね。
ぼくのだいすきなケニアの村 ケリー・クネイン  アナ・フアン  小島 希里  BL出版   
ケニアに住むぼくは、お母さんから牛の番をするように言われたのに、遊びに出かけます。     
ぼくのだぼくのだ 多田 ヒロシ  多田 ヒロシ   こぐま社   
ぶうとぴょんのえほん。1本の縄を取り合うぶうとぴょん。一緒に仲良く遊べるといいね。     
ぼくのチョパンドス 小林 豊 小林 豊   光村教育図書  
中央アジアのトルキスタン平原では、昔からブズカシという馬の競技があります。このチャンピオンは、チョパンドスと呼ばれます。
ぼくのとうきょうたんけん 新 冬二 田代 三善   小峰書店  
お父さんを待つ間、ぼくは1人で東京駅を探検した。いろんな電車がある。
ぼくのともだち、おつきさま   アンドレ・ダーハン   架空社  
湖で船に乗っていた男の子が、お月様を家に連れ帰ります。文字のない絵本。
ぼくの鳥の巣絵日記  鈴木 まもる  鈴木 まもる    偕成社   
山の中に暮らして鳥の巣を研究する著者の描く四季。絵が美しく、鳥の生態もわかります。     
こぐまのトムトムBぼくのなつやすみ 葉 祥明 葉 祥明   金の星社  
今日から楽しい夏休み。こぐまのトムトムは、いろんなことをして遊びます。
ぼくのなまえはイラナイヨ ミック・インクペン ミック・インクペン 角野 栄子 小学館  
47番地に住んでいた家族は、引っ越すことになりました。屋根裏に忘れられたぬいぐるみは、自分が誰だか思い出せません。
ぼくのニセモノをつくるには  ヨシタケ シンスケ  ヨシタケ シンスケ    ブロンズ新社   
宿題やお手伝いなどをやりたくないぼくは、お手伝いロボットを買ってニセモノのぼくをつくろうとします。     
ぼくのにんじん ルース・クラウス クロケット・ジョンソン 渡辺 茂男 ペンギン社 2歳から
ぼく、人参の種を蒔いたんだ。お父さんもお母さんもお兄さんも「芽なんか出ない」と言うけれど。
ぼくのねこみなかった? エリック・カール エリック・カール 大附 瑞枝 偕成社 4歳から
男の子が猫を探しに行きます。いろいろな猫科の猫に会いますが、どれも男の子の猫ではありません。
ぼくのはたけ ビジョー・ル・トール ビジョー・ル・トール 掛川 恭子 カワイ出版  
春になって畑にいろいろな種を蒔くうさぎ。シンプルな線画は、あたたかみがあります。
ぼくのはなさいたけど… 山崎 陽子 末崎 茂樹   金の星社  
こぐまのトトは、森の中の秘密の場所で花を育てています。でも、花は少しずつ減ってしまっています。
ぼくのはね 北村 恵理 北村 恵理 福音館書店
りすのころは、小鳥の羽をたくさん集めています。天気のいい日に羽を干していたら、いつの間にかみんななくなっていました。
ぼくのぱんわたしのぱん 神沢 利子 林 明子   福音館書店 4歳から
パンがどうやってできるのか、自分たちで作るとよく分かります。
ぼくのひこうき 佐藤 さとる 村上 勉   偕成社  
ぼくのおもちゃ箱。大きな木の箱。古くて丈夫でいっぱい入る。飛行機になあれと魔法をかけると……。
ぼくの羊をさがして ヴァレリー・ハブズ 片岡 しのぶ あすなろ書房 小学5年生から
牧羊犬のボーダーコリーが語る、生まれてから幸せな飼い犬になるまでの日々。
ぼくのふね 北村 恵理 北村 恵理 福音館書店
「こどものとも」410号。ビーバーの子ども、のくは、木をかじって船をつくりました。
ぼくのブッベはどこ? 藤田 千枝 イロン・ヴィークランド   福音館書店 2歳から
ブッベはぼくの犬。一緒に遊んでいたのに、どこかに行っちゃった。
ぼくのへやにうみがある  マーガレット・ワイルド  ジェーン・ターナー  代田 昇  ほるぷ出版  5歳から 
海を怖がっていたぼく。家に帰って、拾った巻貝を耳に当てたら海の音がしました。     
ぼくのほうがえらい スーザン・ウィンター スーザン・ウィンター せな あいこ 評論社  
幼い妹がお兄ちゃんの真似をします。お兄ちゃんの視点から描かれた「おにいちゃんとあたしの本」。
ぼくの村 武市 八十雄 小松 均   至光社  
1枚の日本画を物語にしました。どの部分か探すのも楽しいですよ。
ぼくの村にサーカスがきた 小林 豊 小林 豊   ポプラ社  
ヤモの住む国では、長い間戦争が続いています。ある日、村にサーカスが来て、子どもたちは大喜び。
ぼくのヨット 佐藤 さとる 村上 勉   偕成社  
ぼくのおじいさんは、船乗りだった。おじいさんは、たんすにも戸棚にも机にも鞄にもなる、大きな木のチェストを持っていた。
ぼくのライトとたんぽぽ ウィリー・ウェルチ マーク・シーモント 横山 眞佐子 ドレク 三輪 ブック・グローブ社  
野球がヘタなぼくは、球の飛んでこないライトを守る。ぼくは、退屈な場所で夢を見る。
* ぼくのロボット大旅行 松岡 達英 松岡 達英   福音館書店 4歳から
巨大なロボットに乗って、ぼくは隣のミヨちゃんと一緒に世界中を旅しました。
ぼくのわたしのこんちゅうえほん 小林 俊樹 津田 櫓冬   福音館書店 4歳から
あり、だんごむし、かたつむり、かまきりなど身近な虫を飼ってみたくなります。
ぼくのわたしのすいぞくかん 小宮 輝之 津田 櫓冬   福音館書店 4歳から
いもり、おたまじゃくし、亀、ざりがになど、身近な生き物の飼い方が分かります。
ぼくのワンちゃん シャリー・ヒューズ シャリー・ヒューズ 新井 有子 偕成社  
デイブは犬のぬいぐるみワンちゃんがお気に入り。でも、ある日ワンちゃんがいなくなってしまいました。
ぼくはあったよサンタクロース ヘンリーとハリーの大冒険2 大友 康夫 大友 康夫   ベネッセ  
くいしんぼうのがまがえるヘンリーが、ハリーのおばさまにケーキを届けに行きます。無事に届くかしら?
ぼくはアフリカにすむキリンといいます  岩佐 めぐみ  高畠 純    偕成社  小学3年生から 
ひとりぼっちのキリンが、ある日ペリカンに地平線の向こうに手紙を届けてもらいます。     
ぼくはあるいたまっすぐまっすぐ マーガレット・ワイズ・ブラウン 林 明子 坪井 郁美 ペンギン社 3歳から
おばあちゃんから電話が来て、ぼくは1人で出かけることになりました。教えられた通りに、まっすぐまっすぐ。
ぼくは一ねんせいだぞ! 福田 岩緒 福田 岩緒   童心社 4歳から
けんちゃんはこの春1年生になります。ランドセルを買ってもらって、大喜び。
ぼくはいろいろしってるよ アン&ポール・ランド アン&ポール・ランド 青山 南 福音館書店 4歳から
幼い男の子が自分の知っていることをいろいろ教えてくれます。
* 「ぼくは王さま」全集1 ぼくは王さま 寺村 輝夫 和田 誠 理論社
「ぞうのたまごのたまごやき」「しゃぼんだまのくびかざり」「ウソとホントの宝石ばこ」「サーカスにはいった王さま」の4編。
ぼくはおこった ハーウィン・オラム ハーウィン・オラム 喜多村 惠 評論社  
ぼくがテレビを見ていたのに、お母さんが「寝なさい」と言った。ぼくは怒った。すると、雷が鳴って雹が降った。
ぼくはおこった  ハーウィン・オラム  ハーウィン・オラム  喜多村 惠  佑学社   
ぼくがテレビを見ていたのに、お母さんが「寝なさい」と言った。ぼくは怒った。すると、雷が鳴って雹が降った。     
こねこちゃんえほんAぼくはおとうさん  井本 蓉子  井本 蓉子    金の星社  3歳から 
こねこちゃんはお父さんの真似をしたくて、今日は入れ替わります。     
* ぼくはおにいちゃん 角野 栄子 伊東 寛   童心社  
ぼくは4歳。弟は0歳。弟は、じゃんけんでいつもグーを出す。
おおきなかがく ぼくはざりがに   飯村 茂樹・片野 隆司・写真    ひさかたチャイルド  4歳から 
武田 正倫・監修。迫力のある大型写真絵本ですが、文章を書いた人の記載がありません。     
ぼくはジャガーだ ウルフ・スタルク アンナ・ヘグルンド 石井 登志子 佑学社  
夜の9時頃、エルマーがパジャマに着替えて本を読んでいると、ジャガーに変身してしまいました。
ぼくはぞうだ 五味 太郎 五味 太郎   福音館書店 4歳から
ぼくはぞうだ。大きくて立派なぞうだ。テレビや写真で見たぼくは、小さい小さい。
ぼくはねこのバーニーがだいすきだった  ジュディス・ボースト  エリック・ブレグバッド  中村 妙子  偕成社   
大好きな猫のバーニーが死んで悲しんでいるぼくに、パパが教えてくれたこと。     
ぼくはほしのこ 志茂田 景樹 柴崎 るり子   KIBA BOOK  
母子家庭のひろしは、夜の公園で星の子どもを見つけます。
ぼくパトカーにのったんだ くまたくんのえほん1 渡辺 茂男 大友 康夫   あかね書房  
くまたくんは、お買い物に行ったお母さんを追って1人で三輪車に乗って出かけました。
ぼくひこうきにのったんだ くまたくんのえほん11 渡辺 茂男 大友 康夫   あかね書房  
くまたくんは、初めて飛行機に乗ってお出かけ。胸がドキドキします。
* ぼく、ひとりでいけるよ リリアン・ムーア ジョーヤ・フィアメンギ 神宮 輝夫 偕成社 小学1年生から
あらいぐまのリトル・ラクーンは、満月の夜にひとりでざりがにを取りに行くようにお母さんに頼まれました。
ぼくびょうきじゃないよ 角野 栄子 垂石 眞子   福音館書店 3歳から
明日、親戚のお兄さんと釣りに行く約束をしているのに、ケンは風邪をひいたようです。
ぼく、ブタになっちゃった! ラルフ・ブチュコウ ラルフ・ブチュコウ 平野 喞子 岩崎書店  
キレイズキ家の人たちはみんなきれい好き。タブくんは、1度でいいから本物のブタになってみたいなあと思っていました。
ぼくブルートレインにのったんだ くまたくんのえほん14 渡辺 茂男 大友 康夫   あかね書房  
くまたくんたちは、お母さんの誕生日にブルートレインに乗りました。
ぼくぼうしとらないぞ 清水 道尾 長谷川 知子   銀河社  
保育園に通うてっちゃんは、お部屋でも帽子をとりません。だって、てっちゃんの頭は坊主になったから。
ぼくまいごになったんだ くまたくんのえほん4 渡辺 茂男 大友 康夫   あかね書房  
くまたくんは、お母さんと一緒にデパートに行きました。お母さんが買い物している間、くまたくんはおもちゃ売り場で遊んでいました。
ぼくもうなかないぞ くりのきえんのおともだち・8 守屋 正恵 井本 蓉子   あかね書房  
もうすぐ節分。みんなで鬼のお面や豆を入れる枡を作っているのに、はたけむぐらは鋏や糊がなくて泣いてばかり。
ぼくもとびたい  高橋 宏幸  小出 保子    金の星社   
卵から生まれたイモムシが、蝶を見てぼくも飛びたいとがんばります。     
ぼくやってみるよ くりのきえんのおともだち・4 寺村 輝夫 井本 蓉子   あかね書房  
くりのきえんのひな祭り。おひなさまはウサギのみみこちゃんです。おだいりさまはサルのもんちくんがいいと言うと……。
ぼく、ようちえんにいくんだ! 清水 達也 狩野 富貴子   PHP研究所 4歳から
じゅんのお姉ちゃんは幼稚園に行っています。じゅんも、早く幼稚園に行きたくてたまりません。
ぼくらさんびきぼうけんたい ヘルメ・ハイネ  ヘルメ・ハイネ  平野 喞子  小学館   
おんどりのフランツと、ぶたのバルデマールと、ねずみのジョニーが広い世界に冒険に出かけました。     
ぼくらの地図旅行 那須 正幹 西村 繁男   福音館書店 小学3年生から
小5の男の子ふたりが地図と磁石を持って岬の灯台まで出かけます。ちゃんと辿り着けるかな。
ぼくらのなまえはぐりとぐら 福音館書店母の友編集部・編   福音館書店  
みんなの大好きな『ぐりとぐら』。あの歌はどうやって歌うの? カステラの作り方は? 素朴な疑問に答えます。
ぼくらのびゅんびゅん  安井 季子  水沢 研    金の星社  3歳から 
捨て犬と勘違いして拾った子犬の世話をする子どもたち。びゅんびゅんと名前までつけます。     
ぼくらは赤いうたうさぎ ことばのからくり 大津 由紀雄 藤枝 リュウジ 岩波書店  
同音異義語や、読点がないろどうやって読むのか迷うような文がたくさん。
ぼくらは知床探検隊 関屋 敏隆 関屋 敏隆   岩崎書店  
羅臼の子どもたちは、夏になると大人と一緒に5泊6日の知床探検に出かけます。
ぼくらは都市を愛していた  神林 長平      朝日新聞出版  大人向け 
ミウとカイムという二卵性双生児の姉弟の不思議な物語。     
ぼくらはむしさがしたんていだん  江川 多喜雄  高橋 透    童心社   
虫探しの好きな子どもたちが、春の虫を探しに行きます。     
ぼくれんらくせんにのったんだ くまたくんのえほん13 渡辺 茂男 大友 康夫   あかね書房  
くまたくんは、お父さんとお母さんと一緒に連絡船に乗りました。
ぼくを探しに シェル・シルヴァスタイン シェル・シルヴァスタイン 倉橋 由美子 講談社  
ちょっとかけたボールのような形のぼくが、かけらを探しています。あれもこれもぼくのかけらに見えるのに、どうも違うようです。
ぼくんちどうぶつえん 正道 かほる 大島 妙子   童心社 4歳から
ぼくは男の子だけど、ほんとは猿。父さんはライオンで、母さんはあらいぐま。楽しい動物園にようこそ。
ぼくんちのかいじゅう リチャード・グラハム スーザン・バーレイ 小比賀 優子 ほるぷ出版 4歳から
お父さん、お母さん、兄さんと一緒に暮らしているジャックの家には、怪獣がいたのです。
ぼくんちのポチ 長崎 さゆり 長崎 さゆり   講談社  
ぼくの家で飼っている犬のポチ。ぼくがポチを大好きな様子が分かります。
ぼくんちひっこし 山本 省三  鈴木 まもる    金の星社   
4人家族が団地から一戸建ての家に引っ越しする様子を、細かく楽しく描いています。     
平和の種をまく ボスニアの少女エミナ 大塚 敦子 大塚 敦子・写真 岩崎書店
ボスニアで起こった他民族同士の戦争。今、さまざまな民族の人たちが一緒に働く畑があります。
ボタンちゃん  小川 洋子  岡田 千晶    PHP研究所  4歳から 
アンナちゃんのブラウスの1番上のボタンちゃん。ある日とれてしまって、部屋の中を転がって行きます。     
ボタンのくに 中村 成夫・西巻 茅子 中村 成夫・西巻 茅子   こぐま社  
ぬいぐるみのうさぎのぴょんの目だった赤いボタン。ころんと取れて、ボタンの国に行きました。
ぼちぼちいこか マイク・セイラー ロバート・グロスマン 今江 祥智 偕成社 4歳から
かばくんが、大きくなったらこんな仕事がしたいと考えます。でも、どれも無理そうです。
ボッコちゃん 星 新一 真鍋 博   新潮文庫  
作者の初期の作品50篇の自選短篇集。解説は筒井康隆さん。
ボッラはすごくごきげんだ! ―ビルとボッラのお話― グニッラ・ベリィストロム グニッラ・ベリィストロム ビヤネール 多美子 偕成社 小学1年生から
グニッラ・ベリィストロム 著者は、発達が遅くまったく反応しない子の母親。でも、その子ボッラはいつもとてもご機嫌なのです。
* ボビーとそらいろのヨット マーガレット・バーディック マーガレット・バーディック 渡辺 茂男 童話館出版 3歳から
ボビーは、あなぐまさんのお店で空色のヨットを見つけました。ヨットと交換できる「いいもの」をいろいろ考えますが…。
ボリスとバーバラのあかちゃん ブルーナのおはなし文庫J ディック・ブルーナ ディック・ブルーナ 角野 栄子 講談社  
熊のボリスとバーバラはとても仲良し。バーバラは、ボリスに似た赤ちゃん熊がいたらいいなと言います。
ボリスのやまのぼり ディック・ブルーナ ディック・ブルーナ 角野 栄子 講談社 1歳半から
ボリスは山登りが大好き。山のてっぺんに着くと、ちょうどお日様が昇ってくるところ。そのうち、仲良しのバーバラもやってきました。
* ボルカ ジョン・バーニンガム ジョン・バーニンガム 木島 始 ほるぷ出版 4歳から
ボルカは、生まれつき羽のないガチョウの女の子。仲間外れにされてひとりぼっちでしたが……。
ボルむらのはる 横田 稔 横田 稔   福武書店  
ボル村の春はサーカスのよう。村中で花の季節を喜びます。
ボンジュール,サティおじさん トミー・デ・パオラ トミー・デ・パオラ 鈴木 晶 ほるぷ出版  
サティおじさんは、画家のパブロ(ピカソ)とアンリ(マティス)の絵のどちらが良いか、判定する係に選ばれました。
プチブティックシリーズ通巻222号 毛糸の丸いボンボンで作るカンタン手芸 ボンボン・クラフト ハマナカ手芸手あみ糸作品集  名取 美香・横山 優子・編  小松 やすのり・松本 桃子・写真 立花 みよ子・イラスト    ブティック社   
ハナマカ手あみ糸とボンボン器を使って作るかわいい動物のマスコットがたくさん。     
ボンボンと悪夢 星 新一 真鍋 博   新潮文庫  
さまざまな種類のショート・ショート36篇。解説は各務三郎さん。
プチブティックシリーズ通巻202号 カンタンかわいい ボンボン・マスコット ハマナカ手芸手あみ糸作品集  名取 美香・横山 優子・編  小松 やすのり・写真 蓮見 昌子・イラスト    ブティック社   
ハナマカ手あみ糸とボンボン器を使って作るかわいい動物のマスコットがたくさん。     
 新・子どもの文学 ポアンアンのにおい  岡田 淳  岡田 淳    偕成社  小学3年生から 
習字の後でふざけていた浩は、石鹸を校舎の裏庭の池に落としてしまいます。放課後、きっかけを作った陽子と一緒に石鹸を探しに行きます。     
ポイントさんはめいたんてい 多田 ヒロシ 多田 ヒロシ   PHP研究所 4歳から
犬のポイントさんは名探偵。結婚式を控えたくまさんが指輪をなくして困っているのを見事に解決します。
ポウさんの雪だるま グリーンヴァレーものがたり 福本 智雄 福本 智雄   スタジオ・シップ 4歳から
もぐらのポウさんは、ある日傷ついた白鳥の子どもを見つけました。
ポーの話 いしい しんじ 新潮社
泥の川にすむうなぎ女から生まれた少年ポー。500年ぶりの土砂降りに流されたポーが出会うさまざまな人々。
ぽかぽか・いいひ しまだ しほ しまだ しほ   童話屋  
わにがくじらと出会って仲良くなるおはなし。
こねこちゃんえほんHぽけっといっぱい  井本 蓉子  井本 蓉子    金の星社  3歳から 
友達はみんなポケットの中にいいものを入れています。こねこちゃんもお母さんにポケットをたくさんつけてもらいました。     
ポケットからなにがでる? 和田 誠 和田 誠 福音館書店 4歳から
いろいろな動物たちのポケットから、いろいろ楽しいものが出てきます。
ポケット詩集 田中 和雄・編 島田 光雄   童話屋  
子どものためにと、いい詩を集めた本。すべてにふりがながあるので、一人でも読めます。
ポケット詩集 U 田中 和雄・編 島田 光雄   童話屋  
子どものためにと、いい詩を集めた本。すべてにふりがながあるので、一人でも読めます。
ポケット詩集V  田中 和雄・編  島田 光雄    童話屋   
漢字に振り仮名をつけたり、新仮名遣いに変えたりして、今の子どもたちにも読みやすくしました。     
ぽけっとにいっぱい 今江 祥智 長 新太   理論社  
動物たちが主人公の19編の短編集。
おはなしのたからばこ30 ポケットに砂と雪 和田 誠 和田 誠 フェリシモ出版
砂漠で遭難した教授と、雪山で遭難した写真家は、うさぎのぬいぐるみを抱いて歩く女の子を見つけました。
 四つの人形のお話3 ポケットのジェーン  ルーマー・ゴッデン  プルーデンス・ソワード 久慈 美貴  福武書店  小学1年生から 
人形のジェーンは、人形の家に入れっぱなしにされるより、ポケットに入って冒険するほうが好きなのです。     
ポケットのたからもの レベッカ・コーディル エバリン・ネス 三木 卓 あかね書房
あと5日で小1になる男の子ジェイは、自然がたくさんある中で育っています。
ポケットのないカンガルー エミイ・ペイン ハンス・アウグスト・レイ 西内 ミナミ 偕成社 4歳から
ケイティは、ポケットのないお母さんカンガルー。子どものフレディをどうやって連れて歩いたらいいでしょう。
ポケットのなかで…  鈴川 ひとみ・作 井本 蓉子・文  井本 蓉子    金の星社   
のんびりやのこころちゃんのポケットに入れられっぱなしのボタンと安全ピンのお話。     
ポケットの中の赤ちゃん 宇野 和子 宇野 和子   講談社  
なつ子は、妹か弟がほしいと思っていました。ある日、ママのエプロンから小さな赤ちゃんが現れて……。
袋鼠(ポサム)親爺の手練猫名簿 トマス・スターンズ・エリオット アクセル・シェフラー 柳瀬 尚紀 評論社
1939年にまとめられた猫を主題にした詩は、ミュージカル「CATS」の原作として知られています。
POST CARD 銀色 夏生 銀色 夏生・写真   角川文庫  
32枚のモノクロ写真のポストカード。言葉は小さく控えめに書かれています。
POST CARD―木と植物―   銀色 夏生・写真   角川文庫  
32枚の木や植物の写真のポストカード。
ことばあそびえほん ぽたぽたとぷん 谷川 俊太郎 今井 弓子   さ・え・ら書房  
水がたてるさまざまな音や様子を表す言葉が描かれたことばあそびえほん。
ぽちのえにっき 井本 蓉子 井本 蓉子   至光社  
ぼくの飼っている犬のぽちは、恥ずかしがりや。ボール遊びやアリの行列を見たり、雨の日はつまらなそうにしていたけど……。
ぽちのきたうみ 岩崎 ちひろ 岩崎 ちひろ   至光社  
ちいちゃんは、夏休みにおばあちゃんのいる海に行きました。でも、犬のぽちはお留守番。つまんないな。
ポチポチのとしょかん 井川 ゆり子 井川 ゆり子   文渓堂  
いつもの時間にいつもの図書館に行ったぼく。でも、もう本は全部読んじゃった。窓辺に小犬を見つけたぼくは……。
ポッケにいつもお星さま 小椋 佳・編 永田 萠   サンリオ  
幼い子の詩100編を集めた詩集。プロの詩人でも適わない素直で新鮮な視点に、はっとさせられます。
ポットくんとわたげちゃん 真木 文絵 石倉 ヒロユキ   福音館書店 4歳から
たんぽぽの綿毛がたくさん飛ぶのを見ていたポットくん。3つだけ残ったわたげちゃんたちは、風を捕まえられませんでした。
ポットくんのおしり 真木 文絵 石倉 ヒロユキ   福音館書店 4歳から
植木鉢のポットくんは、おしりに開いている穴のわけを知りません。庭のみんなに聞いてみると……。
* ぽっぺん先生と帰らずの沼 舟崎 克彦 舟崎 克彦   筑摩書房 小学3年生から
ぽっぺん先生は大学構内にある「帰らずの沼」と呼ばれる沼で桃色のカゲロウを見つけました。そのカゲロウを追いかけて行くと……。
* ぽっぺん先生の動物事典 舟崎 克彦 舟崎 克彦   筑摩書房 小学3年生から
生物学者のぽっぺん先生が、これまで出会った動物について語ります。読み物として、環境問題を考えさせられます。
* ぽっぺん先生の日曜日 舟崎 克彦 舟崎 克彦   筑摩書房 小学3年生から
大学の助教授のぽっぺん先生が書斎の整理をしていると、なぞなぞの絵本に入り込んでしまいました。
ぽととんもりのゆうびんきょく 杉本 深由起 白石 久美子 福音館書店 5歳から
「こどものとも」596号。クマの郵便局長さんは、鳥に手紙を届けてもらいます。ある日、手紙が届かないと苦情が来て……。
ぽとんぽとんはなんのおと 神沢 利子 平山 英三   福音館書店 4歳から
雪の中、冬眠しているくまのぼうやは外の音が気になって、母さんに「何の音?」と訊きます。
ポピーとマックスものまねだいすき リンジー・ガーディナー リンジー・ガーディナー 石津 ちひろ 小学館  
人間の女の子ポピーと犬のマックスは仲良し。ふたりは大好きな動物のまねをします。
ポピーのあかちゃん のばらの村のものがたりG ジル・バークレム ジル・バークレム 岸田 衿子 講談社  
のばらの村の水車小屋に住むポピーとダスティ。赤ちゃんが生まれたばかりで、ポピーは毎日くたくたです。
ぽぽぽぽぽ 五味 太郎 五味 太郎   偕成社 1歳から
ぽぽぽぽぽ、と走る汽車。擬音語と擬態語だけの絵本。
* ポリーとはらぺこオオカミ キャサリン・ストー  マージョリー・アン・ワッツ 掛川 恭子  岩波書店 小学2年生から 
かしこいポリーとおばかさんのはらぺこオオカミの話が、全部で7編収録されています。     
* ポルコさまちえばなし―スペインのたのしいお話― 岩波おはなしの本8  ロバート・デイヴィス  F・アイヘンバーグ  瀬田 貞二  岩波書店  小学1年生から 
昔、スペインでは人間の仲間を取り締まるのが王様で、獣の仲間を治めるのは豚のポルコさまでした。9編のお話が収録されています。     
ぽんこつマーチ  阪田 寛夫  久里 洋二    大日本図書  小学1年生から 
子どもだけでなく大人も楽しめる詩が、楽しい絵と一緒に味わえます。     
ぽんぽのいたいくまさん ちいさいモモちゃんえほんG 松谷 みよ子 武田 美穂 講談社
明け方、モモちゃんのベッドにくまちゃんが来ました。くまちゃんは、大きなくしゃみをしています。
ぽんぽん山の月 阿萬 紀美子 渡辺 洋二   文研出版  
ぽんぽん山に住む4匹の子兎がお母さんの帰りを待っています。そこへ、大きな月が昇ってきました。