Library ふ 

書名

出版社

対象年齢

ふあああん かばのなんでもや 佐野 洋子 広瀬 弦   リブロポート  
森の奥の大きな木の下で何でも屋をしているかば。ある日、わにの子がやってきました。
宇宙スパイウサギ大作戦2 ファラオの呪い危機一髪! 岡田 貴久子  ミヤハラ ヨウコ    理論社   
宇宙スパイのウサギは、隣家のハルと一緒に大エジプト展に行きました。     
ファラオの葉巻 タンタンの冒険旅行8 エルジェ エルジェ 川口 恵子 福音館書店  
タンタンは砂漠でファラオの紋章にそっくりのマークを見つけます。また事件に巻き込まれるのでしょうか。
ファンが悪魔をつかまえた メキシコの民話 今井 俊 やなぎや けいこ 福音館書店 4歳から
大食いの若者ファンは「大食いのお前より悪魔のほうがよっぽどましだ」と、ある日お母さんに家を追い出されました。
フィギアスケートを100倍楽しく見る方法  荒川 静香      講談社   
トリノオリンピックでフィギアスケート金メダルを受賞した著者が、わかりやすく教えてくれます。     
fish 村上 きわみ ヲバタ トモコ 発行・ヒヨコ舎 発売・星雲社 大人向け
1994年に緑鯨社から発行された歌集を再編集。帯文は穂村弘さん。
フィンダスのきつねがり スベン・ノルドクビスト スベン・ノルドクビスト すどう ゆみこ 宝島社  
フィンダスは農場に住むペテルソンさんの猫。ある日、お隣のグスタブソンさんが、鶏をきつねに取られたので……。
フィンダスのキャンプ スベン・ノルドクビスト スベン・ノルドクビスト すどう ゆみこ 宝島社  
屋根裏部屋でテントを見つけた猫のフィンダス。ペテルソンさんに、キャンプに行こうと言います。
フィンダスのクリスマス スベン・ノルドクビスト スベン・ノルドクビスト すどう ゆみこ 宝島社  
クリスマス・イブの前日に足をけがしたペテルソンさん。今年はツリーもごちそうもなしになりそうです。
フィンダスのさかなつり スベン・ノルドクビスト スベン・ノルドクビスト すどう ゆみこ 宝島社  
冷たい曇り空、ペテルソンさんはとても憂鬱で不機嫌です。猫のフィンダスは魚釣りに連れ出そうとしますが……。
* 風景詩集  まど みちお  まど みちお    かど創房   
身近なものに心を寄せた詩が34編。簡潔な絵もすてきです。     
ふうことどんどやき 乾 冨子 赤羽 末吉   偕成社  
ふうこは北風小僧に連れられて、雪の中でうさぎを見つけました。うさぎたちは、寒さに泣いています。
風雪の歌人 孫戸妍の半世紀 北出 明     講談社出版サービスセンター  
韓国で唯一日本語で短歌を詠む女性歌人・孫戸妍(ソン・ホヨン)の半生と短歌。
ふうせんねこ あーんあんの絵本2 瀬名 恵子 瀬名 恵子 福音館書店
なんでも嫌だ嫌だとふくれていたねこ。あれあれ、風船みたいにふくらんで……。
ふうせんのおしらせ 与田 凖一 竹山 博 福音館書店
「こどものとも」37号の復刻版。赤黄青の風船が「春ですよ」とお知らせしてまわります。
ふうせんまってー 三好 硯也 井本 蓉子   金の星社 3歳から
3匹の子猫がママに赤い風船をもらいました。「ぼくが持つ!」と取り合いをしていると、風船が飛んで行ってしまいました。
新あかね幼年どうわ14 ふうたのほしまつり  阿萬 紀美子  山中 冬児    あかね書房   
子狐のふうたは、林の中で迷子になった兄妹を見つけました。     
月刊予約絵本「こどものとも0.1.2」通巻23号 ふうちゃんおさんぽ  小野 かおる  小野 かおる    福音館書店  0歳から
風船を持ってお散歩に行くふうちゃん。いろいろな動物と一緒に行きます。     
ふうちゃんとあげはちょう ふうちゃんのにわ3 今木 道 今木 道   福音館書店 3歳から
ふうちゃんは、庭の柚子の木に揚羽蝶が卵を産んでいるのを見つけました。
ふうちゃんとちゃぼ ふうちゃんのにわ2 今木 道 今木 道   福音館書店 3歳から
ふうちゃんは、ちゃぼを飼っています。ある日、鶏小屋に卵がありました。
ふうちゃんとちゅーりっぷ ふうちゃんのにわ1 今木 道 今木 道   福音館書店 3歳から
秋、ふうちゃんはお母さんと、花壇にちゅーりっぷの球根を植えました。
ふうちゃんの詩 金子みすゞ《南京玉》より 金子 みすゞ 上野 紀子   JULA出版局  
夫に詩作を禁じられた金子みすゞは、娘のふさえの言葉を書き留めました。
ふうふうぽんぽんぽん 水谷 章三 杉浦 範茂   童心社  
昔、ある山のお寺に和尚さんとちんとんさんという小僧さんがいた。食いしん坊の和尚さんは、ちんとんさんにすぐに見つかってしまいます。
風来坊 川端 誠 川端 誠   PHP研究所  
昔、山や村を歩いて修行している木彫りの上手な風来坊のお坊さんが、ある村でごちそうになると……。
風来坊 川端 誠 川端 誠 BL出版
山や村を旅をして修行するお坊さん風来坊は、木彫りが得意でした。
風来坊危機一髪 川端 誠 川端 誠 ブックローン出版
旅をしている風来坊は、お姫様と侍が忍者に追われているのに出会いました。
ふうれんこのはくちょうじいさん 井口 文秀 井口 文秀   小峰書店  
北海道の風蓮湖で、30年以上白鳥の世話をしているおじいさんのお話。
フェアリー アラン・リー ブライアン・フロウド 山室 静 サンリオ
イギリスを中心にした妖精の本。日本では鬼や妖怪などとも呼ばれるものも、すべて妖精と同じ種類だとわかります。
FAIRYGARDEN フェアリー・ガーデン 妖精の花園 きたの じゅんこ きたの じゅんこ   新書館  
季節が巡るとちゃんと咲く花には、きっとこんな妖精がいるのでしょう。野に咲く花を見つけたら、そっと歩いて。
ポプラ物語館36 魔法の庭ものがたり9 フェアリーたちの魔法の夜  あんびる やすこ  あんびる やすこ    ポプラ社   
夏至の前の晩には、妖精と人間の世界の間の扉が開くと言われます。ほかにもロマンチックな言い伝えがたくさんありました。     
フェアリー・レルム@ 金のブレスレット  エミリー・ロッダ  仁科 幸子  岡田 好惠  童心社   
田舎のお屋敷に住むおばあちゃんの家には、秘密の庭があります。ジェシーは、そこから妖精の国フェアリー・レルムに行きました。     
フェアリー・レルムA 花の妖精  エミリー・ロッダ  仁科 幸子  岡田 好惠  童心社   
ジェシーは転校先の学校の学芸会で、主役の蝶になりました。同じ頃、フェアリー・レルムではグリフィンが大暴れ。     
フェアリー・レルムB 三つの願い  エミリー・ロッダ  仁科 幸子  岡田 好惠  童心社   
ジェシーの家の近くで山火事が発生。ジェシーは、海の地に助けを求めに出かけました。     
フェアリー・レルムC 妖精のりんご  エミリー・ロッダ  仁科 幸子  岡田 好惠  童心社   
フェアリー・レルムにある妖精のりんごの木が枯れそう。ジェシーは、人間の世界に来たノームと一緒に解決しに行きます。     
フェアリー・レルムD 魔法のかぎ  エミリー・ロッダ  仁科 幸子  岡田 好惠  童心社   
誕生日なのに憂鬱なジェシー。おばあちゃんにきのこを調べに行ってと言われて行ってみると、ピクシーに会いました。     
絵ものがたり 笛の八郎太 高田 勲 高田 勲   PHP研究所 4歳から
痩せ細った男が、お百姓の家で食べさせてもらうと、美しい笛を吹き始めました。
ふえふきとうげ  谷 真介  赤坂 三好    金の星社   
「遠野物語拾遺」の伝説に脚色した物語を絵本にしました。     
フェリックス・クルーソーのふしぎなえ ジョン・エイジー ジョン・エイジー 渡辺 茂男 福武書店  
パリで開かれる絵の展覧会に、絵描きさんが絵を運びます。フェリックス・クルーソーもその一人でした。
フェリックスの手紙――小さなウサギの世界旅行 アネッテ・ランゲン コンスタンツァ・ドローブ 栗栖 カイ ブロンズ新社  
ソフィーが大好きなウサギのぬいぐるみフェリックスがいなくなってしまいました。6通の手紙と記念シールの入った手紙絵本です。
フェリックスの手紙2――小さなウサギの時間旅行 アネッテ・ランゲン コンスタンツァ・ドローブ 栗栖 カイ ブロンズ新社  
ソフィーの友達フェリックスが、博物館で行方不明になりました。6通の手紙と大型年表付きです。
フェリックスの手紙3――小さなウサギの地球探検 アネッテ・ランゲン コンスタンツァ・ドローブ 栗栖 カイ ブロンズ新社  
風船の気球に乗って飛ばされてしまったフェリックス。旅先からの6通の手紙とおみやげ付きの絵本です。
フェリックス・ホフマン絵本の世界―父から子への贈りもの― 小さな絵本美術館
1996年10月18日〜12月23日まで開催された展覧会の図録。
ふえをふく岩 おはなし名作絵本20 君島 久子 丸木 俊    ポプラ社  
中国リー族のお話。海南島の浜辺に立つ人の形をした2つの岩の由来。
4TEEN フォーティーン 石田 衣良 新潮社 大人向け
月島に住む中学生の少年4人の物語の連作短篇集。
ふき 斎藤 隆介 滝平 二郎   岩崎書店  
ふきのおとうは木こりの名人。おとうが仕事をしている間、ふきは山の大男・大太郎と遊んでいた。
平凡社新書273 不機嫌なメアリー・ポピンズ イギリス小説と映画から読む「階級」  新井 潤美      平凡社新書  大人向け 
2003年7月〜2004年6月まで平凡社のPR誌「月刊百科」に連載したものに加筆修正、書き下ろしを加えました。     
* ふきまんぶく 田島 征三 田島 征三   偕成社  
東京都西多摩郡日の出村では、ふきのとうのことをふきまんぶくと呼んでいます。おまんじゅうのように、ふっくらしているからです。
福音の少年 あさの あつこ 角川書店 大人向け
不器用にあがく高校生の少年ふたりの物語。
ふくねずみすごろくばなし わたり むつこ 真島 節子 福音館書店
初詣のおみくじで「冒険大吉」を引いたゆうたとあさこ姉さんは、ふくねずみの町で小鬼を探しました。
ふくのゆのけいちゃん 秋山 とも子 秋山 とも子   福音館書店 3歳から
5月5日。ふくの湯は菖蒲湯をします。お風呂屋さんの1日を細かく描いていて、絵を見るだけでも楽しめます。
ふくはうちおにもうち えほんのマーチ10  内田 麟太郎  山本 孝    岩崎書店   
節分に鬼を家に呼びこむ男の話。文も絵も品のない絵本です。     
ふくびき  くすのき しげのり 狩野 富貴子    小学館   
姉弟がクリスマスプレゼントを欲しがらない母親のために、商店街に出かけます。     
ふくろう 宮崎 学 宮崎 学・写真 福音館書店 3歳から
夜に活動するふくろうが雛のために餌をとる様子などが、鮮やかな写真でわかります。
科学のアルバム64 フクロウ  福田 俊司  福田 俊司・写真 夏目 義一・渡辺 洋二・絵    あかね書房   
フクロウの生態が豊富なカラー写真と共に、子どもにもよくわかるように書かれています。     
ふくろうくん アーノルド・ローベル アーノルド・ローベル 三木 卓 文化出版局 4歳から
ふくろうくんは、ちょっととぼけたおかしなふくろう。5つのおはなしが入っています。
ふくろうとにわとり 日本民話より  唯野 元弘  毛利 将範    鈴木出版   
お日さまが出てこないので鳥たちが起こしに行くという、群馬県に伝わる昔話を素材にしています。     
フクロウ博士のおひっこし リトル・グレイラビット・2  アリソン・アトリー マーガレット・テンペスト  眞方 陽子  偕成社   
大嵐で、フクロウ博士の住んでいた樫の木が倒れてしまいました。グレイラビットたちは、新しい家を探します。     
* ふくろうめがね  工藤 直子  あべ 弘士    童話屋   
ふくろうがお月さんにもらっためがねをかけて、いろいろな動物たちを見て詠んだ詩を小さな絵本にしています。     
ふくろにいれられたおとこのこ フランス民話 堀内 誠一 山口 智子 福音館書店  
拾ったお金でイチジクを買ったピトシャン・ピトショ。台所でイチジクを食べていると、最後の1つが飛び出して、あっという間に木になりました。
* フクロのひっこし くまのプーさんえほん15 アラン・アレグサンダー・ミルン アーネスト・ハワード・シェパード 石井 桃子 岩波書店  
壊れたフクロの家をみんなで片付けていると、イーヨーがいい家があったと知らせに来ました。
不幸な子供 エドワード・ゴーリー エドワード・ゴーリー 柴田 元幸 河出書房新社
微細な線画で描く救いのない子どもの物語。
AMAZING WORLDSNふしぎいっぱいイヌの仲間  メアリー・リング  ジェリー・ヤング・写真  徳永 優子  ブックローン出版   
犬の仲間の不思議な生態をカラー写真とわかりやすい説明で学べます。     
AMAZING WORLDSEふしぎいっぱいカエル  バリー・クラーク  ジェリー・ヤング・写真  徳永 優子  ブックローン出版   
蛙の不思議な生態をカラー写真とわかりやすい説明で学べます。     
AMAZING WORLDSRふしぎいっぱい擬態をする動物  サンディー・ソウラー  ジェリー・ヤング・写真  徳永 優子  ブックローン出版   
擬態をする動物の不思議な生態をカラー写真とわかりやすい説明で学べます。     
AMAZING WORLDSPふしぎいっぱいクマ テレサ・グリーナウェイ  デイブ・キング・写真  徳永 優子  ブックローン出版   
熊の不思議な生態をカラー写真とわかりやすい説明で学べます。     
AMAZING WORLDSCふしぎいっぱいクモ アレクサンドラ・パーソンズ  ジェリー・ヤング・写真  徳永 優子  ブックローン出版   
蜘蛛の不思議な生態をカラー写真とわかりやすい説明で学べます。     
AMAZING WORLDSAふしぎいっぱい甲虫  ジョン・スティル  ジェリー・ヤング・写真  徳永 優子  ブックローン出版   
甲虫の不思議な生態をカラー写真とわかりやすい説明で学べます。     
AMAZING WORLDSQふしぎいっぱいコウモリ フランク・グリーナウェイ  ジェリー・ヤング フランク・グリーナウェイ・写真 徳永 優子  ブックローン出版   
コウモリの不思議な生態をカラー写真とわかりやすい説明で学べます。     
AMAZING WORLDS@ふしぎいっぱい昆虫  ローレンス・マウンド  フランク・グリーナウェイ・写真  徳永 優子  ブックローン出版   
昆虫の不思議な生態をカラー写真とわかりやすい説明で学べます。     
AMAZING WORLDSDふしぎいっぱい魚  メアリー・リング  ジェリー・ヤング・写真  徳永 優子  ブックローン出版   
魚の不思議な生態をカラー写真とわかりやすい説明で学べます。     
AMAZING WORLDSOふしぎいっぱいサル  スコット・スティードマン  ジェリー・ヤング・写真  徳永 優子  ブックローン出版   
猿の不思議な生態をカラー写真とわかりやすい説明で学べます。     
AMAZING WORLDSBふしぎいっぱいチョウとガ  ジョン・スティル  ジェリー・ヤング・写真  徳永 優子  ブックローン出版   
蝶と蛾の不思議な生態をカラー写真とわかりやすい説明で学べます。     
AMAZING WORLDSHふしぎいっぱいトカゲ  トレバー・スミス  ジェリー・ヤング・写真  徳永 優子  ブックローン出版  
トカゲの不思議な生態をカラー写真とわかりやすい説明で学べます。     
AMAZING WORLDSIふしぎいっぱい鳥  アレクサンドラ・パーソンズ  ジェリー・ヤング・写真  徳永 優子  ブックローン出版   
鳥の不思議な生態をカラー写真とわかりやすい説明で学べます。     
AMAZING WORLDS22ふしぎいっぱい動物の赤ちゃん  クリストファー・メイナード    徳永 優子  ブックローン出版   
動物の赤ちゃんの不思議な生態をカラー写真とわかりやすい説明で学べます。写真家の名前の記載がありません。     
AMAZING WORLDSSふしぎいっぱ毒をもつ動物  アレクサンドラ・パーソンズ  ジェリー・ヤング・写真  徳永 優子  ブックローン出版   
毒を持つ動物の不思議な生態をカラー写真とわかりやすい説明で学べます。     
AMAZING WORLDSJふしぎいっぱい肉食の鳥  ジマイマ・パリー・ジョーンズ  マイク・ダニング・写真  徳永 優子  ブックローン出版   
肉食の鳥の不思議な生態をカラー写真とわかりやすい説明で学べます。     
AMAZING WORLDSMふしぎいっぱいネコの仲間  アレクサンドラ・パーソンズ  ジェリー・ヤング・写真  徳永 優子  ブックローン出版   
猫の仲間の不思議な生態をカラー写真とわかりやすい説明で学べます。      
AMAZING WORLDSKふしぎいっぱい熱帯の鳥  ジェラルド・レッグ  ジェリー・ヤング・写真  徳永 優子  ブックローン出版   
熱帯の鳥の不思議な生態をカラー写真とわかりやすい説明で学べます。     
AMAZING WORLDSFふしぎいっぱいは虫類 メアリー・リング  ジェリー・ヤング・写真  徳永 優子  ブックローン出版   
爬虫類の不思議な生態をカラー写真とわかりやすい説明で学べます。     
AMAZING WORLDSGふしぎいっぱいヘビ アレクサンドラ・パーソンズ  ジェリー・ヤング・写真  徳永 優子  ブックローン出版   
蛇の不思議な生態をカラー写真とわかりやすい説明で学べます。     
AMAZING WORLDSLふしぎいっぱいほ乳類  アレクサンドラ・パーソンズ  ジェリー・ヤング・写真  徳永 優子  ブックローン出版   
哺乳類の不思議な生態をカラー写真とわかりやすい説明で学べます。
AMAZING WORLDS21ふしぎいっぱいよろいを着た動物  サンディー・ソウラー  ジェリー・ヤング ジェーン・バートン・写真  徳永 優子  ブックローン出版   
鎧を着た動物の不思議な生態をカラー写真とわかりやすい説明で学べます。     
なぜなぜはかせのかがくの本10 ふしぎがいっぱい―目のさっかく― 小林 実 荒木 桜子   国土社  
同じ長さの線が違って見えたり、平行線が曲がって見えたり……。自分で実験してみよう。
イルカの絵本シリーズ ちいさな空A 不思議草 イルカ イルカ   小学館  
「川崎のキツネさん」「不思議草」「子豚のマーシャ」「スモール・ワールド」の4つのおはなし。
* ふしぎ駄菓子屋銭天堂  廣嶋 玲子  jyajya    偕成社  小学3年生から 
商店街の路地に時々現れる駄菓子屋さん。おかみは不思議な女性紅子さん。6編の連作短編集。     
ふしぎ駄菓子屋銭天堂2  廣嶋 玲子  jyajya    偕成社  小学3年生から 
商店街の路地に時々現れる駄菓子屋さん。おかみは不思議な女性紅子さん。6編の連作短編集。     
ふしぎ駄菓子屋銭天堂3  廣嶋 玲子  jyajya    偕成社  小学3年生から 
商店街の路地に時々現れる駄菓子屋さん。おかみは不思議な女性紅子さん。6編の連作短編集。     
ふしぎ駄菓子屋銭天堂4  廣嶋 玲子  jyajya    偕成社  小学3年生から 
勉強しなくても満点をとりたい、いじめられっ子に勝ちライなど、ちょっとした欲望を叶えてくれる駄菓子屋があります。     
ふしぎ駄菓子屋銭天堂5  廣嶋 玲子  jyajya    偕成社  小学3年生から 
銭天堂の自動販売機やカプセルトイが荒らされて、品物を盗まれてしまいます。     
ふしぎ駄菓子屋銭天堂6  廣嶋 玲子  jyajya    偕成社  小学3年生から 
商店街の路地に時々現れる駄菓子屋さん。おかみは不思議な女性紅子さん。8編の連作短編集。     
ふしぎなウリどろぼう 鶴見 正夫 太田 大八   国土社  
「今昔物語」巻28第40の訳話。大和の国から京の都へ瓜を運ぶ下人たちは、宇治の町で不思議な老人に会いました。
ふしぎなえ   安野 光雅   福音館書店 3歳から
絵だけの本です。だまし絵になっていて、本を逆さにしたり指で辿っているうちに、不思議な感覚になります。
ふしぎなエレベーター パウル・マール ニコラウス・ハイデルバッハ 関口 裕昭 ほるぷ出版  
夜1人で留守番していたローザは、エレベーターの音が気になって眠れません。そっと出てみると、エレベーターの中に……。
ふしぎなおるすばん 斉藤 栄美 岡本 順   ポプラ社  
ひでおが1人でお留守番をしています。つまらないからしりとりでもしようと思ったら……。
ふしぎなかぎばあさん〈あたらしい創作童話〉6 手島 悠介 岡本 颯子 岩崎書店
鍵っ子の広一は鍵をなくして困っていました。そこへ、鍵の束を持ったおばあさんが現われました。
ふしぎなかけじく イ・ヨンギョン イ・ヨンギョン 大竹 聖美 アートン  
貧しい男が、チョンウチ道士に不思議な掛軸をもらいました。掛軸の中の蔵番がお金を出してくれるというのです。
ふしぎなきかい 安野 光雅 安野 光雅 福音館書店
遠山 啓・監修。左の入り口から何かを入れると、右の出口から違ったものが出てきます。
こそあどの森の物語@ふしぎな木の実の料理法  岡田 淳  岡田 淳    理論社   
南の島のバーバさんから、無口なスキッパーに送られてきたポアポアの実。料理法がわからないので、こそあどの森の住人に訊きに行きます。     
ふしぎなキャンディーやさん  宮西 達也  宮西 達也    金の星社   
ブタくんは、森でたぬきのふしぎなキャンディー屋さんを見つけます。このキャンディーを食べると力持ちになったり、大声を出したりできます。     
* ふしぎな500のぼうし ドクター・スース ドクター・スース 渡辺 茂男 偕成社  
バーソロミュー・カビンズは、王様の前で帽子を取らなかったので叱られます。でも、取っても取っても帽子が現れて……。
ふしぎなさーかす 安野 光雅 安野 光雅   福音館書店 4歳から
夜中の12時。小人たちの不思議なサーカスが始まります。
ふしぎなしんごう 井坂 克二 井坂 克二   岩崎書店  
信号の歩行者用押しボタンをピッと押したら、赤、黄、青の信号から虹のような水が出て……。
* ふしぎなたいこ 石井 桃子 清水 崑   岩波書店 4歳から
日本の昔話集。表題作のほか、「かえるのえんそく」「にげたにおうさん」があります。
おはなしのたからばこ4 [日本民話] ふしぎなたいこ 新田 新一郎 田島 征三 フェリシモ出版
源五郎が天狗にもらったたいこは、叩くと鼻が伸びたり縮んだりしました。
ふしぎなタクシー 渡辺 茂男 大友 康男   福音館書店  
黄色いタクシーの運転手すぎやまさんは、ある日たくさんの動物たちを乗せました。
ふしぎなたけのこ 松野 正子 瀬川 康男 福音館書店 5歳から
「こどものとも」87号の復刻版。誕生日祝いの筍を掘りに行ったたろは、ぐんぐん伸びる筍に必死でつかまりました。
* ふしぎなたけのこ 松野 正子 瀬川 康男   福音館書店 5歳から
山奥のお話。誕生日にごちそうを作るため、筍を取りに行ったたろ。でも、筍が突然どんどん伸びだして……。
ふしぎなたね 美しい数学7 安野 光雅 安野 光雅   童話屋  
なまけものの男が仙人からふしぎな種を2個もらいました。
ふしぎなたまご 子どもがはじめてであう絵本(第3集)9 ディック・ブルーナ ディック・ブルーナ 石井 桃子 福音館書店 1歳半から
野原に真っ白い卵が落ちていました。いったい誰の卵でしょう? めんどり、おんどり、猫が来て「わたしの卵」と言いますが……。
ふしぎな図書館 村上 春樹 佐々木 マキ   講談社  
ぼくは市立図書館に本を返しに行ったついでに調べものをしようと思ったら、地下室に案内された。
ふしぎなともだち サイモン・ジェームズ サイモン・ジェームズ 小川 仁央 評論社  
レオンは、ママと引っ越してきました。レオンには、自分だけに見える友達ボブがいました。
木島始少年詩集ふしぎなともだち 現代少年詩プレゼント  木島 始  上矢 津    理論社   
少年詩となっていますが、大人向けの詩が多いようです。     
ふしぎなナイフ 中村 牧江・林 健造 福田 隆義   福音館書店 3歳から
曲がったり、ねじれたり、折れたり、割れたり、溶けたりする、不思議なナイフ。
ふしぎな流れ星 タンタンの冒険旅行2 エルジェ エルジェ 川口 恵子 福音館書店  
ある日、地球に隕石が落ちてきました。タンタンは犬のスノーウィと一緒に、調べに行きます。
ふしぎなにじ―かがみのえほん―  渡邉 千夏  渡邉 千夏    福音館書店   
鏡のような紙でできている本は、開くと左右のページが映り込んでひとつの絵になります。     
ふしぎな庭 イージー・トゥルンカ イージー・トゥルンカ 井出 弘子 ほるぷ出版  
仲良し5人組の男の子が高い塀のある鉄の扉の門を開けると、不思議な庭がありました。
ふしぎなのり  安野 光雅  安野 光雅    福音館書店   
遠山啓・監修。ふたりの小人が何でもくっつく魔法ののりを発明しました。そこから図形の不思議が学べます。     
ふしぎなはなごろも 山本 省三 狩野 富貴子   佼成出版社  
病気のお母さんと暮らすさきは9歳。縫いものが得意です。創作民話絵本。
ふしぎなバイオリン クェンティン・ブレイク クェンティン・ブレイク 谷川 俊太郎 岩波書店  
ある日、パトリックはオニオンズさんの店でバイオリンを買った。そのバイオリンを弾くと、いろんなものが色とりどりになり、幸せになる。
ふしぎなポケット THE MAGIC POCKET まど みちお 安野 光雅 美智子・選・訳 すえもりブックス  
まどさんの詩を皇后美智子さまが英訳された対訳絵本。
講談社カラー科学大図鑑 ふしぎな本@ さっかく 野口 薫・増田 直衛 アド・ファイブ・根岸 祐輔・山下 礼二・装丁・装画   講談社  
目の錯覚で、同じ大きさなのに違って見えたり、まっすぐなものが曲がって見えたり。
* ふしぎなやどや 長谷川 摂子 井上 洋介   福音館書店 5歳から
中国唐代の伝奇、薛漁思作の「板橋三娘子」を再話したものです。
不思議なロンゴ・ロンゴ 木村 昭平 木村 昭平   福武書店  
昔、ポリネシアの東の小さな島には4人の長老がいました。長老たちは年老いたため、島のきまりを文字にしようとしました。
不思議の国のアリス 岩波少年文庫047  ルイス・キャロル ジョン・テニエル  脇 明子  岩波少年文庫  小学5年生から 
退屈していたアリスは、チョッキを着て時計を持った白ウサギを追いかけて、穴に飛び込みました。     
不思議の国の“アリス” ルイス・キャロルとふたりのアリス 舟崎 克彦 山口 高志・写真 求龍堂
笠井勝子・監修。『不思議の国のアリス』を巡り、作者やモデルにあったアリス、キャロルの住んだ地域などについて書かれています。
ふしぎの国のレイチェル エミリー・ロッダ 杉田 比呂美 作間 由美子 あすなろ書房
風邪で寝ているレイチェルのところに、近所の看板屋サンディーがお見舞いに来ておかしな絵を置いてゆきました。
ふしぎの時間割  岡田 淳  岡田 淳    偕成社   
いくつかの小学校での朝から夜までの不思議な出来事を描いた短編集。     
ふしぎの森のミンピン ロアルド・ダール パトリック・ベンソン おぐら あゆみ 評論社  
いつもママにうるさく言われているリトル・ビリー。森には怖い怪物がいるから行ってはいけないと言われたけれど……。
絵本といっしょ3 ふしぎふしぎ  片山 令子  長 新太    国土社   
眩しく晴れた朝、ミチコはお日さまからおいしい光を瓶に入れてもらいました。     
おおきなしぜんちいさなしぜん《かがく》C ふじさん 斎藤 朗三・指導  飯島 志津夫・写真 木下 真一郎・絵    フレーベル館   
日本一高い山富士山の美しい写真と成り立ちについて。     
ふじさんとおひさま 谷川 俊太郎 佐野 洋子 童話屋
1977年7月9日〜1979年3月17日に「毎日こどもしんぶん」に連載された詩。
ふじさんファミリー 宮西 達也  宮西 達也    金の星社   
赤ちゃんが生まれてすねる兄というよくある話で、人ではなく富士山などの山に変えています。     
藤城清治 光と影の奇蹟 藤城 清治 藤城 清治 美術出版社
美しい影絵の作家藤城清治さんの作品と制作の裏側が楽しめます。
ふたごのがちょうグーとスー ハンナのすてきなホテル1 マーク・バージェス マーク・バージェス 竹下 千花子 金の星社  
はりねずみのハンナのすてきなホテルに、ふたごのがちょうが泊まりに来ました。
ふたごのき 谷川 俊太郎 姉崎 一馬・写真   偕成社  
小さな丘の上に立つエゾヤマザクラが、四季の移り変わり、1日の変化の中でいろんな話をします。
ふたごのき  谷川 俊太郎  姉崎 一馬・写真    リブロポート   
小さな丘の上に立つエゾヤマザクラが、四季の移り変わり、1日の変化の中でいろんな話をします。     
ふたごのけんか トーマスのテレビ絵本20 ウィルバート・オードリー・原作   文平 玲子 ポプラ社  
テレビアニメのおはなしが絵本になりました。
双子の星 宮沢 賢治 遠山 繁年   偕成社 小学3年生から
天の川の西の岸のお宮に住むチュンセ童子とポウセ童子。賢治の童話は、きれいな日本語で書かれています。
チアブックスKふたごのルビーとガーネット ジャクリーン・ウィルソン  ニック・シャラット&スー・ヒープ  小竹 由美子  偕成社   
10歳のふたごの女の子ルビーとガーネット。顔はそっくりでも、中身は違います。ふたりの気持ちをノートに書きます。     
ふたつのいちご 林 明子 林 明子   福音館書店  
お母さんがクリスマスのケーキを作りました。でも、苺が3つしかありません。かすみちゃんは苺を探しに行きました。
ふたつのたいよう 井野 史子 井野 史子   学習研究社  
昔、空には太陽が2つありました。人々は暑くてたまらないので、なんとかして1つにしたいと考えました。
ふたり 瀬川 康男 瀬川 康男   冨山房  
ねこが「にやり」とやってきて、ねずみを見つけて目が「きらり」。最後に「り」のつく言葉ばかりでできたお話です。
ふたりいっしょだねちいくまくん マーティン・ワッデル バーバラ・ファース 角野 栄子 評論社  
ちいくまくんは、おおくまさんと遊びたくてたまりません。でも、おおくまさんには仕事がいっぱい。
歌集ふたりエッチ 林 あまり 克・亜樹 白泉社 大人向け
漫画『ふたりエッチ』をもとに、林さんが短歌を書き下ろしました。女性の視点で描かれる世界は、ドキドキします。
ふたりでしゃしんを くまのアーネストおじさん ガブリエル・バンサン ガブリエル・バンサン 森 比左志 ブック・ローン出版  
子ねずみのセレスティーヌは、熊のアーネストが出かけている間に鍵のついた引き出しを開けると、中にはたくさんの写真が……。
おはなしのたからばこ8 [上方落語] ふたりでひとり 桂 文我 石井 聖岳 フェリシモ出版
侍に体を上下に切られてしまった竹さんは……。
ふたりでるすばんできるかな おばあちゃんだいすき1 伊勢 英子 伊勢 英子   偕成社  
小学生のマエちゃんとマキちゃんのお母さんは、お仕事で3日間留守。2人でお留守番できるかな?
ふたりのイーダ 松谷 みよ子 司 修   講談社  
小学4年生の直樹は、3歳の妹ゆう子と共に夏休みにおじいさんの家に遊びに行きます。直樹はそこで、歩く椅子と出会いました。
ふたりのインテリア くまのアーネストおじさん ガブリエル・バンサン ガブリエル・バンサン 森 比左志 ブックローン出版  
熊のジョセフィーヌおばさんが泊まりに来るというのに、雨漏りする部屋しかありません。
ふたりのおきゃくさま くまのアーネストおじさん ガブリエル・バンサン ガブリエル・バンサン 森 比左志 ブックローン出版  
アメリカのペチュラおばさんが来るので、旅行をやめたアーナネストとセレスティーヌ。でも、おばさんは約束の時間に来ません。
ふたりのサンタおじいさん 阿萬 紀美子 田中 槇子   偕成社  
サンタおじいさんがプレゼントをくれると知ったこうさぎたちは、さんたという名前のおじいさんに手紙を書きました。
ふたりのぶとうかい いわさきちひろ・おはなしえほん6 筒井 敬介 岩崎 ちひろ   講談社  
メンデルスゾーンの音楽をもとにした絵本です。
ふたりのゆきだるま ほか3話 いわさきちひろ・おはなしえほん 冬 立原 えりか 岩崎 ちひろ   講談社  
岩崎ちひろさんの絵をもとに、立原えりかさんがお話を書きました。
* ふたりのロッテ エーリヒ・ケストナー ワルター・トリヤー 高橋 健二 岩波書店  
双子の女の子ロッテとルイーゼは、離婚した両親と一緒に暮らそうと入れ替わって生活します。
* ふたりはいっしょ アーノルド・ローベル アーノルド・ローベル 三木 卓 文化出版局 小学1年生から
がまくんとかえるくんは友達。ふたりは、いつも一緒に遊びます。5つのお話が入っています。
* ふたりはいつも アーノルド・ローベル アーノルド・ローベル 三木 卓 文化出版局 小学1年生から
がまくんとかえるくんのような友達ができると、毎日が楽しいですね。5つのお話が入っています。
* ふたりはきょうも アーノルド・ローベル アーノルド・ローベル 三木 卓 文化出版局 小学1年生から
のんびりやのがまくんと、しっかりもののかえるくん。5つのお話が入っています。
* ふたりはともだち アーノルド・ローベル アーノルド・ローベル 三木 卓 文化出版局 小学1年生から
がまくんとかえるくんの楽しいお話。「はるがきた」「おはなし」「なくしたボタン」「すいえい」「おてがみ」。
ふたりはふたご 田島 征彦・田島 征三 田島 征彦・田島 征三 くもん出版
一卵性双生児の画家が描いたふたごのおはなし。
ふたりはまちのおんがくか くまのアーネストおじさん ガブリエル・バンサン ガブリエル・バンサン 森 比左志 ブック・ローン出版  
雨漏りを直すのにお金が必要なアーネストとセレスティーヌ。お金を作るために、街角でバイオリンと歌を披露します。
補陀落幻影 東野 光生     作品社  
老年になったら、身辺をきれいにして穏やかな気持ちで死を迎えたいと思います。
ふっくらふしぎなおくりもの えほんはともだち46 佐藤 さとる 岡本 順   ポプラ社  
おじいさんとおばあさんがお供えした鏡餅を分けてもらったねずみ。恩返しに、おじいさんを若返らせました。
ふってきました もとした いづみ 石井 聖兵 講談社
今にも降ってきそうな空。つるこちゃんがお母さんにあげる花を摘んでいると、空から降ってきました。
ふとっちょねこ デンマーク民話 ジャック・ケント ジャック・ケント 前沢 明枝 朔北社  
おばあさんにおかゆの番を頼まれた猫は、おかゆを食べ、おなべを食べ、おばあさんも食べてしまいます。
ふとりすぎですよサンタさん さくら ともこ 清宮 哲   岩崎書店  
クリスマスが終わって、サンタさんはたくさん食べて寝てばかりいたら太ってしまいました。子どもの肥満を防止するための本。
ふとんやまトンネル 那須 正幹 長野 ヒデ子   童心社  
ケンちゃんは蒲団に潜るのが大好き。ある日、蒲団のトンネルをどんどん行くと……。
ふなのりネコだいかつやく のろのろデイジー ロブ・ルイス ロブ・ルイス ふなと よし子 ほるぷ出版  
デイジーは船乗り猫。でも、ねずみを取らないので、船がねずみだらけになってしまいました。
ふなひき太良(たらあ) 沖縄の絵本 儀間 比呂志 儀間 比呂志   岩崎書店  
昔、沖縄のある村で飢饉があった時に、赤ん坊が捨てられていました。おじいが拾って、太良と名付けて育てました。
バートンののりものえほん4 ふね バイロン・バートン バイロン・バートン こじま まもる 金の星社 0歳から
絵本の中にたくさんの船が出てきます。はっきりした線の、幼い子が初めて出会う乗り物絵本。
 あなぐまビルのぼうけん・2 船のクリスマス BB D・J・ワトキンス・ピッチフォード 神鳥 統夫 大日本図書 小学3年生から
あなぐまビルとはりねずみのイジーは、風のまにまに号でクリスマス・ツリーを運びます。
ふふふんへへへんぽん! ―もっといいこときっとある― モーリス・センダック モーリス・センダック 神宮 輝夫 冨山房  
犬のジェニーは、何もかも持っているのに、もっといいことを探しに家出をしました。世界マザー・グース劇場の主演女優になるのです。
ふぶきにあった日 トルヴァール・スンド ヴェンケ・オイエン 山内 清子 福武書店  
マーリは冬休みの間、家族で山小屋で暮らします。山を降りる日に、みんなは吹雪に遭ってしまいました。
ふぶきのあした シリーズあらしのよるにE 木村 裕一 あべ 弘士   講談社  
仲間に仲良くしていることを知られたオオカミのガブとヤギのメイは、吹雪の中を2人で逃げます。
ふぶきの道 マリリン・レイノルズ スティーヴン・マッカラム 松本 侑子 河出書房新社  
カナダの大草原に住むモーリーは、年老いた馬のベルに乗ってピアノの稽古に行きます。ある日、帰りにふぶきになってしまい……。
ふまんがあります  ヨシタケ シンスケ ヨシタケ シンスケ    PHP研究所   
子どもが大人はずるいと言うと、大人にはいろんな理由があるとお父さんが答えます。     
ふみきり! 岩渕 泰治 岩渕 泰治   新風舎 3歳から
京浜急行蒲田駅近くの踏み切りでの1日のできごと。
* ふむふむ おしえて、お仕事!  三浦 しをん      新潮社   
雑誌「yomyom」に連載されたインタビュー。16人の女性の職人さんの仕事ぶりがよくわかります。     
ふゆがすき ロイス・レンスキーの四季のえほん ロイス・レンスキー ロイス・レンスキー 作間 由美子 あすなろ書房  
冬が好き。雪が好き。わたしはお兄ちゃんとたくさん遊びます。
ふゆじたくのおみせ おおきなクマさんとちいさなヤマネくん ふくざわ ゆみこ ふくざわ ゆみこ   福音館書店 4歳から
秋、クマさんとヤマネくんの家に、冬支度のお店開店のお手紙が届きました。
四季のえほん ふゆですよ  柴田 晋吾  降矢 なな    金の星社   
「こんにちは ふゆですよ」と誰かが呼びかけ、冬の風物詩を紹介します。     
ふゆのあさ 村上 康成 村上 康成   ひかりのくに  
雪の朝は、何もかもがとても静かになります。しずちゃんの目を通して見た、雪の朝。
ふゆのあらし 野坂 勇作 野坂 勇作   福音館書店  
佐渡島には、冬になると嵐がやってきます。海が荒れ、冷たい風や波が激しく押し寄せます。
ふゆのおばけ 瀬名 恵子 瀬名 恵子   金の星社  
おばけは夏しか出ないってお母さんは言うけど、ぼくは冬でもおばけが好き。おばけの絵を描いちゃおう。
みんなでつくる―ふゆのかざりもの  木内 勝  木内 勝・絵 ときわ まさと・写真    福音館書店  4歳から 
クリスマスとお正月の飾りを、身近な材料でつくれます。     
ふゆのくまさん ルース・クラフト エリック・ブレッグバッド 山田 修治 アリス館  
冬、お兄ちゃんとお姉ちゃんと一緒に出かけたぼくは、木の枝に引っかかったくまさんを見つけました。
冬の精 カール・マイトナー・ヘッケルト マルガレート・ハフナー 田中 安男 福武書店  
100年前にドイツで描かれた絵本。昔の子どもたちは、何もなくても遊べました。
リボンのかたちのふゆのせいざオリオン 矢板 康麿 矢板 康麿・写真 杉浦 範茂・絵   福音館書店 4歳から
冬の夜空に現れる大きな星座オリオン座は、リボンのような形をしています。
ふゆののはらで―かれくさつみ  あきやま じゅんこ  あきやま じゅんこ    福音館書店  4歳から 
冬の野原にある枯草も、よく見れば味わい深いものです。     
ふゆのはなし エルンスト・クライドルフ エルンスト・クライドルフ 大塚 勇三 福音館書店 4歳から
冬の日。三人の小人は、いとこの七人の小人のところに行くことにしました。それは、白雪姫を助けた小人たちでした。
* ふゆめがっしょうだん 長 新太 冨成 忠夫・茂木 透・写真   福音館書店 4歳から
落葉した葉の枝がついていた部分が顔に見えます。ぼくらは冬芽合唱団。
日本の創作幼年童話Dふらいぱんじいさん 神沢 利子 堀内 誠一 あかね書房 5歳から
真っ黒なふらいばんじいさんは、目玉焼きを焼くのが大好き。でもある日、新しい卵焼き鍋がやって来て、卵を焼けなくなりました。
フライパンパパ 高畠 ひろき 高畠 ひろき   フレーベル館  
「パパは力持ちだけど料理はママに敵わないね」と言われたぞうさんパパ。でも、やるときはやるのです。
Furano Holy Hill 葉祥明 丘の詩画集 葉 祥明 葉 祥明   OFFICE FURANO  
富良野の四季を美しい絵と詩で表わした画集。
フラミンゴの家 伊藤 たかみ 文藝春秋
離婚した翔子が入院するので正人は娘の晶を預かることになった。大阪弁が小気味よく聞こえます。
* フランシスとたんじょうび ラッセル・ホーバン リリアン・ホーバン 松岡 享子 好学社  
明日はフランシスの妹グローリアの誕生日。フランシスはお菓子をプレゼントしようと思います。
* フランシスのいえで ラッセル・ホーバン リリアン・ホーバン 松岡 享子 好学社  
くまのフランシスは、両親が赤ちゃんばかりかまうので、家出することにしました。その場所は、食堂のテーブルの下。
* フランシスのおともだち ラッセル・ホーバン リリアン・ホーバン 松岡 享子 好学社  
フランシスは、友達のアルバートと遊ぼうと思いましたが、女の子はだめと言われ、しかたなく妹のグローリアと遊びます。
フランチェスコとフランチェスカ ベッティーナ・エアリク ベッティーナ・エアリク 渡辺 茂男 福音館書店
貧しい男の子フランチェスコは、靴を持っていませんでした。ある日、靴屋の前でフランチェスカという女の子に会いました。
フランツまいごになる 金ぱつフランツ・1  クリスティーナ・ネストリンガー  ゆーち みえこ  平野 卿子  偕成社   
金髪で青い目の男の子フランツは、よく女の子に間違われます。ある日、フランツが迷子になりました。      
英語と日本語で語る フランと浩子おはなしの本《第1集》 フラン・ストーリングス・編著 小林 恭子 藤田浩子と「かたれやまんばの会」 一声社
英語と日本語のお話が8話、見開きで収録されていて読みやすくなっています。
英語と日本語で語る フランと浩子おはなしの本《第2集》 フラン・ストーリングス・編著 小林 恭子 藤田浩子と「かたれやまんばの会」 一声社
英語と日本語のお話が7話、見開きで収録されていて読みやすくなっています。
フリックス トミ・ウンゲラー トミ・ウンゲラー 今江 祥智 BL出版  
猫のゼノ・クラル氏とコルザさんに赤ちゃんが生まれました。でも、それは犬の男の子でした。
ふりむく 江國 香織 松尾 たいこ マガジンハウス
松尾さんの21枚の絵を見て、江國さんが短い文章をつけました。
ふりむけば猫 井上 洋介 井上 洋介 小さな絵本美術館・架空社
掌サイズの絵本は、どこを開いても猫ばかり。
ふりむけば花の香り 京都花風景 永田 萠 永田 萠 東京書籍
京都に住む著者が描く四季折々の花とエッセイ。
ポプラ社の小さな童話47 フルーツポンチはいできあがり  角野 栄子  佐々木 洋子    ポプラ社  小学1年生から 
ねずみのキが風邪をひいたので、おばけのアッチはフルーツポンチを作ってあげました。     
フルダー・フラムとまことのたてごと ロイド・アリグザンダー エバリン・ネス 神宮 輝夫 評論社  
フルダー・フラムは小さな国の王様。でも、王様の仕事だけでなく吟遊詩人になりたいのです。
ふるやのもり(日本の昔話)   田島 征三 瀬田 貞二・再話 福音館書店 4歳から
貧しいじいさんとばあさんの家に、馬泥棒とおおかみが忍び込みました。じいさんたちは、「ふるやのもり」が1番怖いと言います。
むかしむかし絵本10 ふるやのもり  今江 祥智  松山 文雄    ポプラ社   
山の麓に住むじいさまとばあさまは、孫を寝かしつける時に1番怖いのは「古屋の漏り」だと話します。     
* フルリーナと山の鳥 ゼリーナ・ヘンツ アロワ・カリジェ 大塚 勇三 岩波書店  
山の娘フルリーナは、ある時オオライチョウの雛を助けました。自分の手で育てていましたが……。
おはなしおばさんシリーズA巻 ふれあいあそび・ギュッ 藤田 浩子・編著 近藤 理恵 一声社
親子で触れ合って遊ぶわらべうたなどがたくさん掲載されています。
「フレディ」から学んだこと―音楽劇と哲学随想―  日野原 重明      童話屋   
ベストセラー絵本『葉っぱのフレディ』を読んで感じたことをまとめています。副題は誇張されています。     
* フレデリック ちょっとかわったのねずみのはなし レオ・レオニ レオ・レオニ 谷川 俊太郎 好学社  
のねずみたちは、冬に備えて食料を集めています。でも、フレデリックは何もしていないように見えます。
フロプシーのこどもたち ピーターラビットとなかまたち3 ビアトリクス・ポター ビアトリクス・ポター 石井 桃子 福音館書店 3歳から
ピーターのきょうだいフロプシーはベンジャミンバニーと結婚しました。子どもたちがマグレガーさんの畑でレタスを食べると……。
ふわふわくもパン  ペク・ヒナ  ペク・ヒナ・絵 キム・ヒャンス・写真  星 あキラ キム・ヨンジュン  小学館   
猫のきょうだいが庭で小さな雲を見つけ、それでママにパンを焼いてもらいます。食べると空を飛べるのです。     
* ふわふわくんとアルフレッド ドロシー・マリノ ドロシー・マリノ 石井 桃子 岩波書店  
ふわふわくんはおもちゃのくま。アルフレッドが赤ちゃんの時からずっと一緒。でも、ある日虎のしまくんがやってきて……。
* ふわふわしっぽと小さな金のくつ デュ・ボウズ・ヘイワード マージョリー・フラック 羽島 葉子 パルコ出版  
イースターに卵を配る兎イースター・バニーは、世界で5匹しかいません。ふわふわしっぽは、自分もイースター・バニーになりたくて……。
ふわふわふとん カズコ・G・ストーン カズコ・G・ストーン   福音館書店 3歳から
やなぎむらに住む小さな虫たちは、冬の寒さに眠れず、暖かいお蒲団を探しに行くことにしました。
フンコロガシのフレッド、クワガタのパーティーへ行く アンネ・マール ヴェレーナ・バルハウス 石川 素子 徳間書店  
フンコロガシのフレッドの友達はミミズのロルフだけ。でも、おじさんにもらったベストを着ると、人気者になりました。
ふんふんなんだかいいにおい 西巻 茅子 西巻 茅子   こぐま社  
さっちゃんは大急ぎで朝ご飯を食べました。目玉焼きと苺ジャムと鶏のスープでべたべたのまま、家を飛び出しました。
ブータン 太田 大八 太田 大八   こぐま社  
ベンさんは大きなかぼちゃを作ったごほうびに、こぶたをもらいました。こぶたにはブータンと名付けて、かわいがりました。
ぶーぶーじどうしゃ  山本 忠敬  山本 忠敬   福音館書店  0歳から 
こどものとも0.1.2えほん。幼い男の子が喜ぶ車の絵本。     
ぶーんぶーん しろくまパパとあそぼう2 豊田 一彦 豊田 一彦 岩崎書店 1歳から
しろくまパパが子どもを飛行機みたいに抱っこして、お部屋の中を旅します。
* ぶかぶかティッチ パット・ハッチンス パット・ハッチンス 石井 桃子 福音館書店 3歳から
ティッチの服が小さくなったら、兄さんや姉さんがお古をくれます。でも、まだティッチにはぶかぶか。
ブサイク犬のなやみ  山村 アンジー  山村 アンジー    新風舎   
普通の家に普通の犬が普通に暮らしていると始まるのに、その犬がブサイクだという話。     
武士道  新渡戸 稲造    矢内原 忠雄  岩波文庫  大人向け 
英文で書かれた『武士道』の全訳本。巻末に人名索引および注があります。     
狂言えほん ぶす もとした いずみ ささめや ゆき 講談社
主人は出かける時、家来の太郎と次郎に「ぶす」という毒が入っている壷に近寄らないように言います。でも……。
ぶた飼いの王子さま ハンス・クリスチャン・アンデルセン ドロテー・ドゥンツェ ウィルヘルム きくえ 太平社  
小さな国の王子さまが、立派な国のお姫さまと結婚しようとバラと小鳥を贈りましたが、お姫さまは作り物が大好き。
ぶたさんいっかのやまのぼり 浅沼 とおる 浅沼 とおる   すずき出版  
ぶたさん一家が、山登りに出かけます。こぶたのお腹が空いたので、ぶたさんたちは急いで頂上を目指します。
ぶたさんちのばんごはん 渡辺 有一 渡辺 有一   佼成出版社  
こぶたくんはお父さんと魚釣りに行きました。赤くてでっかいタイを釣ろうと思ったら……。
ぶたたことんだ 鶴見 正夫 多々良 直樹   岩崎書店  
ぶたさんとたこさんが歌を歌っているうちに、空を飛んでいました。
* ぶたたぬききつねねこ 馬場 のぼる 馬場 のぼる   こぐま社 1歳から
しりとりしながらつながるおはなし。
* ぶたたぬききつねねこ その2 馬場 のぼる 馬場 のぼる   こぐま社 1歳から
しりとりになっているお話と、楽しい絵の本。
* ぶたのうたこさん ディック・ブルーナ ディック・ブルーナ 松岡 享子 福音館書店  
こぶたのうたこさんはきれい好き。朝早く起きて、家の中をお掃除します。
ぶたのたね 佐々木 マキ 佐々木 マキ   絵本館 4歳から
走るのがとても遅いおおかみがいました。1度でいいから、お腹いっぱいぶたを食べたくてたまりません。そこで……。
ぶたのぶたじろうさんは、いどをほることにしました。ぶたのぶたじろうさんシリーズA  内田 麟太郎  スズキ コージ    クレヨンハウス   
ぶたのぶたじろうさんのお話が3編。「はやいはやい」「サンタになりました」「いどほり」。     
ぶたのぶたじろうさんは、はげやまへのぼりました。ぶたのぶたじろうさんシリーズB  内田 麟太郎  スズキ コージ    クレヨンハウス   
ぶたのぶたじろうさんのお話が3編。「ナンジャソレハ」「マケズギライ」「ちきゅうのかどっこ」。     
ぶたのぶたじろうさんは、ふしぎなふえをふきました。ぶたのぶたじろうさんシリーズC  内田 麟太郎  スズキ コージ    クレヨンハウス   
ぶたのぶたじろうさんのお話が3編。「ハナハダシイ」「ヒゲモジャ」「ミエナイ」。     
ぶたのぶたじろうさんは、みずうみへしゅっぱつしました。ぶたのぶたじろうさんシリーズ@ 内田 麟太郎  スズキ コージ    クレヨンハウス   
ぶたのぶたじろうさんのお話が3編。「きになるなあ」「おおマス」「ないしょだよ」。     
ぶたのめいかしゅローランド ウィリアム・スタイグ ウィリアム・スタイグ 瀬田 貞二 評論社  
ローランドは、とても歌がじょうずです。友達に歌っていましたが、もっとたくさんの人に聞いてほしくて旅に出ました。
ぶたばんのおうじ ハンス・クリスチャン・アンデルセン ビョーン・ウィンブラード 山内 清子 ほるぷ出版  
小さな国を治めている貧乏な王子が、皇帝の娘に求婚しました。でも、娘は作り物にしか興味を持ちません。
ぶたぶたカフェ  矢崎 在美      光文社文庫   
朝食カフェ「こむぎ」は、山崎ぶたぶたさんが店長、同じお店が夜はバーになります。     
ぶたぶたくんのおかいもの 土方 久功 土方 久功   福音館書店 3歳から
お母さんにお買い物を頼まれたぶたぶたくん。初めてのお買い物は、じょうずにできるかな。
ぶたぶたこぶた 小野 里宴 太田 大八   福音館書店  
5匹のこぶたとお兄ちゃん。みんなでお散歩に行きましょう。途中でこぶたが泣いたので……。
ぶたぶたの甘いもの  矢崎 在美      光文社文庫   
住宅街の中にある稲荷神社の参道にある和菓子処しみずの店主は、ピンクのぶたのぬいぐるみです。     
文庫書下ろし&オリジナル/連作ファンタジー ぶたぶたのいる場所  矢崎 在美      光文社文庫   
ぶたぶたシリーズ3作目。海辺の高級リゾートホテルでバトラーをするぬいぐるみのぶたぶたさん。連作短編集です。     
ぶたぶたは見た  矢崎 在美     光文社文庫   
ぶたのぬいぐるみの山崎ぶたぶたが、家政夫になりました。     
ブタヤマさんたらブタヤマさん 長 新太 長 新太   文研出版  
蝶を取るのに夢中のブタヤマさん。後ろから何が来ても分かりません。ブタヤマさんたらブタヤマさん。後ろを見てよ。
豚を盗む 佐藤 正午 岩波書店 大人向け
1986年から2004年までに書いたエッセイや小説をまとめました。
ぶつかり体験記 銀色 夏生 銀色 夏生   角川文庫  
写経と座禅、前世療法、波動測定、断食ホテル、未来食サバイバルセミナーなど、いろいろ体験したことが書かれています。
ぶつかる! ぶつかる! 渡辺 茂男 渡辺 茂男   福音館書店  
自転車に乗れるようになったイノシシのいのっぺちゃん。交通ルールを知らないので、みんなにぶつかりそうになります。
シリーズ世界の宗教D 仏教の人びと ジョン・スネリング 河津 千代 リブリオ出版
お釈迦様が開いた悟りをもとに広まった仏教の人々の生活や宗教について、写真も豊富に使って説明しています。
ぶつぶついうのだあれ くまの子ウーフの絵本3 神沢 利子 井上 洋介   ポプラ社  
雨上がり、ウーフは外のどろんこ道で転んでどろだらけになりました。家に帰っても、お母さんはウーフだと分かりません。
ブッレブッセとまほうのもり シールス・グラネール ルイス・モー 山内 清子 徳間書店  
1900年初頭に出版されたノルウェーの絵本。5歳の誕生日に新しい服をもらったブッレブッセは、森へ出かけて行きました。
武道館  朝井 リョウ      文藝春秋   
女性アイドルグループの愛子は、幼いころから歌って踊ることが大好きでした。何かを選択することを考えさせられます。     
ぶどう畑のアオさん 馬場 のぼる 馬場 のぼる   こぐま社  
アオさんは青い馬。ある日夢の中で、アオさんはぶどう畑を見つけます。起きて夢のとおりに歩くと、本当にぶどう畑がありました。
ブナの森は生きている 甲斐 伸枝 甲斐 伸枝 福音館書店 小学1年生から
山本進一・監修。深い森は静かに見えても生と死があり、命の営みがあります。
ぶぶんぶんぶんしんぶんし 織田 道代 古川 タク   福音館書店 4歳から
本物の新聞紙の上に描かれた絵。新聞紙って、いろんなことに使えるのが分かります。
ブライディさんのシャベル レスリー・コナー メアリー・アゼアリアン 千葉 茂樹 BL出版  
1856年、新天地へ旅立つブライディさんは1本のシャベルを持って出かけました。
ブラザーイーグル、シスタースカイ 酋長シアトルからのメッセージ スーザン・ジェファーズ 徳岡 久生・中西 敏夫 JULA出版局  
昔からアメリカ大陸に住んでいたインディアン。ヨーロッパから移ってきた白人たちに迫害され、このメッセージを残します。
ぶらぶらさんぽ ゆうちゃんは2さい@ 徳永 満理・宮沢 晴子 徳永 満理・宮沢 晴子   アリス館  
保育園の2歳児が、みんなでぶらぶらお散歩します。
ぶらんこ乗り いしい しんじ 新潮文庫
わたしの弟はぶらんこがじょうずで、つくり話の天才。頭もすごくいい。ある日声をなくして、ノートに言葉を綴った。
ブリスさん  ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキン  ジョン・ロナルド・ロウエル・トールキン  田中 明子  評論社   
丘の上に住むブリスさんは、キリンウサギを飼っています。ある日、自動車を買いに行きましたが、そこからいろんな事件が起こります。     
ブルーシンジケート 穂村 弘 井筒 啓之   沖積舎  
歌集『シンジケート』から選りすぐった16首に、イラストがついた歌画集。文字だけで読み、自分一人で感じていた短歌の世界が広がります。
* ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん エルサ・ベスコフ エルサ・ベスコフ 小野寺 百合子 福音館書店 4歳から
プッテはお母さんの誕生日にブルーベリーとこけももをあげようと思いました。でも、見つからずに泣いていると……。
ブルくんダンプくん  谷 真介  山本 忠敬    偕成社   
ブルドーザーとダンプトラックの自慢話から、工事現場で働くいろいろな車のことがわかるお話。     
ブルくんとねずみくん 中江 嘉男 上野 紀子   ポプラ社 3歳から
ねずみくんがねこくんに追いかけられます。でも、逃げる先にはいつも犬のブルくんがいて……。しかけ絵本です。
ブルドーザーとなかまたち 山本 忠敬 山本 忠敬   福音館書店 2歳から
工事場で働く車がたくさん。男の子が大好きな絵本です。
ブレーメンのおんがくたい グリム童話 スズキ コージ 池田 香代子 ミキハウス  
年老いて役に立たなくなったロバ、犬、猫、雄鶏が、ブレーメンで音楽隊になろうと旅をします。
* ブレーメンのおんがくたい グリム童話 ハンス・フィッシャー 瀬田 貞二 福音館書店 5歳から
グリム童話に上品でかわいい絵がつきました。
文藝別冊[総特集]内田百 滑川 英達・編集     河出書房新社  
謎の作家・内田百閧ノついて、いろいろな人が論じています。
ポプラの木かげ・5 ブンダバー  窪島 リオ  佐竹 美保    ポプラ社  小学3年生から 
古道具屋のおしじさんが拾った箪笥から、口を利く猫ブンダバーが現れました。     
ポプラの木かげ・10 ブンダバー2  窪島 リオ  佐竹 美保    ポプラ社  小学3年生から 
ブンダバーは夏休みの前日、窓ガラスを掃除していて洗剤が目に入りました。おしじさんは、幼馴染の眼医者ポンちゃんのところに行きます。      
ポプラの木かげ・12 ブンダバー3  窪島 リオ  佐竹 美保    ポプラ社  小学3年生から 
親友のモモがオーディションを受けるので、ブンダバーはホルム芸術学院へ応援に行きます。     
ポプラの木かげ・13 ブンダバー4  窪島 リオ  佐竹 美保    ポプラ社  小学3年生から 
モモの家に招待されたブンダバー。家族の大歓迎を受け、病気のお姉さんルルと仲良しになります。     
ポプラの木かげ・15 ブンダバー5  窪島 リオ  佐竹 美保    ポプラ社  小学3年生から 
人の言葉が話せる猫のブンダバーは、人間の友達はたくさんいても、猫の友達はいませんでした。     
ポプラの木かげ・16 ブンダバー6  窪島 リオ  佐竹 美保    ポプラ社  小学3年生から 
大家族モモの妹ヒナナが1人で留守番をすることになり、古道具屋さんに泊まりに来ることになりました。     
ポプラの木かげ・18 ブンダバー7  窪島 リオ  佐竹 美保    ポプラ社  小学3年生から 
おしじさんとポンちゃんの幼馴染の船長が、ホルムの町に帰ってきました。船が着いた夜、不思議な光が目撃されて大騒ぎ。     
ポプラの木かげ・19 ブンダバー8  窪島 リオ  佐竹 美保    ポプラ社  小学3年生から 
幽霊のトパ王子とマイテ姫と一緒に遊ぶため、ブンダバーたちは昼夜逆転の生活を送ります。     
ポプラの木かげ・20 ブンダバー9  窪島 リオ  佐竹 美保    ポプラ社  小学3年生から 
おしじさんの幼馴染ポンちゃんと、編み物上手なサワンさんのデートのお話。     
ポプラの木かげ・23 ブンダバー10  窪島 リオ  佐竹 美保    ポプラ社  小学3年生から 
ブンダバーは、ホルムの町の友達猫が住んでいるところを知りません。みんなのご主人はどんな人なのでしょう。     
ブンダバーとなかまたち・9 ブンダバーと会ったなら  窪島 リオ  佐竹 美保   ポプラ社  小学3年生から 
ホルムの町に新住人が来ると、ブンダバーはおしじさんたちと一緒にご挨拶に行きます。     
ブンダバーとなかまたち・2 ブンダバーとタンちゃん  窪島 リオ  佐竹 美保    ポプラ社  小学3年生から 
生きているタンスのタンちゃんは、猫のブンダバーのベッド。でも、タンスとして中に大事なものをしまいたいと思います。    
ブンダバーとなかまたち・7 ブンダバーとにゃんにゃんにゃん  窪島 リオ  佐竹 美保    ポプラ社  小学3年生から 
ホルムの町のボス猫ホルムさんがぎっくり腰になりました。ブンダバーと友達6匹は、ボス猫代行になりました。     
ブンダバーとなかまたち・8 ブンダバーとネズミのワゴナー  窪島 リオ  佐竹 美保    ポプラ社  小学3年生から 
年に1度のストリート・リサイクル・デーで、おしじさんは古道具を仕入れます。今回拾ったものは……。     
ブンダバーとなかまたち・1 ブンダバーとモモ  窪島 リオ  佐竹 美保    ポプラ社  小学3年生から 
人の言葉が話せる猫ブンダバーと、親友の女の子モモ。大の仲良しだったのに、モモが恋をしています。     
ブンダバーとなかまたち・4 ブンダバーとわんわんわん  窪島 リオ  佐竹 美保    ポプラ社  小学3年生から 
サワンさんが買ってきた子犬のモヘア。一緒に住ませてもらっているブンダバーは、モヘアが大好きでたまりません。     
ブンダバーとなかまたち・5 ブンダバーのいってきま〜す!  窪島 リオ  佐竹 美保    ポプラ社  小学3年生から 
ゴーゾウ船長のマーメイド号に泥棒が入りました。盗まれたマーメード像を探しに、船長とブンダバー、タンちゃんが海を渡ります。     
ブンダバーとなかまたち・6 ブンダバーのただいま〜!  窪島 リオ  佐竹 美保    ポプラ社  小学3年生から 
マーメイド像を見つけたゴーゾウ船長たち。すぐに連れ帰れると思いましたが、ちょっと大変なことがありました。    
ブンダバーとなかまたち・3 ブンダバーのネコの手かします  窪島 リオ  佐竹 美保    ポプラ社  小学3年生から 
がけ崩れのために古道具屋も家もなくしたおしじさんたち。また家を建てるために、みんな一所懸命に働きます。     
ぶんぶくちゃがま 香山 美子 篠崎 三朗   教育画劇  
日本民話を明るく楽しい絵本にしています。
ぶんぶくちゃがま たんぽぽえほんシリーズ  西本 鶏介  飯野 和好    鈴木出版   
貧しいおじいさんを狸が茶釜に化けて助ける昔話を、品のない絵本にしました。     
ぶんぶんぶるるん バイロン・バートン バイロン・バートン 手島 悠介 ほるぷ出版 3歳から
蜂が牡牛をちくりと刺すと、牡牛はびっくりはねまわり、牝牛はご機嫌ななめになって……。
* プーあそびをはつめいする くまのプーさんえほん12 アラン・アレグサンダー・ミルン アーネスト・ハワード・シェパード 石井 桃子 岩波書店  
小川にかかる橋の上から棒を落として競争したのが、「プー棒投げ」の始まりでした。
プーあなにつまる・ふしぎなあしあと くまのプーさんえほん2 アラン・アレグサンダー・ミルン アーネスト・ハワード・シェパード 石井 桃子 岩波書店  
ウサギの家ではちみつを食べ過ぎたプーは、穴から出られなくなりました。
プーのゾゾがり くまのプーさんえほん3 アラン・アレグサンダー・ミルン アーネスト・ハワード・シェパード 石井 桃子 岩波書店  
クリストファー・ロビンが見たというゾゾを、プーとコブタがつかまえようとします。
プーのたのしいパーティー くまのプーさんえほん8 アラン・アレグサンダー・ミルン アーネスト・ハワード・シェパード 石井 桃子 岩波書店  
洪水からコブタを助けたプーのために、クリストファー・ロビンがパーティーを開きました。
プーのはちみつとり くまのプーさんえほん1 アラン・アレグサンダー・ミルン アーネスト・ハワード・シェパード 石井 桃子 岩波書店  
クリストファー・ロビンの友達くまのプーさんは、はちみつを手に入れるためにいろいろなことをします。
プーのほっきょくたんけん くまのプーさんえほん6 アラン・アレグサンダー・ミルン アーネスト・ハワード・シェパード 石井 桃子 岩波書店  
クリストファー・ロビンは北極(ノースポール)を発見しようと探検隊を結成しました。
* プー横丁にたった家 岩波少年文庫009 アラン・アレグサンダー・ミルン アーネスト・ハワード・シェパード 石井 桃子 岩波少年文庫 小学4年生から
『くまのプーさん』の続編。はねっかえりのトラーが加わりますが、クリストファーロビンは学校へ行き始めます。
プールーとセバスティアン ルネ・エスキュディエ ウリセス・ヴェンセル 末松 氷海子 セーラー出版  
プールーは緑の車の中、セバスティアンは青いマンションに住んでいます。ふたりはお母さんに「あの子と遊んじゃだめ」と言われます。
ぷかぷか 石井 聖岳 石井 聖岳   ゴブリン書房  
とてもいい天気で、どこまでが海か空か分からない日。タコは、もし空を飛べたらどうやって飛ぼうかと考えていました。
ぷくちゃんのすてきなぱんつ ひろかわ さえこ ひろかわ さえこ アリス館 2歳から
ぷくちゃんはお母さんにすてきなぱんつを買ってもらいました。
ぷっぷみみずく 赤星 亮衛 赤星 亮衛   岩崎書店  
みみずくは、夜になると森の見張りをします。小さな音にもよく気がつく、怒りっぽいみみずくです。
ぷてらのタクシー 斉藤 洋 森田 みちよ   講談社  
プテラノドンは空を飛ぶ恐竜。そこで、空飛ぶタクシーになることにしました。少ない文章と饒舌な絵。
プライベート 仕事・恋愛・好き・嫌い―悲しいのはなんでかな マーブルブックス言ノ葉絵本A 佐藤 真由美 高橋 信雄   発行・マーブルトロン 発売・中央公論新社  
歌人・佐藤真由美さんのデビュー短歌集。わたしの好きな歌は「悲しませないよう何かするたびにこっちが悲しいのはなんでかな」
プラスティック 井上 夢人 双葉社 大人向け
向井洵子の日記に始まり、数人の人間が証言していることは、どこか矛盾があり、恐怖を誘います。
プラスティック・ソウル 阿部 和重     講談社 大人向け
作家志望なのに1作も作品を完結させたことのないアシダイチロウ。巻末付録に福永信さんの「『プラスティック・ソウル』リサイクル」。
プラネタリウムのふたご いしい しんじ 講談社
プラネタリウムに捨てられていたふたごの男の子は、その時の投影にちなみテンペルとタットルと名づけられました。
プラリネク あるクリスマスの物語 アクセル・ハッケ ミヒャエル・ゾーヴァ 三浦 美紀子 三修社  
クリスマスに、父親が息子に物語を聞かせる。プラリネクは、チョコレートの箱の顔を持つロボットだった。
Prince Edward Island 世界でいちばん美しい島 葉祥明画集   葉 祥明   サンリオ  
プリンス・エドワード島の風景画と『赤毛のアン』の言葉を合わせた美しい画集。
プリンセス 稲葉 義明とF.E.A.R. 佐嶋 真実・他 新紀元社 大人向け
アンドロメダ、紫の上、ジュリエット、マリー・アントワネット、かぐや姫など様々なプリンセスについて書かれています。
プレーリータウン ボニー・ガイサート アーサー・ガイサート 久美 沙織 BL出版  
プレーリータウンは大平原の町。この町で暮らす人の1年を細かく描いています。
プレゼントはなあに? 高畠 純 高畠 純   絵本館  
冬、ペンギンは動物たちにあげるプレゼントをつくっています。雪だるまは、何をつくっているのかなと思っていました。
プンクマインチャ ネパール民話 秋野 亥左牟 大塚 勇三・再話 福音館書店 4歳から
プンクマインチャはネパールの女の子。継母にいじめられていると、やぎのドーン・チョーレチャが食べ物をくれました。