Library み 

書名

出版社

対象年齢

ミイラくんあそぼうよ 西川 おさむ 西川 おさむ PHP研究所 4歳から
ツトムは犬のペスと一緒に港へ行った。そこで大エジプト展で飾られる子どものミイラを見つけた。
みえないってどんなこと? いのちのえほん12  星川 ひろ子  星川 ひろ子・写真    岩崎書店   
視覚障害のあるめぐみさんが、盲導犬と一緒に幼稚園にやってきました。子どもたちも見えないことを体験します。     
見えない配達夫 茨木 のり子     童話屋  
1958年に出版され絶版となっていた詩集が、童話屋から復刊されました。今読んでも新鮮な詩があります。
* みえる詩あそぶ詩きこえる詩  波瀬 満子・編  飯野 和好    冨山房   
さまざまな詩人の言葉遊びの詩を集め、楽しい絵をつけました。     
みかん  中島 睦子  中島 睦子    福音館書店  4歳から 
こうやすすむ・監修。おいしいみかんの秘密がわかります。     
こども文学館 おまかせ探偵局 身がわりロマンチック  薫 くみこ  若菜 等    ポプラ社  小学3年生から 
仲良しの小学6年生の女の子5人でつくるおまかせ探偵局。チーコは自分とそっくりの男の子に身代わりを頼まれます。シリーズ6作目。     
三木卓詩集1957-1980  三木 卓      れんが書房新社  大人向け
1957年に初めて活字化された「支度のときに」から1980年の「二人」に至る期間に書いた詩をまとめたものです。634ページあります。     
おはなしガーデン18 なんでも魔女商会10 三毛猫一座のミュージカル あんびる やすこ  あんびる やすこ    岩崎書店   
学校の発表会でシンデレラの代役をすることになったナナ。同じ頃、三毛猫一座のミュージカルが森にやってきました。     
三崎日和 いしいしんじのごはん日記2 いしい しんじ 新潮文庫
ネットで連載されていた2003年1月1日から2003年12月31日までの日記。
みさきめぐりのとしょかんバス 松永 伊知子 梅田 俊作   岩崎書店  
北海道のノサップ岬に、クマおじさんとみっちゃんは図書館バスで本を届けます。
* みしのたくかにと  松岡 享子  大社 玲子    こぐま社   
ふとっちょおばさんが台所で見つけた小さな黒い種。何かわからないけれど、とにかく楽しみにして撒いてみましょう。     
ミシュカ マリイ・コルモン ジェラール・フランカン 末松 氷海子 セーラー出版  
1941年に出版されたロジャンコフスキーの絵の「ミシュカ」をもとに描かれた絵本。
見知らぬ町ふしぎな村 安房直子コレクション2 安房 直子     偕成社  
「魔法をかけられた舌」「空にうかんだエレベーター」「ひぐれのお客」「ふしぎな文房具屋」「猫の結婚式」など15の短編とエッセイ。
みじかいねながいね フランク・アッシュ フランク・アッシュ   小学館  
短いものと長いものが次々に出てくる「ひらくとびっくり、のびちぢみ絵本」です。
ミスタードッグ ぼくはぼくだけのぼく マーガレット・ワイズ・ブラウン ガース・ウィリアムズ 木本 栄 講談社 3歳から
誰のペットでもない老犬「クリスピンのクリスピン」は、ある日ひとりぼっちの男の子ジミーに会いました。
みず 長谷川 摂子 英 伸三・写真   福音館書店 4歳から
いろんなところにある水。やさしかったり、おそろしかったり。
みず 五味太郎の絵本8 五味 太郎 五味 太郎   絵本館  
涙の小さな水。海の大きな水。湖の静かな水。噴水の踊る水。いろんな水。
おおきなしぜんちいさなしぜん《かがく》E みず 塚本 治弘・指導  内藤 貞夫・茶々 あんこ・絵 ジャンプデザイン・岩尾 和彦・写真    フレーベル館   
生き物に欠かせない水について、絵や写真で教えてくれます。     
みずあびどろあびいいきもち  薮内 正幸  薮内 正幸    福音館書店   
動物たちは水浴びや泥浴びが大好き。     
みずいろのながぐつ 森 比左志 西巻 茅子   金の星社  
雨の日が嫌いなこうちゃん。幼稚園から帰る時、水色の長靴の片っぽがなくなってしまいました。
みずうみ いしい しんじ 河出書房新社 大人向け
3章からなる物語は一見別のようですが、深いところで繋がっています。
みずうみ よしもと ばなな     フォイル  
複雑な過去を抱えた中島くんと壁画描きのちひろの、重いけれどもすてきな物語。
世界の絵本 みずうみのたから  イワン・ガンチェフ  イワン・ガンチェフ  三木 卓  講談社   
誰も知らない月の湖には、たくさんに宝石があります。キラキラする月は、印象的です。     
水木しげるの不思議旅行  水木 しげる  水木 しげる    サンケイ出版  大人向け
『月刊小説』昭和52年1月号〜53年8月号に掲載された文章に加筆した、22章の不思議なお話。     
みずくさむらとみずべむら カズコ・G・ストーン カズコ・G・ストーン 福音館書店
「こどものとも」580号。みずくさ村には小さな虫たちが住んでいました。ある日、大雨が降って、みずくさ村の虫たちはどろんこに流され……。
月刊予約・科学絵本「かがくのとも」通巻426号 みずたまりにやってきた  細川 剛  細川 剛・写真    福音館書店   
2004年9月号。みずたまりにやってくるのは、犬、雲、夜、朝日、草の芽などなど。     
* みずたまレンズ  今森 光彦  今森 光彦・写真    福音館書店  4歳から 
小西啓之・デザイン。雨や露、池などの水玉を美しい写真絵本で表現しています。     
みずであそぼう はじめてであう科学あそびと実験5 小林 実 本多 清雄   福音館書店 4歳から
水をつかって遊ぼう。本のとおりにやってみると、楽しみながら科学に興味がもてます。
水のえほん 三好 碩也 三好 碩也   草土文化  
一粒の水が、様々に形を変える様子を描いています。
フリズル先生のマジック・スクールバス 水のたび  ジョアンナ・コール  ブルース・ディーギン  藤田 千枝  岩波書店   
担任のフリズル先生は変な先生。学校のクラス遠足でみんなを浄水場に連れて行くと言いますが……。     
月刊予約・科学絵本「かがくのとも」通巻521号 みずのたび  今森 光彦  今森 光彦・写真    福音館書店   
2012年8月号。森に降った雨が少しずつ集まって川になる様子の写真絵本です。     
水の旅 エレノア・シュミット エレノア・シュミット 草山 万兎 西村書店  
水の粒、雪、小川、滝などに変化してやがて海に行き、また空へ帰る水の旅が美しい絵で描かれています。
みずのなかのちいさなせかい 三芳 悌吉 三芳 悌吉   福音館書店  
池の水の中には、目に見えないくらい小さな生き物がたくさんいます。顕微鏡で覗いてみましょう。
地球・いのちの星 水のミーシャ 堤 江実 出射 茂 清流出版
功刀正行・解説。かけがえのない地球の水を大切にしましょう、という絵本。
みずをかぞえる 安野 光雅 安野 光雅   福音館書店  
遠山啓・監修。形のない水は、どうやって数えたらいいかな。とても分かりやすく描かれています。
ミセス・サンタはおおいそがし ペニー・アイブス ペニー・アイブス 岩崎 宏美 文渓堂  
クリスマスの近いある日、サンタクロースとトナカイの体に赤いぽつぽつができました。それからミセス・サンタは大忙しです。
ミセス・サンタはおおいそがし  ペニー・アイブス  ペニー・アイブス  益田 宏美  文溪堂   
クリスマスの近いある日、サンタクロースとトナカイの体に赤いぽつぽつができました。それからミセス・サンタは大忙しです。     
みちくさ一年生 阿萬 紀美子 門田 律子   講談社 小学1年生から
1年生になったばかりのなおこちゃんとたえちゃんは、一緒に学校に行きます。ある日、ちょうちょを追いかけていたら……。
道の途中で 青木 景子 内田 新哉   サンリオ  
少女だった頃、いろいろなことに悩んでいた頃が思い出される詩です。
ミッキーのおはなし絵本Hミッキーとどうぶつえん 出井 正子 講談社 2歳から
ディズニーゴールド絵本。ミッキーマウスを主人公にしたお話。
ミッケ! ジーン・マルゾーロ ウォルター・ウィック・写真 糸井 重里 小学館  
「いつまでもあそべるかくれんぼ絵本」。たくさんのものたちの中から、いろんなものを見つけてね。
ミッケ! 2 びっくりハウス ジーン・マルゾーロ ウォルター・ウィック・写真 糸井 重里 小学館  
「おとなもこどももあそべるかくれんぼ絵本」。ピエロや動物たちの中から、いろんなものを見つけよう。
ミッケ! 3 クリスマス ジーン・マルゾーロ ウォルター・ウィック・写真 糸井 重里 小学館  
「みんなであそべるかくれんぼ絵本」。おもちゃ箱をひっくり返したような写真の中から、クマやサンタを探します。
ミッケ! 4 ミステリー ジーン・マルゾーロ ウォルター・ウィック・写真 糸井 重里 小学館  
「たんていになってあそぼう かくれんぼ絵本」。根気よく見つけてください。
ミッケ! 5 ファンタジー ジーン・マルゾーロ ウォルター・ウィック・写真 糸井 重里 小学館  
積み木の町、森の奥、ロケット発射、夜空を飛ぶ……などのファンタジーの世界でミッケ!
ミッケ! 6 ゴーストハウス ジーン・マルゾーロ ウォルター・ウィック・写真 糸井 重里 小学館  
「怖いけどおもしろいかくれんぼ絵本」。みんな見つけられるかな。
ミッケ! 7 たからじま ジーン・マルゾーロ ウォルター・ウィック・写真 糸井 重里 小学館  
「わくわくさせるかくれんぼ絵本」。いろんな方向から撮られた宝島の写真。
ミッケ! 8 がっこう ジーン・マルゾーロ ウォルター・ウィック・写真 糸井 重里 小学館  
「あたらしくてなつかしいかくれんぼ絵本」。学校で使うものも、とてもカラフル。
みつけたものとさわったもの  ウィルとニコラス  ウィルとニコラス  晴海 耕平  童話館書店   
2匹の犬が1本の骨を掘り当てました。先に見つけた、触ったと言い合い、いろいろな人などに決めてもらおうとします。     
おはなしのたからばこ12 [グリム童話] みっけちゃん つつみ あれい つつみ あれい フェリシモ出版
「みつけどり」として語られるグリム童話をかわいらしいおはなしに書き換えました。
みつけたぞぼくのにじ ドン・フリーマン ドン・フリーマン 大岡 信 岩波書店 4歳から
幼い男の子が虹を見つけて捕まえようとする様子を描いています。
みつけたよ 結城 昌子 岩崎 ちひろ   小学館  
ちひろが描いた花の絵を季節ごとに並べて1つの物語をつくりました。
みつこちゃんのむら 熊谷 元一 熊谷 元一 福音館書店
「こどものとも」71号の復刻版。農家の1年を、みつこちゃんを中心に描いています。
みつこととかげ 田中 清代 田中 清代 福音館書店
みつこのとかげは青色しっぽ。ある日、みつこは小さくなって、一緒にとかげの国に行きました。
子どもとお母さんのおはなし 三つ子のこぶた  中川 李枝子  山脇 百合子    のら書店   
まきば村の三つ子のこぶた、まきお、ぶんた、はなこのかわいいお話。     
みつごやまのおに 小川 陽 小川 陽   岩崎書店  
都を目指して歩いていた貧しい夫婦が、変な手紙を拾います。この土地を一所懸命耕せば、くれるというのですが……。
みっつのなぞ 山形の民話 平山 英三 武田 正・再話 福音館書店
昔、長者が一人娘の婿を探すため、三つの謎を解いた男を婿にすることに決めました。
みっつのねがいごと マーゴット・ツェマック マーゴット・ツェマック 小風 さち 岩波書店  
貧しい夫婦が助けた小鬼に3つの願いごとを叶えてもらう昔話風のおはなし。
おおきなしぜんちいさなしぜん《こんちゅう》Cみつばち  吉田 忠晴・指導  斎藤 光一・米山 永一・絵 NNP・七尾企画・名智 健二・山本 紀之・写真    フレーベル館   
みつばちについて、幼い子にもわかるように書いています。解説は大人が説明してあげてください。     
ミッフィーのおばけごっこ ブルーナのおはなし文庫24 ディック・ブルーナ ディック・ブルーナ 角野 栄子 講談社  
ミッフィーはおばけごっこがしたくなりました。お母さんがシーツをかけてくれると、おばけそっくりになりました。
ミッフィーのたのしいびじゅつかん ブルーナのおはなし文庫R ディック・ブルーナ ディック・ブルーナ 角野 栄子 講談社  
ミッフィーはお父さん、お母さんと一緒に、美術館に行きました。
みつばちみつひめ てんやわんやのおてつだいの巻 秋山 あゆ子  秋山 あゆ子    ブロンズ新社  
みつばちのみつひめは、仕事をしたくてたまりません。細かく描かれた絵を楽しみます。     
みつめあえば 内城 文恵 おおた 慶文   サンリオ 大人向け
いろいろな恋の詩がありますが、内城さんの書く世界はとても激しいものが多いように感じます。
みててねおじいちゃん 藤田 千津 長谷川 知子   文研出版  
ぼく、おじいちゃんに見ててもらうと、何でもできるんだ。自転車もスキップも逆上がりも。でも、ある日おじいちゃんが倒れた。
みてみよう―こんちゅうのからだ― 得田 之久 得田 之久   福音館書店 4歳から
蟻を中心に、いろいろな昆虫の体の部分を拡大して見せてくれます。足、触覚、目、口、腹、羽など、それぞれ違います。
* みてるよみてる マンロー・リーフ マンロー・リーフ 渡辺 茂男 学習研究社 4歳から
ちらかしや、みせたがり、ゆびなめまぬけなどを、ものみどりが見ています。君のことも、しっかりと見られていますよ。
みどりいろのたね 高楼 方子 太田 大八 福音館書店 小学1年生から
まあちゃんのクラスで、畑に豆の種を蒔くことになりました。まあちゃんは、種と一緒にメロン飴も一緒に埋めました。
みどり色のつりがね オトフリート・プロイスラー ヘルベルト・ホルツィング 中村 浩三 偕成社  
ロシア民話の再話。昔、ロシアにいたイワンというお百姓が、畑で緑色の釣鐘を見つけました。
みどりいろのにちようび 川北 亮司 長 新太   草土文化  
よしこちゃんは、明日のまさおくんの誕生日に何をあげるか悩んでいました。その時、電話がかかってきて……。
みどりいろのバス ジョン・シャロン ジョン・シャロン こだま ともこ ほるぷ出版  
古くなった緑色のバスが、森の中に捨てられました。バスを見つけたジェーンとスティーブンは、そこに住むことに決めました。
* みどりおばさん、ちゃいろおばさん、むらさきおばさん エルサ・ベスコフ エルサ・ベスコフ 菱木 晃子 福音館書店 5歳から
いつも緑の服を着ているみどりおばさん、茶色の服を着ているちゃいろおばさん、紫の服を着ている紫おばさんのお話。
ミドリがひろったふしぎなかさ 岡野 かおる子 遠藤 てるよ   童心社  
ミドリは公園で透明に赤い水玉のついた傘を拾いました。開いてみると、不思議な景色が見えました。
みどりの馬 モンゴルの創作民話 ジャンビーン・ダシドンドク 稲田 善樹 大竹 桂子 てらいんく  
大地の王ダーダイハーンは、空の王フフデイハーンに、優秀な灰色の馬を贈りました。でも、この馬は……。
 岩波の愛蔵版45 みどりの小鳥―イタリア民話選―  イタロ・カルヴィーノ エマヌエーレ・ルッツァーティー  河島 英昭  岩波書店 小学3年生から 
小さな子どものための話、女の子のための話、恐ろしい話、おかしな話などたくさんのイタリア民話。     
みどりのしっぽのねずみ かめんにとりつかれたねずみのはなし レオ・レオニ レオ・レオニ 谷川 俊太郎 好学社  
森の奥に住む野ねずみたちは、町ねずみから「マルディ・グラ」というパーティのことを聞いて、自分たちもやってみることにしました。
みどりのホース 安江 リエ 柳生 弦一郎 福音館書店 3歳から
暑い日。けんたはベランダに置いてある緑色のホースに、散歩に出かけようと声をかけられます。
みどりの目 エイブ・バーンバウム エイブ・バーンバウム 星川 菜津代 童話館出版  
真っ白くて長いひげをした「みどりの目」という名の猫。もうすぐ1歳になる。春夏秋冬、みんな好き。
みどりの森はだれのもの マリー・マルクス マリー・マルクス 若林 ひとみ さ・え・ら書房  
生物のザンダース先生は自然が大好き。5年B組の子どもたちと教育実習生のペーター先生は、森を守ろうとします。
岩波ものがたりの本2 みどりのゆび  モーリス・ドリュオン  ジャクリーヌ・デュエーム  安東 次男  岩波書店  小学2年生から 
お金持ちの少年チトは学校に行かず、家で勉強を教わります。チトは庭師のひげさんと仲良くなります。     
みなまた海のこえ 石牟礼 道子 丸木 俊・丸木 位里   小峰書店  
水俣病のことをきつねを中心に描いています。
みなみからきたつばめたち 乾 冨子 竹山 博 福音館書店
「こどものとも」14号の復刻版。オーストラリアから日本まで飛ぶつばめたちのお話。
みなみのしまのサンタクロース 斉藤 洋  高畠 純    佼成出版社   
南の島のサンタクロースは、北国のサンタクロースとはだいぶ違います。     
みにくいあひるの子 ハンス・クリスチャン・アンデルセン スベン・オットー・S 木村 由利子 ほるぷ出版 4歳から
あひるのお母さんが抱いていた卵から、たくさんのひなが生まれました。1匹だけ大きくてみにくい子がいました。
みにくいあひるの子 ハンス・クリスチャン・アンデルセン ヨゼフ・パレチェク 山内 清子 偕成社  
原作を完訳した作品。絵はパステルやガッシュ、スクラッチなど多彩な画材と技法を駆使しています。
みにくいあひるの子 ハンス・クリスチャン・アンデルセン・原作 ロバート・イングペン 角野 栄子・文 小学館  
アンデルセンのお話を訳すのではなく、自分の文として角野さんが書き変えてしまった本。絵はきれいです。
えほん世界のおはなしDみにくいあひるの子  間所 ひさこ  バーナデット・ワッツ    講談社   
絵はきれいなので、文章もアンデルセンのものをきちんと訳してほしいです。     
* みにくいおひめさま  フィリス・マッギンリー  中川 宗弥  間崎 ルリ子  瑞雲舎   
1968年に学研から出版されていた本が復刊されました。訳文を見直し、修正されています。     
みにくいシュレック ウィリアム・スタイグ ウィリアム・スタイグ 小川 悦子 セーラー出版  
みにくい両親から生まれたシュレックは、みんなが逃げて行くほどみにくい子。でも、みにくい娘をお嫁さんにしようと……。
みにくいむすめ レイフ・マーティン デイヴィッド・シャノン 常盤 新平 岩崎書店  
インディアンのアルゴン族に伝わるシンデレラ物語。見えない人が見える娘が、その人と結婚できるというので……。
みのむしがとんだ 徳田 之久 徳田 之久   童心社  
枝などで見かけるみのむしは、どんな虫なのでしょう。
みほといのはなぼうず 筒井 頼子 山内 ふじ江 福音館書店
みほは、おばあちゃんと猫のおじろと一緒に、きのこ取りに行きました。でも、きのこはなかなか見つかりません。
ミミーの耳 富永 秀夫 富永 秀夫   フレーベル館  
うさぎの子は嘘を吐くと、耳が長くなるといいます。ミミーは嘘ばかり吐いていたので……。
みみずくと3びきのこねこ かえでがおか農場シリーズ アリス&マーティン・プロベンセン アリス&マーティン・プロベンセン 岸田 衿子 ほるぷ出版 4歳から
かえでがおか農場の木が倒れ、そこに住んでいたみみずくの赤ちゃんを子どもたちが育てることになりました。
ミミズくんのにっき  ドリーン・クローニン  ハリー・ブリス  もりうち すみこ  朔北社   
ミミズが書いた絵日記という形式の絵本。     
みみずのオッサン 長 新太 長 新太   童心社  
「オッサン」という名前のみみずが散歩に出たら、ヌルヌル、ベトベトのものに出会いました。
詩はともだち みみずのたいそう  市河 紀子・編  西巻 茅子    のら書店   
神沢利子、岸田衿子、工藤直子、阪田寛夫、谷川俊太郎、まどみちお、与田凖一の幼い子向けの詩46編を収録。     
みみちゃんとヤギのビケット フランソワーズ・セニョーボ フランソワーズ・セニョーボ 内藤 里永子 徳間書店  
元気のないみみちゃんは、お医者さんにヤギのお乳を飲むように言われます。みみちゃんのお母さんは、ヤギのビケットを買いました。
ミミちゃんのねんねタオル  アンバー・スチュアート  レイン・マーロウ  笹山 裕子  徳間書店   
うさぎのミミちゃんは、もう大きくなったのに、ねんねタオルが手放せません。     
耳と文章力 上手な文章を書く秘訣 丸山 あかね 講談社
「絶対文章感」ともいえる才能は、はたして存在するのでしょうか。
ミミ&リリ哲学の冒険  本田 有明      毎日新聞社  大人向け
私立高校倫理教師と生徒たちが哲学について考える読み物。     
耳に貝をあてると海の音  鹿島 和夫・編  葉 祥明    理論社   
『一年一組せんせいあのね』『続一年一組せんせいあのね』より抜粋、編集しました。     
耳猫風信社 長野 まゆみ 山口 マオ 光文社
11歳になったぼくは日記を書こうと思って日記帳を買いに行った。いつもの店ではなく、初めて行った隣町で……。
みみのはなし  設楽 哲也  古川 タク    福音館書店   
音がどうやって聞こえるか、耳のしくみがどうなっているかなど、幼い子にもわかりやすく書かれています。     
ミミヨッポ 広井 法子 広井 法子   BL出版  
ミミヨッポはひとりぼっちのうさぎ。ある日、水を汲みに行くと、古井戸の中からミミヨッポを呼ぶ声が聞こえました。
みみをすます 谷川 俊太郎 柳生 弦一郎   福音館書店 小学3年生から
子供向けの6篇の長めの詩がひらがなで掲載されています。声に出して読みたくなります。
ミモザの微笑 渡辺 藤一 渡辺 藤一   サンリオ  
パステルの美しい絵と、愛についてのエッセイ。
宮尾本 平家物語 一 青龍之巻 宮尾 登美子 朝日文庫 大人向け
2001年6月朝日新聞社より刊行された単行本の文庫版です。
宮尾本 平家物語 二 白虎之巻 宮尾 登美子 朝日文庫 大人向け
2002年4月朝日新聞社より刊行された単行本の文庫版です。
宮尾本 平家物語 三 朱雀之巻  宮尾 登美子      朝日文庫  大人向け 
2003年4月朝日新聞社より刊行された単行本の文庫版です。    
宮尾本 平家物語 四 玄武之巻  宮尾 登美子      朝日文庫  大人向け 
2004年4月朝日新聞社より刊行された単行本の文庫版です。     
宮本武蔵 千葉 幹夫 石井 滴水   講談社  
新・講談社の絵本17。戦時中に出版された絵本シリーズを新装復刊しました。
みゆきちゃんまちへいく 水口 健 坂本 直行 福音館書店
「こどものとも」59号の復刻版。『かいたくちのみゆきちゃん』の続編。春に1年生になるみゆきちゃんは、札幌へランドセルを買いに行きます。
ミラクルバナナ ジョルジュ・キャストラ ロドニィ・サン・エロワ ルイジアーヌ・サン・フルラン 加古 里子 学習研究社  
バナナの紙でできた、バナナの本。食べておいしく、紙にもなるバナナ。バナナって、すごい。
* みらくるミルク 中西 敏夫 米本 久美子 福音館書店
月刊「たくさんのふしぎ」1996年2月号(第131号)。人間は動物のお乳でいろいろな食べ物をつくっていることがわかります。
ミリーのすてきなぼうし 喜多村 惠  喜多村 惠    BL出版   
ミリーは帽子屋さんですてきな帽子を見つけました。でも、お金が全然ありません。帽子屋さんは想像の帽子を売ってくれました。     
* ミリー・モリー・マンデーとともだち ジョイス・L・ブリスリー  菊池 恭子  上條 由美子  福音館書店  5歳から 
元気な女の子ミリー・モリー・マンデーのかわいいお話が10話載っています。     
* ミリー・モリー・マンデーのおはなし ジョイス・L・ブリスリー  菊池 恭子  上條 由美子  福音館書店  4歳から 
小さな女の子ミリー・モリー・マンデーのかわいいお話が12編収録されています。     
みるくぱんぼうや  神沢 利子  田畑 精一    あかね書房   
台所にいたミルクパンのぼうやは、ある日旅に出ることにしました。     
みるなのくら   赤羽 末吉 小澤 俊夫・再話 福音館書店 4歳から
山で迷った若者が、ある屋敷にひと晩泊めてもらうことにしました。美しいあねさまは「12番目の倉は見ないように」と言います。
ミロとしましまねずみ マーカス・フィスター マーカス・フィスター 谷川 俊太郎 講談社  
光る石のあるがけの島に住むねずみのミロは、仲間と航海に出ました。幸せな終わりと悲しい終わりの2通りの結末のある絵本。
ミロとまほうのいし マーカス・フィスター マーカス・フィスター 谷川 俊太郎 講談社  
ミロは海の真ん中にある島に住むねずみ。ある時、光る石を見つけました。幸せな終わりと悲しい終わりの2通りの結末のある絵本。
みんな赤ちゃんだった 鈴木 まもる 鈴木 まもる   小峰書店  
生まれたばかりから3歳くらいまでの赤ちゃんの様子が、細かく描かれています。
みんないきているみんなでいきてる ANIMALS ANIMALS 工藤 直子 エリック・カール   Maruzen Mates  
たくさんの生き物たち。みんな地球の上で暮らす仲間たち。
みんなうたってる 杉田 豊 杉田 豊   至光社  
いつだって、地球のどこかで誰かが歌ってる。人間だけじゃなくて、動物たちも……。
* みんなうんち 五味 太郎 五味 太郎   福音館書店 4歳から
子供が大好きで、大事な「うんち」。生き物は食べるから、みんなうんちをするんです。恥ずかしいことではありません。
みんなおおあくび  薮内 正幸  薮内 正幸    福音館書店   
いろんな動物たちがおおあくびをしています。     
みんなおそろい 山脇 恭 末崎 茂樹   偕成社  
うさぎくんは、今日から幼稚園に行きます。たんぽぽ色のスモックを着て歩いていると、同じ服の友達に会います。
みんなおっぱいのんでたよ 木坂 涼 木村 しゅうじ   福音館書店 2歳から
大きくなって自分でえさが獲れました。でも、哺乳動物は赤ちゃんの時はみんなおっぱいを飲んでいました。
みんなおなじでもみんなちがう  奥井 一満  得能 通弘・写真    福音館書店  4歳から 
小西啓之・AD。文章は題名と同じ言葉だけ。アサリ、ヒマワリの種、ウズラの卵など、みんな同じでも模様などはみんな違います。     
みんなおはよう あーあーもりのはりねずみ一家 土田 義晴 土田 義晴   佼成出版社  
冬眠中のはりねずみ一家。でも、チクチクは眠れずに外に出てみました。春の匂いがしています。
みんなおやすみ ミラ・ギンズバーグ ポール・ゼリンスキー 大庭 みな子 ほるぷ出版 4歳から
お日様が寝て、風が寝て、葉っぱが寝て、小鳥が寝て……。みんな静かに眠ります。
みんなおやすみ…  和木 亮子  井本 蓉子    金の星社   
読売新聞社主催の創作童話コンテスト大賞受賞の童話を元にした絵本。     
みんながいこつ  田中 弘子  田中 靖夫    偕成社   
子どもの落書きのような骸骨たちが楽しく遊んでいます。     
みんながおしえてくれました 五味 太郎 五味 太郎   絵本館 3歳から
歩き方は猫に。飛び越え方は犬に。登り方はさるに教えてもらいました。ほかにもいろんなことを、みんなが教えてくれます。
みんながおしゃべりはじめるぞ 伊東 寛 伊東 寛   童心社  
かくれんぼしていると、石が話しかけてきた。木も、滑り台も、池の手摺も、耳を澄ますとみんなおしゃべりするんだ。
みんなげんきで七五三 くりのきえんのおともだち11 寺村 輝夫 井本 蓉子   あかね書房  
くりのきえんの子どもたちが栗拾い。その時、わんきちくんのズボンのボタンがはじけてしまいました。
みんなちきゅうのなかまたち イングリット&ディーター・シューベルト イングリット&ディーター・シューベルト 横山 和子 光村教育図書  
地球には昆虫、爬虫類、両棲類、鳥類、哺乳類など、たくさんの種類の動物が暮らしています。
みんなであそぶわらべうた 近藤 信子・編・遊び方指導 梶山 俊夫   福音館書店 2歳から
昔ながらのわらべうたを、楽譜と遊び方指導付きで楽しく描いた本。
みんなでうみへいきました 山下 明生 梶山 俊夫   ポプラ社  
元気ないたちの子6匹が、どろんこになりました。家に入れてもらえないので、海へ行くことにしました。
みんなでおちゃづくり 笠野 裕一 笠野 裕一 福音館書店 4歳から
ぼくは、おじいちゃんとおばあちゃんの作ってくれたお茶が大好き。今年はお手伝いに行きました。
みんなでおみせやさん のびのびノンちゃんB 角野 栄子 小堤 一明   ポプラ社  
キャラクターデザインは黒井健さん。NHK教育の「のびのびノンちゃん」の絵本版です。
みんなでしようよ 小林 純一 岩崎 ちひろ 福音館書店
「こどものとも」16号の復刻版。転んでけがをしても、花の種を蒔いても、遊ぶのも、みんなと一緒だといいね。
みんなでつくったクリスマス・ツリー キャロライン・ベイリー 河本 祥子 上沢 謙二 福音館書店 4歳から
クリスマスの前に罠にかかって足をけがしたうさぎ。ツリーが立てられないので、森の動物たちが……。
みんなでね まついのりこあかちゃんのほん 松井 紀子 松井 紀子 偕成社 0歳から
男の子、象、猫、かたつむり、蟻、風船。朝から夜までみんなで一緒。
みんなでりょこうにいきました おばあちゃんだいすき2 伊勢 英子 伊勢 英子   偕成社  
おじいちゃんやおばあちゃんと一緒に山のペンションに泊まりに行く楽しさを描いた絵本。
みんななにがすき? 沢野 ひとし 沢野 ひとし   福音館書店 3歳から
動物たちが、自分たちの好きなものやことを教え合っています。でも、ライオンさんは「教えない」と言います。
みんなのうみ 前田 亘輝・林 柳波 なかむら みつる   サンクチュアリ出版  
NHK「みんなのうた」2006年6、7月の歌「みんなのうみ」を元にした絵本。途中に、童謡「海」の歌詞もあります。
みんなのかお  戸田 杏子  佐藤 彰・写真    福音館書店  5歳から 
動物園で見られる動物たち。同じ種類でもこんなに顔が違うと驚きます。     
みんなのこもりうた トルード・アルベルチ 中谷 千代子 石井 桃子 福音館書店  
海の動物も山の動物も、みんな眠る時には誰も子守り歌を歌ってやりません。でも、人間の赤ちゃんには……。
みんなのスッキリ!  上大岡 トメ  上大岡 トメ    幻冬舎   
『スッキリ! たった5分間で、余分なものをそぎ落とす方法』で募集した「あなたの『スッキリ!』」。     
みんなのためのルールブック あたりまえだけど、とても大切なこと  ロン・クラーク  北砂 ヒツジ  亀井 よし子  草思社   
『あたりまえだけど、とても大切なこと』をもとに作られた50のルールが、かわいいイラスト入りで紹介されています。     
みんなのなやみ よりみちパン!セ01  重松 清  100%ORANGE/及川 賢治    理論社  中学生から 
理論社のサイト「10代の悩み相談室」コーナーにメールで寄せられた質問・相談に答えます。     
みんなのなやみ2 よりみちパン!セ12  重松 清  100%ORANGE/及川 賢治    理論社  中学生から 
理論社のサイト「10代の悩み相談室」コーナーにメールで寄せられた質問・相談に答えます。     
みんなのベロニカ かばのベロニカシリーズ2 ロジャー・デュボアザン ロジャー・デュボアザン 神宮 輝夫 佑学社  
パンプキン農場にやって来たかばのベロニカ。たくさんの動物がいて楽しそうだと思ったのに、みんなは話をしてくれません。
* みんなの幽霊ローザ  クリスティーネ・ネストリンガー  クリスティーネ・ネストリンガーJr.  若林 ひとみ  岩波書店  小学5年生から 
ナスティは怖がり屋。友達のティナが怖がりでないのは、守護天使がいるからです。ある日、ナスティに守護幽霊のローザが現れました。     
みんなびっくり 長 新太 長 新太   こぐま社 3歳から
お昼寝しているぞうのお尻に、いたずらこざるが落書きしたら……。
みんなぼくのもの!  ネーレ・モースト  アネット・ルードルフ  池田 香代子  西村書店   
よくばりなからすは、森の動物たちの物をどんどん横取りしてしまいます。     
みんなみーつけた 岸田 衿子 山脇 百合子   福音館書店 2歳から
なかよしがかくれんぼ。男の子が鬼。「もういいかーい?」「まーだだよー」みんな、どこに隠れたのかな?
みんなみんなねむっている ハンス・バウマン エリカ・ディーチュ・カペレ 乾 冨子 評論社
いろんな動物の子どもたち。どんなふうにして眠っているのでしょう。
みんなみんなみーつけた 木村裕一・しかけ絵本1 木村 裕一 黒井 健 偕成社 2歳から
動物たちが森でかくれんぼ。穴あけ、切抜きのあるしかけ絵本。
みんなわたしの―幼い子どもにおくる詩集― ドロシー・バトラー・編 ミーガン・グレッサー 岸田 衿子・百々 佑利子 のら書店  
幼い子どもが喜ぶ言葉遊びの詩。日本語訳なので押韻の楽しさが味わえないのが残念です。