Library も 

書名

出版社

対象年齢

このまえのにちようび2 モイくんとカボーくんのはなし  高楼 方子  高楼 方子    アリス館   
卵から育てたサンショウウオを池に返しに行ったモイくんと、おじいちゃんの家に遊びに来たカボーくんのお話をそれぞれの視点で描きます。     
モイモイのポッケ  H@L  H@L    BL出版   
モイモイという名前の子どもの鳥が、宝物を探しに行きます。     
こねこちゃんえほんDもういーいかい  井本 蓉子  井本 蓉子    金の星社  3歳から 
こねこちゃんが友達とかくれんぼをして遊びます。     
もういちどそのことを おはなし広場  五味 太郎  寺崎 誠三・写真    クレヨンハウス   
クリスマスの絵本ですが、大人向けです。写真の上に書き文字など。     
もういちど走り出そう 川島 誠     角川文庫 大人向け
高校時代400mハードルの選手だった主人公は、今は35歳の歯科医師。妻が突然作家になり、もう1度走りたくなった。
もうおうちへかえりましょう 穂村 弘     小学館 大人向け
『世界音痴』に継ぐエッセイ集。短歌の才能に溢れていても、日常生活ではうまく振る舞えない穂村さん。
もうおおきいの 中野 弘隆 中野 弘隆   福音館書店  
おねしょしなかった。ぼく、もう大きいんだもん。洋服だって1人で着られる。
もうおきるかな? 松野 正子 薮内 正幸 福音館書店 0歳から
動物の親子の寝ている姿と起きた姿。
もう、おねしょしないもん マリベス・ボルツ キャシー・パーキンソン 小川 仁央 評論社  
バニーちゃんは、昼間おもらししなくなったので、夜寝る時もおむつをしないようにしました。でも……。
もうおねしょしません くりのきえんのおともだち・1 寺村 輝夫 井本 蓉子   あかね書房  
くりのきえんの裏山に星の子どもが落ちたとき、ねずちゅうこがおねしょをしました。
もうおふろからあがったら、シャーリー ジョン・バーニンガム ジョン・バーニンガム 秋野 翔一郎 童話館 5歳から
お風呂に入っているシャーリーに、お母さんは小言ばかり。シャーリーは空想の世界に旅立ちます。
もうおふろにはいるじかん? マリリン・ジャノビッツ マリリン・ジャノビッツ こだま ともこ 冨山房  
犬の親子の会話。「もうお風呂に入る時間?」「もうタオルで拭く時間?」など子犬が訊くと「うん」と答えます。
孟子(上)[全2冊]      小林 勝人・訳注  岩波文庫   
原文を短く区切って、訓読文・現代語訳・校注をつけて読みやすくしています。     
* もうすぐおしょうがつ 西村 繁男 西村 繁男   福音館書店  
ひろくんとゆうちゃんは、お正月休みに家族でおじいさんとおばあさんの家に出かけます。
もうすぐおしょうがつ くりのきえんのおともだち・12 寺村 輝夫 井本 蓉子   あかね書房  
リスのながおちろえは、寒いからくりのきえんに行きたくないと、お休みしてしまいました。
もうすぐおにいちゃん 大友 のり子 大友 康夫   童心社 3歳から
じろうは、4歳。お兄ちゃんがいますが、じろうももうすぐお兄ちゃんになります。だから、一人で寝るのですが……。
もうすぐごはんなのに ワクワク絵本シリーズ たのしくたべようB 香川 芳子・監修 田代 卓   女子栄養大学出版部  
お菓子ばかりでなく、きちんとご飯を食べましょうという本。
もうすぐみんな一年生 伊藤 真智子 長野 ヒデ子 国土社
ゆうたは春になると、おおぞら小学校の1年生。おひさまえんの友達も、みんな楽しみにしています。
もうすぐゆきのクリスマス ターシャ・テューダー ターシャ・テューダー 内藤 里永子 メディアファクトリー  
もうすぐ雪のクリスマス。そのわくわくが描かれています。
猛スピードで母は 長嶋 有     文藝春秋 大人向け
同時収録の「サイドカーに犬」とも、子どもから見た大人の世界を描いています。なんということのないできごとも丁寧に描かれています。
もうぜったいうさちゃんってよばないで グレゴアール・ソロタレフ グレゴアール・ソロタレフ 末松 氷海子 リブリオ出版  
ジャン・ニンジンスキーは、小さいからみんなにうさちゃんと呼ばれていました。ジャンはそれが気に入りません。
もうどうけんドリーナ 土田 ヒロミ 土田 ヒロミ・写真   福音館書店  
日紫喜均三・監修。ドリーナは盲導犬。様々な訓練をして、目の不自由な人と一緒に暮らします。
もうねんね 松谷みよ子あかちゃんの本 松谷 みよ子 瀬川 康男   童心社 0歳から
犬や猫やにわとりたちが眠くなって、おやすみなさい。
もうはるですね 岩村 和朗 岩村 和朗   至光社  
こりすのぱろ、ぴこ、ぽろは、春になると雪は空へ帰ると聞いて、確かめに行きました。
「もうひとつの恋」 俵 万智 浅井 慎平・写真   角川書店  
俵さんの短歌と、浅井さんのオールカラーの写真。それぞれの世界の広がりが楽しめます。
もうひとつの空 阿萬 紀美子 金井塚 道栄 福音館書店
ジンとサキコの家には、おじいさんが描いたという池のある風景画があります。
もうひとりのグリム―グリム兄弟以前のドイツ・メルヘン―  板倉 敏之・佐藤 茂樹    板倉 敏之・佐藤 茂樹・浜田 恂子・藤原 怜子  北星堂出版  大人向け 
グリム兄弟が生きた時代に、もうひとりのグリムが同じような仕事をしていました。14編のドイツ・メルヘン集。     
もう頬づえをついてもいいですか? 枡野 浩一 八二 一・写真   実業之日本社  
AからZまでのタイトルの映画コラムと短歌。モノクロの写真に、シネマ文字の短歌が重なります。
もうぬげない  ヨシタケ シンスケ  ヨシタケ シンスケ    ブロンズ新社   
服が引っかかって脱げなくなった男の子がいろいろ考えます。     
燃える水の国 タンタンの冒険旅行10 エルジェ エルジェ 川口 恵子 福音館書店  
デュポンさんとデュボンさんの乗った車のエンジンが爆発しました。石油に何か混入した人がいるようです。
もーいいかいまあだだよ 平出 衛 平出 衛   福音館書店 3歳から
球根坊やといもむしくんがかくれんぼ。球根坊やが鬼です。でも、なかなかもういいよって言われません。
モーっていったのだあれ? ハリエット・ツィーフェルト シムズ・ターバック 晴海 耕平 童話館出版 1歳から
動物たちはどうやって鳴くのかしら。鮮やかな絵のしかけ絵本。
モーの入院 別役 実 朝倉 摂   リブロポート  
ナナお嬢さんは、猫のモーを山猫病院に連れて行きました。モーは、大きくなっても化けることができないからです。
モーモーまきばのおきゃくさま マリー・ホール・エッツ マリー・ホール・エッツ 山内 清子 偕成社 3歳から
春の牧場で、牛がおいしい草を食べています。誰かにごちそうしたくなったので、かけすに呼んで来てもらいますが……。
あかね・新えほんシリーズ14 虎落笛 富安 陽子 梶山 俊夫   あかね書房  
「虎落笛」と書いて、「もがりぶえ」と読みます。冬のさなかに竹林を渡るという風の話。
茂吉のねこ おはなし名作絵本19 松谷 みよ子 辻 司   ポプラ社  
鉄砲のじょうずでお酒が好きな茂吉は、三毛猫と暮らしていました。ある日、酒屋に行くと……。
もくたんじどうしゃもくべえ 渡辺 茂男 岡部 冬彦   岩波書店  
木炭で走る自動車のもくべえ。都会の道路を走っていると、みんなに笑われます。
もくもくぱくん おおたかてるみの魔女っ子ちゃん3 大高 輝美 若生 靖夫・写真   ひかりのくに  
フェルトで作る人形の絵本。手芸本としてだけでなく、絵本としても楽しめます。作り方と型紙つき。
モクレンおじさん 田島 征三 酒井 敦・写真 福音館書店 5歳から
「こどものとも」592号。木蓮の実と山桜の実を使って、おじさんや犬をつくっています。
月刊予約「こどものとも年中向き」通巻248号 モグモグでんしゃ  井上 洋介  井上 洋介    福音館書店  4歳から 
2006年11月号。甘栗、ラーメン、ソフトクリームなどの駅で切符を買って電車に乗ります。     
モグラさんとカエルさんのおはなしです 舟崎 靖子 上矢 津   小峰書店  
お掃除好きのモグラさんと片付け嫌いなカエルさんは、一緒にトランプ遊びをするのが好き。
もぐらちゃんのおてておっぱい 角野 栄子 佐々木 洋子   ポプラ社  
五つ子のもぐらちゃんはみんな、手をしゃぶる「おてておっぱい」がやめられません。
もぐらとずぼん エドアルド・ペチシカ ズデネック・ミレル 内田 莉莎子 福音館書店 4歳から
もぐらは、青くて大きなポケットのついたズボンに憧れていました。どうやったら手に入るかな。
ちゅーちゅーおそうじがいしゃ@ もぐらのあなの大そうじ ビビアン・フレンチ アンナ・カーリー 岡田 好惠 評論社 小学3年生から
ニナ、ジーナ、フレッドの3匹兄弟はお掃除会社をしています。フレッドの誕生日に、もぐらさんが泣きながらやってきました。
もぐらのおとしあな いわき たかし しまだ みつお   童話屋  
小さなもぐらのもっくは、食べるのと昼寝が大好きだけど、穴掘りといたずらはもっと好きでした。
もぐらのムックリ 舟崎 克彦 黒井 健   ひさかたチャイルド  
もぐらのムックリは、最初に春を見つけました。冬眠しているみんなを起こしてあげなくちゃ。
* モグラ原っぱのなかまたち 古田 足日 田畑 精一 あかね書房 小学3年生から
サクラ小2年2組の仲良し、なおゆき、かずお、あきら、ひろ子は、モグラ原っぱでたくさん遊びます。
もぐらバス  うちの ますみ  うちの ますみ    偕成社  3歳から 
佐藤雅彦・原案。地面の下には町があって、もぐらバスが走っています。     
もけらもけら 山下 洋輔 元永 定正   福音館書店 2歳から
音を絵に表わすと、こんなふうになるのでしょうか。幼い子が喜ぶ絵本です。
モコモコちゃん家出する  角野 栄子  にしかわ おさむ    クレヨンハウス  
アイウエ動物園のひつじのモコモコちゃんが、家出をしました。行った先は、なんとセーター屋さん。     
* もこもこもこ 谷川 俊太郎 元永 定正   文研出版 2歳から
「しーん」としたところに生まれた「もこ」。「もこもこ」と育って「にょき」を食べると……。
モザイクの馬 小薗江 圭子 和田 誠 講談社
1975年千趣会から刊行された本を改稿した新装版。
もしかしたら名探偵 ミルキー杉山のあなたも名探偵シリーズ1 杉山 亮 中川 大輔 偕成社 小学3年生から
探偵ミルキー杉山と一緒に3つの事件を解決してみましょう。
もしも… おおたかてるみの魔女っ子ちゃん1 大高 輝美 若生 靖夫・写真   ひかりのくに  
フェルトで作る人形の絵本。手芸本としてだけでなく、絵本としても楽しめます。作り方と型紙つき。
もしもあなたが猫だったら? 「思考実験」が判断力をみがく 中公新書1924 竹内 薫 中公新書
科学哲学・物理学を専攻する著者が、一般の人にも極力わかりやすく語っています。
もしも暗闇がこわかったら夜空に星をくわえましょう  クーパー・エデンズ  クーパー・エデンズ  角田 光代  ほるぷ出版   
題名にあるようなちょっと突拍子もないことが起こったら、ユーモアを使って楽しみましょう。      
もしもしおかあさん 久保 喬 井本 蓉子   金の星社 4歳から
猫がミケ、トラ、クロの赤ちゃんを産みました。ある日、3匹の子猫たちはそれぞれ巣立っていきます。
もしもしおでんわ 松谷 みよ子 岩崎 ちひろ   童心社 1歳から
「松谷みよ子あかちゃんの本」シリーズ。モモちゃんに、いろんな電話がかかってきます。誰からかしら?
もしも空が落ちてきたら朝食に雲をいただきましょう  クーパー・エデンズ  クーパー・エデンズ  角田 光代  ほるぷ出版   
題名にあるようなちょっと突拍子もないことが起こったら、ユーモアを使って楽しみましょう。      
もしもノンフィクション作家がお化けに出会ったら 工藤 美代子      メディアファクトリー   
ノンフィクション作家が自分が体験した不思議なできごとを綴ります。     
もしもぼくがライオンだったら マイケル・ローレンス アリスン・バートレット 青山 南 小学館  
毛虫なのに大きくなったらライオンになりたいと思っているヒューゴ。「お話を楽しむヒント」は無視してください。
もしもまほうがつかえたら ロバート・グレイブズ モーリス・センダック 原 もと子 冨山房  
ジャックは、おじさんとおばさんと大きな犬と一緒に住んでいます。ある日、ジャックは屋根裏で魔法の本を見つけて……。
もしゃもしゃちゃん マレーク・ベロニカ マレーク・ベロニカ みや こうせい 福音館書店 4歳から
もしゃもしゃちゃんは、髪をとかしたりきれいにしたりするのが嫌いな女の子。ある時、みんなで仮装パーティーをすることになりました。
モシャモシャのらくんほねはどこ? ブライアン・ワイルドスミス ブライアン・ワイルドスミス 長瀬 禮子 太平社  
ひとりぼっちでお腹を空かせた野良犬が、骨を探して歩きます。しかけ絵本。
もじあそび 安野 光雅 安野 光雅   福音館書店 4歳から
ひとつずつの文字も、組み合わせれば無数の言葉になります。楽しい絵や展開で夢中にさせます。
もじゃもじゃ いやだいやだの絵本2 瀬名 恵子 瀬名 恵子   福音館書店 2歳から
もじゃもじゃなのはお庭の木、犬のころ、ほどけた毛糸とルルちゃんの髪。あたたかな貼り絵の絵本です。
もずがなくとき 上矢 津 上矢 津   ほるぷ出版  
捕まえた獲物を串差しにしておく鳥、もず。もずは、自分がなんて残酷なことをしているのかと悩みます。
モチモチの木 創作絵本6 斎藤 隆介 滝平 二郎   岩崎書店  
じさまと2人で暮らしている5歳の豆太はとても臆病。夜、1人でトイレに行かれません。ある夜、じさまが腹痛を起こすと……。
もっくりやまのごろったぎつね 征矢 清 小沢 良吉   小峰書店  
もっくり山のごろったぎつねが、絵の具を拾いました。山のみんなの絵を描くというのです。
講談社の創作絵本 もったいないばあさん 真珠 まりこ  真珠 まりこ    講談社   
ごはんつぶが残ってる、水を出しっぱなしで歯磨きをする、そんな子のところにはもったいないばあさんがやってきます。     
講談社の創作絵本 もったいないばあさんがくるよ!  真珠 まりこ  真珠 まりこ    講談社   
2005年4月〜9月に朝日小学生新聞紙上で連載された作品をまとめました。     
もったいないばあさんと考えよう世界のこと 生きものがきえる  真珠 まりこ  真珠 まりこ    講談社   
人間の勝手な生き方で犠牲になる野生動物たちについて、少し知ることができます。     
もっちゃうもっちゃうもうもっちゃう  土屋 富士夫  土屋 富士夫    徳間書店   
トイレに行きたいのに、なかなかトイレが見つからない男の子のお話。     
もっとおおきなたいほうを  二見 正直  二見 正直    福音館書店  3歳から 
大砲を使いたいのに戦争がないので使えない王さま。狐が魚を捕っているのを見て大砲を撃つと、狐も応戦します。     
もっとかんがえるカエルくん 岩村 和朗 岩村 和朗   福音館書店  
『かんがえるカエルくん』第3弾。夜はどこからくるの? 夢は誰が考えるの? どんな答えが見つかったかな?
もっとほんがよめるの ブルーナのたのしいべんきょう(第2集)5 ディック・ブルーナ ディック・ブルーナ 松岡 享子 福音館書店  
ひとりで字が読めるようになった喜びを表現した絵本。
もっと! ほんとのおおきさ動物園  高岡 昌江  松橋 利光・写真 柏原 晃夫・絵    学習研究社   
小宮輝之・監修。ライオン、チーター、ヒョウ、オオカミ、カバなど、動物園にいる動物たちの本当の大きさがわかるように撮られた迫力ある写真。     
モデル失格 幸せになるためのアティチュード  押切 もえ      小学館101新書  
アティチュードは姿勢。「CanCam」や「AneCan」の専属モデルとして活動した経験をまとめています。     
もとにもどす 上矢 津 上矢 津   福音館書店  
紙に絵を描いて破ってから、元に戻します。実際にやってみたくなります。
もどってきたガバタばん エチオピアのお話 ギルマ・ベラチョウ 渡辺 茂男 福音館書店 4歳から
ガバタばんは、エチオピアの将棋盤のこと。男の子がお父さんに作ってもらったガバタ盤を持って歩いて行くと……。
モナコ流美しく優雅な暮らし方 モネ・ブレッシング マルコ・ベルトリ 青木 亮子 幻冬舎
モナコで暮らす上流階級の人の生活が垣間見られます。真似することはできなくても、そういう世界もあると知るのは興味深いものです。
ものいう動物たちのすみか 安房直子コレクション3 安房 直子 北見 葉湖   偕成社  
「きつねの夕食会」「ねこじゃらしの野原――とうふ屋さんの話」「山の童話 風のローラースケート」エッセイを収録。
 岩波おはなしの本10 ものいうなべ―デンマークのたのしいお話―  メリー・C・ハッチ  富山 妙子  渡辺 茂男 岩波書店  小学1年生から 
表題作のほか、「かあさん子のたからさがし」「まぬけなむすこ」などデンマークの昔話が8編。     
ものいうほね ウィリアム・スタイグ ウィリアム・スタイグ 瀬田 貞二 評論社  
うららかな春の日。ぶたのパールは、森でものを言う骨を拾いました。
まどさんの詩の本 ものいろいろ  まど みちお  長 新太    理論社   
『まど・みちお全詩集』を定本に、ものに関する詩を集めました。     
物語が生きる力を育てる 脇 明子 岩波書店
『読む力は生きる力』第2弾。子どものためにどうしたらいいか、真摯に考える著者に共感します。
物語が、始まる 川上 弘美     中公文庫  
表題作のほかに「トカゲ」「婆」「墓を探す」。川上さんの作品は、読後に視界が揺らぐ感じがします。解説は穂村弘さん。
* 物語ること、生きること 上橋 菜穂子      講談社  中学生から 
瀧晴巳・構成・文。2012年5月〜2013年5月まで4回にわたって取材した、〈メイキング・オブ・上橋菜穂子〉です。     
* ものぐさトミー ペーン・デュボア ペーン・デュボア 松岡 享子 岩波書店 小学3年生から
電気じかけの家に住んでいるトミー・ナマケンボの1日は、食事も着替えもすべて機械任せです。
ものすごくおおきなプリンのうえで  二宮 由紀子  中新井 純子    教育画劇   
プリン、ホットケーキ、ショートケーキ、アイスクリームなどの上で縄跳びをするとどうなるかしら。     
モノとわかれる! 生き方の整理整頓  大塚 敦子      岩波書店   
フォトジャーナリストの著者が、生活オーガナイザーと出会って身辺整理をします。     
まど・みちお詩集C物のうた  まど みちお  はたまそお・森田 一朗・写真    かど創房   
人工の物、道具、日用品などの詩が20編掲載されています。     
ものものずかん 土橋 とし子 土橋 とし子   福音館書店 2歳から
お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、おばさん、わたし、お兄ちゃん、弟のいろんなもの。
モノレールねこ  加納 朋子  菊池 健    文春文庫   
表題作のほか7編を収録した短編集。どれも最後は心に沁みるおはなしです。解説は吉田伸子さん。     
モペットちゃんのおはなし ピーターラビットとなかまたち5 ビアトリクス・ポター ビアトリクス・ポター 石井 桃子 福音館書店 3歳から
こねこのモペットちゃんは、ねずみを見つけてとびかかりました。でも……。
もみじちゃんとチュウ ひかりのくに傑作絵本集13 村上 康成 村上 康成 ひかりのくに 0歳から
もみじちゃんがチュウっとすると、みんな赤くなります。
もみちゃんともみの木 高楼 方子 市川 菜津子   あかね書房  
もみちゃんは、いつも落とし物ををする女の子。教室の窓から見えるもみの木を、ぼんやり眺めるのが好きです。
もみの木 ハンス・クリスチャン・アンデルセン スベン・オットー・S 木村 由利子 ほるぷ出版  
森の中に生えた小さなモミの木は、早く大きくなりたくてたまりません。大きくなると、自分にもステキなことがあると信じています。
モミの木 ハンス・クリスチャン・アンデルセン バーナデット・ワッツ 佐々木 田鶴子 西村書店  
森の中に生えた小さなモミの木は、早く大きくなりたくてたまりません。やがて切り倒されたモミの木は……。
アンデルセン文庫9 モミの木  ハンス・クリスチャン・アンデルセン  大原 ゆり  鈴木 徹郎  岩崎書店   
表題作のほか、「コウノトリ」を収録しています。訳は甘ったるい文章です。     
もみのきそのみをかざりなさい  五味 太郎  五味 太郎    文化出版局   
命令形の言葉とすっきりした絵で表したクリスマスの絵本。     
モミの手紙 ロバート・フロスト テッド・ランド みらい なな 童話屋  
「考える」ことについての深い絵本です。1000本のモミの木を所有する農夫は、商人の持ちかけた話にどう答えるでしょうか。
* モモ ミヒャエル・エンデ ミヒャエル・エンデ 大島 かおり 岩波書店 小学5年生から
灰色の男たちに盗まれた人間の時間をとりかえした女の子モモ。30年経った今でも、人間の愚かさは変わりません。
* ももいろのきりん 中川 李枝子 中川 宗弥   福音館書店 4歳から
るるこはお母さんからもらった大きな桃色の紙で、きりんのキリカを作りました。キリカはあんまり大きくて、家に入りません。
ももいろのクレヨン 大切なあなたへ 岩崎 ちひろ 岩崎 ちひろ 大和書房
ちひろが残したエッセイ、対談、日記、手帳などに書かれた言葉から文章を抜粋し、モノクロの絵を添えました。
桃子 江國 香織 飯野 和好 旬報社
寺に預けられた7歳の桃子は、寺の修行僧天隆と恋に落ちた。
* ももたろう 松居 直 赤羽 末吉   福音館書店 5歳から
有名な昔話ですが、子どもに媚びない絵と文章で、とても読み応えのある本です。
ももたろう 代田 昇 箕田 源二郎 講談社
おばあさんが川で拾った桃から生まれた桃太郎のおはなし。
モモちゃんのおくりもの ちいさいモモちゃんえほんD 松谷 みよ子 武田 美穂   講談社  
モモちゃんは赤ちゃんの家に行く途中、猫のプーにあおぎりの実を取ってもらいました。みんなも欲しがりますが……。
モモちゃんのまほう ちいさいモモちゃんえほんA 松谷 みよ子 武田 美穂   講談社  
モモちゃんは、ママの引出しの中からマジックインキを見つけました。
もものきなしのきプラムのき ジャネットとアラン・アールバーグ ジャネットとアラン・アールバーグ 佐藤 凉子 評論社  
ページをめくってお話のとおりに隠れているひとを見つけてご覧。
むかしむかし絵本14 ももの子たろう 大川 悦生 箕田 源二郎 ポプラ社
絵本のおはなしのあとに「幼子の成長をねがいこめて」という作者の文章も載っています。
ももの里  毛利 まさみち  毛利 まさみち    リブリオ出版   
自分の息子の誕生日祝いのために、桃太郎の昔話を利用して書いたお話。     
もものすけのおさんぽ やまち かずひろ 荒井 良二   小学館  
もものすけは普通の男の子に見えますが、ちょっと違います。「○○所望!」と言うと、何でも本当になってしまうのです。
ふるさとを見直す絵本(8) もらい風呂 農家のくらし(2)  飯田中央農協広報課  熊谷 元一    農山漁村文化協会   
昔の日本の農村では「ゆい」という隣近所の助け合いがあり、お風呂もお互いに借り合っていました。     
 科学のアルバム60 モリアオガエル  増田 戻樹  増田 戻樹・写真 夏目 義一・渡辺 洋二・絵    あかね書房   
モリアオガエルの生態が豊富なカラー写真と共に、子どもにもよくわかるように書かれています。     
もりいちばんのおともだち おおきなクマさんとちいさなヤマネくん ふくざわ ゆみこ ふくざわ ゆみこ   福音館書店 4歳から
大きなクマさんは小さなものが好き。小さなヤマネくんは大きなものが好き。ふたりは大の仲良しです。
森おばけ 中川 李枝子 山脇 百合子   福音館書店 小学1年生から
森おばけ一家のふらり、すらり、ひらり、ゆらりの4人は、ある日引越しをすることになりました。行き先は学校の教室です。
もりくいクジラ(クジラむかしむかし) 川村 たかし 赤羽 末吉   実業之日本社  
昔、紀の国にいたいえもんは、村一番のクジラとりでした。大クジラのモリクイのせいで、この頃クジラがとれません。
もりでもぐもぐ 土田 義晴 土田 義晴   福武書店  
けんたとまゆちゃんが森で遊んでいると、葉っぱの手紙を見つけました。「みんなでごちそうを食べましょう」と書いてあります。
森と海のであうところ ジーニー・ベイカー ジーニー・ベイカー 百々 佑利子 佑学社  
オーストラリアの大森林の様子を、立体コラージュで描いています。
もりにてがみをかいたらね ぼくのポチブルてき生活・2 北山 葉子 北山 葉子 偕成社
犬のポチブルは紙とペンを持っていて、手紙を書くのが大好き。
おはなしのたからばこ16 森にめぐるいのち 片山 令子 姉崎 一馬・写真 フェリシモ出版
森の中では木も動物も死んでからも次世代を生かしています。
* もりのえほん   安野 光雅   福音館書店  
文字のない絵本です。森の中に、いろいろな動物が隠れています。
森の絵本 長田 弘 荒井 良二   講談社  
どこかで呼ぶ声がするけど、姿が見えません。声は、「君の大事なものを探しに行こう」と誘います。
もりのおうさま いわた あきこ いわた あきこ   新風舎  
たっちゃんは、静かな広い森の大きな木の幹に穴を見つけました。その穴の中には階段がありました。
森の王さまはだれ? デービッド・デイ ケン・ブラウン たなか まや 評論社  
ミソサザイが見つけたリンゴを食べようとしていたら、カラスがやって来て「この森の王はおれだ」と言いました。ところが……。
もりのおくりもの くりんとコロンのおはなし 小比賀 優子 高林 麻里   ほるぷ出版  
くりんちゃんは、犬のコロンと公園に行きました。みんなスケートをしていますが、くりんちゃんはスケート靴を持ってません。
* もりのおばけ 片山 健 片山 健 福音館書店
ぼくは弟と森までかけっこをした。ぴゅーっと走って森についたけど、何だか怖いなあ。
森のおひめさま ジビュレ・フォン・オルファース ジビュレ・フォン・オルファース 秦 理絵子 平凡社  
森に住む小さなお姫様は、妖精たちと遊んでいます。
もりのおふろ  西村 敏雄  西村 敏雄    福音館書店  2歳から 
ライオンが森のお風呂に行きました。体を洗っていると象が来たので、背中を洗ってもらいました。     
もりのおべんとうやさん 舟崎 靖子 舟崎 克彦 偕成社
森に新しいお店ができました。なぞなぞ好きなすかんくさんが出したお弁当屋さんです。
もりのおやくそく  原 京子  原 京子    ポプラ社   
森に引っ越してきたおばあさんは、大きなポケットのついたエプロンをして、木の実を集めていました。      
もりのかくれんぼう 末吉 暁子 林 明子   偕成社 4歳から
かくれんぼの好きなけいこは、森のかくれん坊と会って、かくれんぼをしました。
もりのがっしょうだん 高楼 方子 飯野 和好   教育画劇  
クマ、キツネ、アナグマ、ハリネズミは、森の守り神様に捧げる歌を練習しています。でも……。
森の木 川端 誠 川端 誠   BL出版  
木の中には、モクという木の精がいます。モクが、少しずつ木を大きくしてくれるのです。昔は、みんな木を大事にしました。
* 森のキタキツネ 科学のアルバム 右高 英臣 右高 英臣・写真   あかね書房  
北海道の三本足のキツネの親子の1年を追ったものです。写真がきれいで、見ているだけでも楽しめます。
もりのくうちゅうさんぽ―あまがえるりょこうしゃ 松岡 たつひで 松岡 たつひで 福音館書店 4歳から
蛙が拾った紙飛行機に虫たちを乗せて、空中散歩に連れてゆきます。
森のクリスマス 木村 大介 木村 大介   福武書店  
サンタクロースのおじいさんを、その名前を出さずに描いています。
森のクンクン 森山 京 土田 義晴 小峰書店
森の中の新しい家に、熊のクンクンとお母さんが引っ越してきました。
* もりのこびとたち エルサ・ベスコフ エルサ・ベスコフ 大塚 勇三 福音館書店 4歳から
深い森の奥に住む小人の家族。きっとこんな小人がいるだろうと思わせる絵本です。
もりのさんぽ サイモン・ジェイムズ サイモン・ジェイムズ 木島 始 偕成社  
ジェスはおじいさんと森を散歩しました。リスを見つけて家で飼いたくなりましたが、おじいさんはダメだと言います。
もりのしゃしんやさん 花之内 雅吉 花之内 雅吉   岩崎書店  
いい景色だなと思って、写真屋さんが写真を撮ろうとすると……。
きかんしゃトーマスのアニメ絵本40 もりのすきなきかんしゃヘンリー ウィルバート・オードリー ブリット・オールクロフト(トーマス)Ltd.・写真 まだらめ 三保 ポプラ社  
緑の機関車ヘンリーは、ソドー島の森が大好き。ずっと前に、木を植えるのを手伝ったことがあるから。
もりのスケート 菊池 日出夫 菊池 日出夫 福音館書店 5歳から
「こどものとも」599号。いなかに住む子どもたちが、池でスケート遊びをします。池にはワカサギ釣りをしているおじいさんもいて……。
もりのてがみ 片山 令子 片山 健 福音館書店 3歳から
ひろこさんは、森で遊んだ動物たちに手紙を書いて、もみの木に下げておきました。
もりのでんしゃ 岸田 衿子 中谷 千代子 福音館書店
「こどものとも」68号の復刻版。森の中に壊れた電車が捨ててありました。動物たちは電車の中で遊びます。
もりのとけいやさん 舟崎 靖子 舟崎 克彦   偕成社  
森の時計屋ふくろうさんは、昼間はいつも眠たそう。郵便屋さんからのお手紙を落としてしまっても気づきません。
もりのともだち マーシャ・ブラウン マーシャ・ブラウン 八木田 宜子 冨山房  
寒い日、きつねがのうさぎに隣り合わせに家を建てようと言いました。でも、氷で作ったきつねの家は、春に溶けてしまい……。
森の友だちとごちそうどろぼう リトル・グレイラビット・1  アリソン・アトリー  マーガレット・テンペスト  箕浦 万里子  偕成社   
スケート遊びに出かけたグレイラビットたち。楽しく遊んで帰宅すると、誰かがごちそうを食べつくしていました。     
もりのどうよう   いしなべ ふさこ   偕成社  
「山の音楽家」「ことりの歌」「山のワルツ」「やぎさんゆうびん」「あめふりくまの子」など、森の童謡が11曲。
* もりのなか マリー・ホール・エッツ マリー・ホール・エッツ 間崎 ルリ子 福音館書店 2歳から
ぼくがラッパを持って森へ散歩に出かけると、いろいろな動物がついてきました。黒一色ですが、あたたかみのある絵本です。
森のなかのママ 井上 荒野 集英社
「一枚の繪」2002年3月号〜2003年11月号に掲載されたものを加筆修正した作品です。
もりのはいしゃさん 舟崎 靖子 舟崎 克彦   偕成社  
森の歯医者のねずみさんは、歯が痛いというはりねずみの郵便屋さんに入れ歯を作りました。でも……。
森のはるなつあきふゆ オシギッパのもりでみつけた 岸田 衿子 古矢 一穂   ポプラ社  
浅間山の北の裾野に広がる森オシギッパの四季。
もりのひなまつり 小出 保子 小出 保子   福音館書店 3歳から
ねずみばあさんのところに、野ねずみ子ども会からひなまつりをしたいとお手紙が届きました。おひなさまは大はりきり。
もりのふゆじたく もりのおくりもの1 垂石 眞子 垂石 眞子   福音館書店  
秋、森の動物たちは木の実を集めるのに一所懸命です。たぬきさんは、みんなのお手伝いをしていて……。
* もりのへなそうる 渡辺 茂男 山脇 百合子   福音館書店 4歳から
てつたくんとみつやくんの兄弟は、森で大きな卵を見つけました。それは、へなそうるの卵だったのです。
もりのほんやさん 舟崎 靖子 舟崎 克彦   偕成社  
森の本屋のやぎの奥さんは、本を読みながらページを食べてしまうくせがありました。はりねずみさんが読んでいる探偵小説も……。
もりのまつり 中谷 千代子 中谷 千代子 福音館書店 3歳から
牧場の子どもけんちゃんが、森の不思議なおじいさんに誘われて動物のお祭りに行きました。
もりのみんなのおともだち 原 京子 原 京子   ポプラ社  
おばあさんは森の動物たちと一緒に、サンドイッチやケーキを持ってピクニックに行きました。
もりのみんなのたんじょうび 原 京子 原 京子   ポプラ社  
今日はおばあさんの誕生日。1人ではつまらないと思っていたら……。
* もりのむこうになにがあるの? リリアン・ムーア ジョーヤ・フィアメンギ 神宮 輝夫 偕成社 小学1年生から
あらいぐまのリトル・ラクーンは、森の向こうの広い世界が気になります。大人に聞いても「一言では言えない」と言うのです。
もりのむしたち 三芳 悌吉 三芳 悌吉 福音館書店
「こどものとも」17号の復刻版。たっちゃんがお姉さんと一緒に虫たちに出会います。
もりのむしのはらのむし 中根 猛彦・監修 三芳 悌吉 福音館書店 4歳から
森や野原や庭に、いろんな虫がいます。詳しく見てみましょう。
もりのようふくや オクターフ・パンク・ヤシ エウゲーニー・M・ラチョフ 内田 莉莎子 福音館書店 3歳から
おじいさんは孫の5つの誕生日に新しい上着をあげようと思い、森の洋服屋に行きました。
* 森は生きている  サムイル・マルシャーク  L・ズスマーン  湯浅 芳子  岩波書店  小学4年生から 
戯曲「十二月」の翻訳。登場人物や背景なども書いてあるので、イメージがしやすいようです。     
もりはなんでもやさん のびのびノンちゃん@ 角野 栄子 小堤 一明   ポプラ社  
キャラクターデザインは黒井健さん。あらいぐまのノンちゃんたちは、森の奥に冒険に行くことにしました。
もりへいったこねこ イワン・ベルィシェフ さいと ゆふじ 内田 莉莎子 福音館書店  
とても強情な子猫がいました。遠くに行ってはいけないと言われたのに、森へ行って迷ってしまいました。
モルディブ 青い楽園 三好 和義 三好 和義・写真   小学館  
都会での暮らしや時間の何もかもを投げ出したくなる、青い海と空。
モルモット 動物飼育図鑑D マーク・エバンズ ポール・ブリックネル・写真 日高 真由美 偕成社  
モルモットの体や品種から、選び方・飼い方まで掲載されています。写真を見るだけでも楽しいものです。
モルモット・シカリス・ハツカネズミ ふれあいの学級飼育A 小川 路人・企画編集     学習研究社  
小学校で飼育する動物の育て方が、掲載されています。オールカラーで写真も豊富です。
モンシロチョウはなにがすき?  藤井 恒  たかはし きよし    福音館書店   
モンシロチョウの生態を丁寧に描いています。 
モンスター・ストーム〜あらしがきたぞ!〜 ジェニー・ウィリス スーザン・バーレイ 前沢 明枝 ほるぷ出版  
怪獣のデニスは5歳になりました。とてもやさしい怪獣なのに、嵐の時だけは別なんです。
モンスター・ベッド〜こわいかこわいぞ〜 ジェニー・ウィリス スーザン・バーレイ 今江 祥智 ほるぷ出版  
カレキノモリに住むモンスターのちびっこデニスは、寝る時はこわがり。ベッドの下に来るあるものが嫌なのです。
モンスター・ホテルであいましょう  柏葉 幸子  高畠 純    小峰書店   
ドイツ人の幽霊ルードヴィヒさんは、恋人のおやえさんが来るのをずっと待っていました。     
モンスター・ホテルでインターネット  柏葉 幸子  高畠 純    小峰書店   
夜10時を過ぎてもパソコンやテレビを見ていると、10時モンスターが出てくるのです。     
モンスター・ホテルでおどりましょう  柏葉 幸子  高畠 純    小峰書店   
モンスター・ホテルは、モンスターたちのホテル。ある日、雨漏りがしたため、みんなで閉鎖した劇場へ避難しました。     
モンスター・ホテルでおばけバラ  柏葉 幸子  高畠 純    小峰書店   
モンスター・ホテルの地下の畑から伸びてきた芽が、泊まっているモンスターたちに絡みつきました。     
モンスター・ホテルでおめでとう  柏葉 幸子  高畠 純    小峰書店   
人間の男の子が、こっそりモンスター・ホテルに忍び込みました。今日は悪魔のデモンじいさんの誕生日だったのです。     
モンスター・ホテルでクリスマス  柏葉 幸子  高畠 純    小峰書店   
クリスマスイブにモンスター・ホテルのそばに倒れていたのは、サンタクロースでした。     
モンスター・ホテルでこんばんは  柏葉 幸子  高畠 純    小峰書店   
モンスター・ホテルは透明人間のトオルさんがひとりで切り盛りしています。誰か手伝ってくれるといいのですが……。     
モンスター・ホテルでなつやすみ  柏葉 幸子  高畠 純    小峰書店   
おんぶおばけのオンブブは、夏休みの宿題でひとりでモンスター・ホテルに行くことになりました。     
モンスター・ホテルでパーティーだ  柏葉 幸子  高畠 純    小峰書店   
モンスター・ホテル100周年記念パーティーが開かれることになり、モンスターたちが集まってきました。     
モンスター・ホテルでプレーボール  柏葉 幸子  高畠 純    小峰書店   
たぬきのたしちさんは野球の試合を楽しみにしていたのに、みんなお腹をこわしてしまい、代わりにモンスターたちが野球をすることになりました。     
問題を起こす人が成功する 「トラブル」を「成長」に変える50の方法  中谷 彰宏      PHP研究所   
具体的なことが書かれず、目次を見れば内容がわかるような本です。     
モンティー ジェイムズ・スティーブンソン ジェイムズ・スティーブンソン 麻生 九美 評論社  
ワニのモンティーは、ウサギのトム、アヒルのドリス、カエルのアーサーを乗せて川を渡りますが……。