Library の 

書名

出版社

対象年齢

ノアおじさんのはこぶね 聖書物語 (ものがたり絵本11) 岸田 衿子 中谷 千代子   岩崎書店  
旧約聖書にあるお話。解説の堀尾青史さんは、神話は創作されたもので、そこに真理はあるが事実ではない、と書いています。
のあさんとおおきなおおきなさかな 大友 康夫 大友 康夫   福音館書店 3歳から
のあさんは魚取りの船あほうどり号の船長。のあさんは、息子たちと一緒に魚取りに出かけます。
のあさんとそらとぶきゅうじょたい 大友 康夫 大友 康夫   福音館書店 3歳から
のあさんはアフリカの動物保護区の動物救助隊の隊長です。子象が迷子になっている連絡を受けたのあさんは……。
のあさんのどうぶつえん 大友 康夫 大友 康夫   福音館書店 3歳から
のあさんは動物園の飼育係。毎朝、動物たちに餌をやったり掃除をしたり、忙しく働きます。
ノアのはこぶね ルーシー・カズンズ・再話 ルーシー・カズンズ 五味 太郎 偕成社  
旧約聖書のお話が、幼い子にも分かりやすい楽しい絵の本になりました。
ノアのはこぶね  井本 蓉子  井本 蓉子  ピーター・ミルワード  女子パウロ会   
聖書の話をかわいらしい絵本にしました。英文の訳もついています。     
ノアのはこぶね  リンダ・バリー  アラン・バリー  光原 百合  女子パウロ会   
ジグソー・パズルやクイズ、すごろくなどのゲームもできるしかけ絵本。     
ノアのはこぶね  ゲトルート・フッセネガー  アネゲルト・フックスフーバー  松居 友  女子パウロ会   
聖書の話を、子どもにもわかるような絵本にしました。     
ノアのはこ船 ピーター・スピアー ピーター・スピアー 松川 真弓 評論社  
文章は最初にあるだけ。絵で綴る物語。
ノアの箱舟 アーサー・ガイサート アーサー・ガイサート 小塩 節・小塩 トシ子 こぐま社  
旧約聖書にあるノアの箱舟のお話。モノクロの細密な静かな絵です。
ノイバラと虫たち 藤丸 篤夫 藤丸 篤夫・写真   福音館書店 小学3年生から
たくさんの花を咲かせるノイバラ。そこにはたくさんの虫が集まります。虫のアップの写真を見ていると、自分でも探したくなります。
新日本動物植物えほん@ のうさぎにげろ 伊藤 政顕 滝波 明生 新日本出版社 4歳から
日本の野山に住む野うさぎは、すばしっこく走り、敵から身を守ります。
のうさぎのフルー カストールおじさんの動物物語2 リダ・フォシェ フェドール・ロジャンコフスキー 石井 桃子・大村 百合子 福音館書店  
ひとりぼっちの野うさぎフルーは、自然の中でたくましく生きていきます。
のうさぎむらのコランとポラン アラン・ブリオ アラン・ブリオ   岩崎書店  
安藤美紀夫・斎藤広信・協力。コランとポランは双子の野うさぎ。顔はそっくりなのに、コランはポランと違って何をしても失敗ばかり。
のうじょうけんがく ダフニ・フェリガン キャロライン・クロスランド 松川 真弓 評論社  
農場には仕事も動物もいっぱい。ページをめくると、農場の様子が分かります。
のうじょうは大さわぎ ジャック・ベッドソン ピーター・グールドソープ 久山 太市 評論社  
マックとケリーは農場の犬。でも、子どもたちと遊ぶばかりで農場の仕事はちっともしません。
脳の中の時間旅行 なぜ時間はワープするのか クラウディア・ハモンド    渡会 圭子  発行・インターシフト 発売・合同出版  大人向け 
ライター、アナウンサー、心理学者である著者が、時間の錯覚や脳の中の時計などについて書いています。     
野うまになったむすめ ポール・ゴーブル ポール・ゴーブル 神宮 輝夫 ほるぷ出版  
バッファロー狩りをする村に、馬の大好きな娘がいました。ある時、馬の番をしながら眠ってしまったら、嵐がやってきました。
ノエルのひみつ グレゴアール・ソロタレフ グレゴアール・ソロタレフ 末松 氷海子 佑学社  
赤が大好きなノエルは、森の中で大きな袋を見つけます。
のえんどうと100にんのこどもたち 甲斐 信枝 甲斐 信枝   福音館書店  
ある丘に1本ののえんどうが立っていました。そして、子どもを100人産みました。みんな早く外に出たくてたまりません。
ノーナさまのクリスマス まほうつかいのノーナさまシリーズ トミー・デ・パオラ トミー・デ・パオラ 湯浅 フミエ 偕成社  
優しい魔法使いのノーナさま。クリスマスには町中の人を招いてパーティーをするのですが、魔法は使いません。
ノーム ヴィル・ヒュイゲン リーン・ポールトフリート 遠藤 周作・山崎 陽子・寺地 伍一 サンリオ  
身長15センチ、体重300グラムのノームの生態と歴史についての本。
NOを言える人の「話し方」47のレッスン 自分の気持ちをきちんと伝えるヒント  平木 典子  五十嵐 祐美    大和出版   
著者はカウンセリング心理学専攻の大学教授。副題の「自分の気持をきちんと伝えるヒント」のほうが本のテーマに合っているようです。     
世界みんわ絵本《アメリカ》ノガモのうた 木島 始 スズキ コージ   ほるぷ出版 5歳から
アメリカ民話の絵本。ノガモたちは、大勢で歌を歌って飛んでいました。1羽が鉄砲で打たれましたが、まだ歌い続けています。
ノコギリザメのなみだ 長 新太 長 新太   フレーベル館  
ノコギリザメのおじいさんが、ノコギリがボロボロだと泣いていたら、海のおばけがやってきました。
のせてのせて 松谷みよ子あかちゃんの本 松谷 みよ子 東光寺 啓   童心社 1歳から
まこちゃんの自動車が走ります。乗せて乗せてと、いろんなお客さんがやってきます。
ノックがとんとん 西川 おさむ 西川 おさむ   PHP研究所 4歳から
森のそばの古い小さな空き家に、おばけや動物たちが住んでいました。でも、この家を買ったおじいさんがやって来て……。
のってのって 黒井 健 黒井 健   あかね書房 2歳から
けんちゃんがいろんな車に乗ります。みんな、乗って乗って!
のでのでので 五味 太郎 五味 太郎   福音館書店 3歳から
○○した「ので」と、お話が続きます。最後はどうなるでしょう?
のねずみチュウチュウおくさんのおはなし ピーターラビットとなかまたち8  ビアトリクス・ポター ビアトリクス・ポター 石井 桃子 福音館書店 3歳から
きれいずきなチュウチュウおくさんの家には、呼んでもいないのにお客がたくさんやって来ます。
野に出た小人たち 岩波少年文庫063  メアリー・ノートン  ダイアナ・スタンレー  林 容吉  岩波少年文庫  小学5年生から 
『床下の小人たち』の続編。家を追い出されたアリエッティの家族は、野原に住むことになりました。解説は大平健さん。     
画集 野の花と小人たち 安野 光雅 安野 光雅 岩崎書店
福音館「母の友」の表紙を飾っていた絵が単行本になりました。普段目にする野の花も、違った視線で見られるかもしれません。
* のはらうた 工藤 直子 島田 光雄   童話屋  
文庫サイズのかわいい詩集です。工藤直子さんが野原のみんなの声を拾って詩にしています。
* のはらうたU 工藤 直子 島田 光雄   童話屋  
野原のみんなは、いつも楽しいわけではありません。しょげている時もありますが、いつでも歌があります。
* のはらうたV 工藤 直子 島田 光雄   童話屋  
春夏秋冬…変わらない季節の中で、野原のみんなは相変わらずの毎日を過ごしています。
* のはらうたW 工藤 直子 島田 光雄   童話屋  
初めての『のはらうた』が出版されてから16年経ちました。もっともっと歌いたい、野原みんなの詩が集まりました。
* のはらうたX  工藤 直子  島田 光雄    童話屋   
これまでの『のはらうた』の仲間たちに新しい仲間が加わって、ますます楽しくなりました。     
おはなしパレード のはらクラブのこどもたち  高楼 方子  高楼 方子    理論社   
野原の好きなのはらおばさんとのんちゃんがつくったのはらクラブ。たくさんの子どもたちが集まりました。     
おはなしパレード のはらクラブのちいさなおつかい 高楼 方子  高楼 方子    理論社   
のはらおばさんとのんちゃんが秋の散歩のポスターを貼ったら、たくさんの友達がやってきました。     
のはらにおはながさきはじめたら シャーロット・ゾロトウ ガース・ウィリアムス きやま ともこ 福武書店  
お姉さんが幼い弟に、あれもしてあげる、これもしてあげると、たっぷり愛情を注ぐ様子が描かれています。
のはらのうた 阿萬 紀美子 安井 淡   岩崎書店  
小さなカヨが、野原で白い子犬を拾いました。カヨは、その犬は空から落ちたくもいぬだと言います。
のはらのテレビジョン  五味 太郎  五味 太郎    偕成社   
ぼくが野原に行ったら、友達が誰もいなくておじさんがひとりで変わったテレビを見ていました。     
のはらのひなまつり 神沢 利子 岩村 和朗   金の星社  
ともこは、折り紙でお雛様を作っていました。猫のみーやにも友達のゆうくんにも内緒で。でも、折り紙が風に飛ばされて……。
のはらひめ おひめさま城のひみつ 中川 千尋 中川 千尋   徳間書店  
女の子みんなが憧れるお姫さま。まりはお姫さま城に行って、お姫さまになるための勉強をします。
野ばら―小川未明童話集― 小川 未明 茂田井 武 童心社
「野ばら」「月夜と眼鏡」「からすの唄うたい」「ある夜の星たちの話」「雪来る前の高原の話」「隣村の子」「おさくの話」「ゆずの話」。
のびのびのーん 川上 隆子 川上 隆子 アリス館
虫や動物が気持ちよく体を伸ばして、のびのびのーんとしています。
フォトポエム絵本 のほほん  工藤 直子  ネイチャー・プロダクション・写真    小学館   
いろいろな生き物のいきいきした写真に、ぴったり合った言葉を添えた写真の詩集。     
蚤の市   安野 光雅   童話屋  
文は最初と最後にあるだけです。画面いっぱいに広がる蚤の市を楽しんでください。
のらいぬ 蔵冨 千鶴子 谷内 こうた   至光社  
暑い夏の日。男の子と野良犬が出会います。言葉が少ない、画集のような絵本。
のら犬ウィリー マーク・シーモント マーク・シーモント 三原 泉 あすなろ書房  
ピクニックに行った公園で、犬を見つけた家族。子どもたちは連れて帰りたいと言いましたが、飼い主が心配すると思って……。
のらねことぽんこつじどうしゃ ビル・ピート ビル・ピート 山下 明生 佼成出版社  
くず鉄置き場にいるおんぼろ自動車ジェニファーは、野良猫ジョセフィーヌの家になっていました。
のらねこノーラと5ひきのこねこ 磯田 和一 磯田 和一   PHP研究所 4歳から
絵描きのおじいさんの家で、野良猫が5匹の子猫を産みました。猫が嫌いなおじいさんでしたが、あんまりかわいいので……。
のらねこボタン トム・ロビンソン ペギー・ベイコン 光吉 夏弥 大日本図書 小学1年生から
路地裏で生まれた野良猫はひとりぼっちで生きていました。野良猫はたくさんけんかして、路地の王様になりました。
のりもの 五味太郎の絵本1 五味 太郎 五味 太郎 絵本館
お父さんと一緒の男の子。自転車、スクーター、自動車、モーターボート、飛行機など大好き。
のれたよ、のれたよ、自転車のれたよ  井上 美由紀  狩野 富貴子    ポプラ社   
『生きてます、15歳』より。500gで生まれ全盲のわたしを、お母さんはとても厳しく育てます。     
のろまなローラー 小出 正吾 山本 忠敬 福音館書店 4歳から
「こどものとも」54号の復刻版。ローラーは道路を平らにするのが仕事です。でも、トラックも自動車も、のろまだとばかにします。
* のろまなローラー 小出 正吾 山本 忠敬   福音館書店 4歳から
でこぼこ道を平らにするローラーは、ゆっくり走ります。ローラーの横を、みんなスピードを出して追い抜いて行きます。
ノンタンいたいのとんでけ〜☆ ノンタンあそぼうよP 清野 幸子 清野 幸子   偕成社 3歳から
ノンタンがいじわるしたら、タータンが転んじゃった。痛い痛いと泣いたので、「痛いの痛いのあっちのお山に飛んでけ〜☆」。
ノンタンいないいなーい 赤ちゃん版ノンタン5 清野 幸子 清野 幸子   偕成社  
ノンタン、くまさん、うさぎさん、たぬきさん、ぶたさんが、いないいないばあ。
ノンタンいもうといいな ノンタンあそぼうよO 清野 幸子 清野 幸子   偕成社 3歳から
ノンタンに、そっくりの妹タータンができました。妹がいるといいな、一緒に遊ぼう。
ノンタンおねしょでしょん ノンタンあそぼうよ6 大友 康匠・幸子 大友 康匠・幸子   偕成社 3歳から
朝。ノンタンはおねしょをしちゃった。うさぎさんも、くまさんも、ぶたさんも、たぬきさんも。
ノンタンおはよう 赤ちゃん版ノンタン7 清野 幸子 清野 幸子   偕成社 1歳から
ノンタンが「おはよう」「いただきます」「ごちそうさま」。みんなも一緒にご挨拶。
ノンタンおやすみなさい ノンタンあそぼうよA 清野 幸子 清野 幸子 偕成社 3歳から
寝るのが嫌なノンタン。友達の家に行っても、みんなは寝ています。
ノンタンがんばるもん すきすきノンタンA 清野 幸子 清野 幸子   偕成社 1歳から
ぶらんこで遊んでいたノンタンが、落っこちて耳をけがしてしまいました。急いで病院に行ったら……。
ノンタンテッテケむしむし 清野 幸子 清野 幸子   偕成社 1歳から
ノンタンが赤いギターを持っています。みんなで演奏しようとしたのに、ノンタンだけ勝手にテッテケテケテケ……。
ノンタンにんにんにこにこ 赤ちゃん版ノンタン1 清野 幸子 清野 幸子 偕成社 1歳から
ノンタンが笑ったり泣いたり怒ったり。
ノンタンぶらんこのせて 清野 幸子 清野 幸子   偕成社 3歳から
ノンタンがぶらんこに乗っています。うさぎさんが「乗せて」と来たのに、「だめだめ」と言うノンタン。
ノンタンもぐもぐもぐ 赤ちゃん版ノンタン2 清野 幸子 清野 幸子 偕成社 1歳から
ノンタン、うさぎさん、ぶたさん、くまさん、たぬきさんがもぐもぐもぐ。何を食べているのかしら。
のんちゃん ただの ゆみこ ただの ゆみこ   小峰書店  
のんちゃんはダウン症の子ども。学校でみんなと一緒に勉強ができるかな。
* ノンちゃん雲に乗る 石井 桃子     角川文庫 小学3年生から
昔の日本人はきれいな日本語を話していたと思います。子どもが母親を慕う気持ちは、いつの時代も変わりません。
のんのんのんたとちびうさぎ 小野 かおる 小野 かおる   小峰書店  
きつねののんたは、のろまです。大きな獲物を捕まえられません。ある日、小さなうさぎと出会って……。
のんびりおばあさんといねむりぼうや にしかわ はるこ 西川 おさむ   フレーベル館  
町の外れに住むのんびりおばあさんと、いねむり好きの猫。二人はいつも寝てばかり。
のんびりおじいさんとねこ 西内 ミナミ 和歌山 静子   福音館書店  
海辺の小さな小屋に1人で住んでいるおじいさん。そこに、1匹の猫がやってきました。