Library り 

書名

出版社

対象年齢

リーサの庭の花まつり エルサ・ベスコフ エルサ・ベスコフ 石井 登志子 童話館出版
夏至まつりの日。リーサはひとりでお留守番です。でも、夏至の精が現われて、リーサのまぶたに花のしずくをたらしたら……。
リーベとおばあちゃん ヨー・テンフィヨール ハラール・ノールベルグ 山内 清子 福音館書店 4歳から
病気のおばあちゃんと住むリーベは、ノルウェーに住む女の子。復活祭の日の朝、お日様に願い事をすると叶うと聞いたリーベは……。
りかさん 梨木 香歩     偕成社  
ようこは、おばあちゃんにリカちゃん人形をせがみました。ところが、届いたのは市松人形のりかさんでした。
リカちゃん生まれます 小島 康宏 発行・創美社 発売・集英社
元タカラ専務・リカちゃん人形初代開発の著者が語るリカちゃん誕生秘話。カラー写真も多数掲載されています。
幻冬舎新書345 理系あるある  小谷 太郎  千野 エー    幻冬舎   
理系の人間にありがちな事象を、文系の人間にもわかりやすく書いています。     
りこうなおきさき いわさきちひろ・おはなしえほん3 立原 えりか 岩崎 ちひろ   講談社  
ガスター原作のお話をもとにした絵本。
* りこうなおきさき―ルーマニアのたのしいお話― 岩波おはなしの本3  モーガス・ガスター  太田 大八  光吉 夏弥  岩波書店   
ルーマニアの楽しいお話が13編収録されています。      
りこうねずみとよわむしねこ ジョン・ヨーマン クェンティン・ブレイク 神鳥 統夫 岩崎書店  
丘の上に風車がありました。主人はけちなので、風車は荒れています。そこには、ねずみがたくさん住んでいました。
リサかぜをひく アン・グットマン ゲオルグ・ハレンスレーベン 石津 ちひろ ブロンズ新社
水溜りで遊んでいたリサは、ママに注意されても平気で遊んでいて、風邪をひきました。
リサジャングルへいく アン・グットマン ゲオルグ・ハレンスレーベン 石津 ちひろ ブロンズ新社
夏休みにどこにも行かなかったリサは、学校の友達に「ジャングルに行った」と嘘をつきました。
リサとガスパールデパートのいちにち リサとガスパールのおおがたえほん アン・グットマン ゲオルグ・ハレンスレーベン 石津 ちひろ ブロンズ新社
ギャラリー・ラファイエットというデパートで働いているデルフィーヌおばさんは、リサとガスパールをクリスマス・ショーに招待してくれました。
リサとガスパールのクリスマス アン・グットマン ゲオルグ・ハレンスレーベン 石津 ちひろ ブロンズ新社
リサとガスパールは、大好きなバラディ先生にクリスマスプレゼントに何をあげようか考えます。
リサとガスパールのたいくつないちにち アン・グットマン ゲオルグ・ハレンスレーベン 石津 ちひろ ブロンズ新社
春休みにおばあ ちゃんの家に遊びに行ったリサとガスパール。ずっと雨でつまらなくてたまらない。
リサとガスパールのであい アン・グットマン ゲオルグ・ハレンスレーベン 石津 ちひろ ブロンズ新社
リサとガスパールの出会いについて。最初はリサが青いマフラー、ガスパールが赤いマフラーをしていました。
リサとガスパールのはくぶつかん アン・グットマン ゲオルグ・ハレンスレーベン 石津 ちひろ ブロンズ新社
リサとガスパールは、クラスのみんなと遠足でバスに乗って博物館に行きました。
リサとガスパールのローラーブレード アン・グットマン ゲオルグ・ハレンスレーベン 石津 ちひろ ブロンズ新社
リサは誕生日にローラーブレードをもらいました。自分もほしかったガスパールは、悔しくて隠してしまいました。
リサと柱時計の魔法  レベッカ・コーディル  本庄 ひさ子  谷口 由美子  文研出版  小学5年生から 
孤児院にいるリサは9歳。ある日、普通の家に1週間お泊まりすることになりました。でも、その家の奥さんは忙しすぎて、リサと遊んでくれません。    
リサニューヨークへいく アン・グットマン ゲオルグ・ハレンスレーベン 石津 ちひろ ブロンズ新社
リサはひとりでニューヨークのハリソンおじさんのところに遊びに行きました。リサは世界貿易センターでおみやげを買いました。
リサのいもうと アン・グットマン ゲオルグ・ハレンスレーベン 石津 ちひろ ブロンズ新社
ママのお腹が大きくなって、リサはなんだかつまらない。赤ちゃんが生まれても無視しようっと。
リサのおうち アン・グットマン ゲオルグ・ハレンスレーベン 石津 ちひろ ブロンズ新社
リサはパパとママと一緒に、ポンピドゥーセンターの青いパイプの中に住んでいます。
リサのこわいゆめ アン・グットマン ゲオルグ・ハレンスレーベン 石津 ちひろ ブロンズ新社
リサはおばあちゃんの家で映画を見てから、おばけおおかみの怖い夢を見るようになりました。
リサの小さなともだち ジョック・カール バーナデット・ワッツ 佐々木 田鶴子 西村書店
森の中に住むきこりのテオはおこりん坊。奥さんのリサは誰にでも親切で、小さな動物たちにえさを与えています。
リサひこうきにのる アン・グットマン ゲオルグ・ハレンスレーベン 石津 ちひろ ブロンズ新社
リサはひとりで飛行機に乗ってニューヨークに行きます。飛行機の中ではおとなしくしていられるかしら。
リサれっしゃにのる アン・グットマン ゲオルグ・ハレンスレーベン 石津 ちひろ ブロンズ新社
リサは家族で旅行に出かけるため、列車に乗りました。おとなしくしていられるかしら。
りすがたねをおとした ハリス・ペティ ハリス・ペティ 渡部 洋子 ペンギン社 4歳から
りすが種を落とした。その種から芽が出た。その芽を男の子が見つけた。どんどん積み重なる言葉たち。
りすとかしのみ 坪田 譲治 伊勢 正義 岩波書店 4歳から
表題作のほか、「がまのげいとう」「ねずみのかくれんぼ」の3作を収録。
りすのクラッカー ルース・エインズ・ワース こうもと さちこ こうもと さちこ 福音館書店
ぶなの木に住むりすのクラッカーは、隣の家の窓から中に入ってしまいました。そこには人形たちがいて……。
りすのナトキンのおはなし ピーターラビットとなかまたち10 ビアトリクス・ポター ビアトリクス・ポター 石井 桃子 福音館書店 3歳から
ぎょうぎの悪いりすのナトキンは、しっぽがすりきれています。そのわけは……。
りすのパナシ カストールおじさんの動物物語1 リダ・フォシェ フェドール・ロジャンコフスキー 石井 桃子・和田 祐一 福音館書店  
キックとルケットの2匹のりすに、4匹の子りすが生まれました。フォレ、ルタン、フラム、いたずらっこのパナシです。
リスの目 フィンダンドからスウエーデンへ。北欧にもあった学童疎開。 ベロニカ・レオ ベロニカ・レオ 木村 由利子 ほるぷ出版  
奥田継夫・解説。1939年から1945年まで、フィンランドの子どもたちは戦争を避けるためにスウエーデンに疎開しました。
りすん 諏訪 哲史 講談社
白血病の朝子と兄の隆志。会話だけで成立している小説は、『アサッテの人』実践篇。
おはなしパレード1 りっぱな犬になる方法  北山 葉子  北山 葉子    理論社   
ある日いきなり犬になっても困らないように、りっぱな犬になる方法を五十音順に並べています。     
リッランとねこ  イーヴァル・アロセニウス  イーヴァル・アロセニウス  菱木 晃子  福音館書店   
スェーデンの子どもの古典絵本ですが、ナンセンスで絵も雑な感じです。     
おはなしガーデン47 なんでも魔女商会22 リフォーム支店本日休業  あんびる やすこ  あんびる やすこ    岩崎書店   
お裁縫魔女シルクが5日間出かけている間、お店はお休み。でも、アイドル魔女がやってきて、ナナとコットンはお直しを引き受けました。     
リベックじいさんのなしの木 テオドール・フォンターネ マルタ・コーチー 佐々木 田鶴子 電波新聞社  
リベックじいさんは、大きな梨の木を持っていました。秋になると、子どもたちに梨をあげます。
リボンちゃんのリボン 市川 里美 市川 里美   徳間書店  
イザベラはリボンが大好きな女の子。みんなが「リボンちゃん」と呼びます。
 村山籌子作品集1 リボンときつねとゴムまりと月  村山 籌子  村山 知義    JULA出版局   
大正から昭和にかけて書かれた短いおはなし集ですが、今でも楽しめます。     
竜王のたからもの かいぞくポケット6 寺村 輝夫 永井 郁子   あかね書房  
ポケットたちが海がめを見つけたときから、不思議なことが始まりました。鏡を用意してから読みましょう。
世界みんわ絵本《中国》竜宮からきたおよめさん 馬場 英子 おぼ まこと   ほるぷ出版 5歳から
竜宮伝説ですが、これは中国の民話です。海ではなく、川が竜宮の入口になっています。
むかしむかし絵本6 りゅうぐうのおよめさん 松谷 みよ子 朝倉 摂   ポプラ社  
貧しい若者は、花を売って暮らしていました。ある日、売れ残った花を海へ投げると、龍神さまが現れました。
流星の人 銀色 夏生 銀色 夏生・写真   角川文庫  
いい気持ちになる「何か」を「流星の人」と名づけ、その人に宛てた長い手紙。
理念なき外交「パリ講和会議」 日本の選択 NHK取材班・編     角川文庫  
昭和61年4月7日放送のNHK特別番組「ドキュメント昭和第1集ベルサイユの日章旗」をもとに編集された本です。
りゅうになりそこねたハブ 儀間 比呂志 儀間 比呂志 福音館書店
沖縄民話。昔、カナーという貧乏人がいた。カナーが雨宿りをしていると、ハブが天に昇ろうとしていた。
竜の子ラッキーと音楽師 ローズマリ・サトクリフ エマ・チチェスター・クラーク 猪熊 葉子 岩波書店  
貧しい音楽師が卵を見つけました。竪琴を弾くと、卵から竜の子どもが生まれました。
竜のはなし 宮沢 賢治 戸田 幸四郎   戸田デザイン研究室  
自己を犠牲にして他者のために生きる竜の話。
十二支むかしむかしシリーズ リュウのむすめとおいしゃさん 谷 真介 赤坂 三好 佼成出版社
昔、沖縄県のある村に、動物と話のできるお医者さんがいました。ある夜、お医者さんのところへ美しい娘がやってきました。
りゅうのめのなみだ 浜田 廣介 岩崎 ちひろ   偕成社  
人々に嫌われ、怖がられている竜。一人ぼっちの竜をかわいそうに思った男の子が、竜に会いに行きました。
名作絵本ライブラリー りゅうのめのなみだ 浜田 廣介  太田 大八    ひさかたチャイルド   
人々に恐れられている竜は、子どもの脅しにも使われていました。でも、竜を怖がらずにかわいそうだと泣く男の子もいました。     
中公新書ラクレ483 料理僧が教えるほとけごはん 食べる「法話」十二カ月  青江 覚峰  まるこ    中央公論新社   
東京・浅草の緑泉寺の住職である著者が、季節の料理の話と仏様の教えをわかりやすく書いています。     
Ryo 安田 ちえの・企画制作 成広 のり子   丸善出版サービスセンター  
絵を描いた成広さんと知り合い、絵本を購入しました。
りんご 松野 正子 鎌田 暢子   童心社  
赤いりんごも黄色いりんごもピンクのりんごも、皮をむくと白いりんご。
* りんごかもしれない  ヨシタケ シンスケ  ヨシタケ シンスケ    ブロンズ新社   
1個のりんごから、とてもたくさんの想像をする男の子。     
りんごがたべたいねずみくん 中江 嘉男 上野 紀子   ポプラ社 3歳から
ねずみくんは、木になったりんごが取れません。とりは飛んで、さるは登って、ぞうは鼻で取ります。りんごは残り2つになりました。
りんごがドスーン 多田 ヒロシ 多田 ヒロシ   文研出版 2歳から
大きな大きなりんごがドスーンと落ちてきたら、みんなで食べられるね。
りんごがひとつ 岩村 和朗 岩村 和朗   銀河社  
なっちゃんが丘の上でおやつのりんごを食べようとしたら、ころころ転がってしまいました。
りんごがひとつ えほん・ハートランド11  福田 直  福田 直    岩崎書店   
りんごがひとつ落ちていた。動物たちがみんなお腹を空かしていたけど、お猿が拾って逃げて行った。     
りんごころころ 松谷 みよ子 とよた かずひこ   童心社  
ハナコちゃんが野原を歩いていたら、りんごの木が泣いていました。
りんごたべよう  なかむら まさこ  なかじま むつこ    福音館書店  0歳から 
赤いりんごを剥いたり切ったりしますが、あまりおいしそうには見えません。     
りんごちゃん ブルーナのおはなし文庫M ディック・ブルーナ ディック・ブルーナ 舟崎 靖子 講談社  
芝生の上に落ちてしまったりんご。何も見えないと泣いていると、雄鶏がやってきました。
りんごです 川端 誠 川端 誠   文化出版局 1歳から
丸いのも、齧ったのも、種になったのも「りんごです」。
リンゴとカラス麦 フランク・アッシュ フランク・アッシュ 山口 文生 評論社  
子ウシが遊んでいると、柵の外に子ジカが現れました。リンゴを食べに行こうと誘われた子ウシは……。
りんごとちょう   イエラ・マリ エンゾ・マリ   ほるぷ出版 3歳から
文字のない絵本。りんごの中の虫は、一体どこからやってくるのでしょう。卵を産みつけたあともないのに。
リンゴの皮をむくとできる形は? 秋山仁先生のたのしい算数教室A 木幡 寛     ポプラ社  
数学者秋山仁・監修。図形@平面が楽しく学べます。
* りんごのき エドアルド・ペチシカ ヘレナ・ズマトリーコバー 内田 莉莎子 福音館書店 3歳から
マルチンは冬にりんごの木を見つけます。それから毎日、一所懸命お世話をすると秋にはりんごが取れました。
りんごのきにこぶたがなったら アーノルド・ローベル アニタ・ローベル 佐藤 凉子 評論社  
ある日、お百姓とおかみさんが市場へ出かけました。子豚が売っていたので、お百姓は「みんなまとめて買っちゃおう」と言います。
林檎の木のうた 神沢 利子 大島 哲以 童心社
孫娘がおばあさんに林檎の木にまつわる話を聞く形式の詩と、絵。
りんごの木を植えた男ジョニー・アップルシード リーブ・リンドバーグ  キャシー・ジェイコブセン  稲本 正  アーバン・コミュニケーションズ   
昔、ジョン・チャップマンという男の人が、一人でアメリカ大陸にりんごの木を植え続けました。実話をもとにしたお話。     
創作文学シリーズ詩歌 りんろろん 高橋忠治詩集 高橋 忠治 小坂 茂 かど創房  
長野県の小中学校教諭だった人が十数年間に書いた詩集です。