Library や 

書名

出版社

対象年齢

やあ、ねこくん! エズラ・ジャック・キーツ エズラ・ジャック・キーツ 木島 始 偕成社  
アーチーは見知らぬ猫に何気なく声をかけました。猫がアーチーのあとをついてきたので……。
やいトカゲ 舟崎 靖子 渡辺 洋二   あかね書房  
鍵をかけ忘れて自転車をなくした。ぼくは、友達ののぶちゃんと遊びに行くこともできない。
* リンドグレーン作品集4 やかまし村の子どもたち アストリッド・リンドグレーン イロン・ヴィークランド 大塚 勇三 岩波書店 小学3年生から
やかまし村には家は3軒、子どもは6人だけ。みんな仲良く遊びます。
やかましむらのこどもの日 アストリッド・リンドグレーン イロン・ヴィークランド 山内 清子 偕成社 小学1年生から
やかまし村には子どもが6人と半分。半分は2歳のシャスティーンです。みんなはシャスティーンを喜ばす「こどもの日」を考えます。
* リンドグレーン作品集5 やかまし村の春・夏・秋・冬 アストリッド・リンドグレーン イロン・ヴィークランド 大塚 勇三 岩波書店 小学3年生から
スウェーデンの農村の子どもたちの四季折々の楽しさを一緒に味わえます。
* リンドグレーン作品集6 やかまし村はいつもにぎやか アストリッド・リンドグレーン イロン・ヴィークランド 大塚 勇三 岩波書店 小学3年生から
やかまし村の6人の子どもたち。オッレに妹が生まれ、ますますにぎやかになりました。
焼かれた魚 小熊 秀雄 市川 曜子 アーサー・ビナード・英訳 パロル舎
白い皿の上にのった焼かれた秋刀魚は、たまらなく海が恋しくなりました。
夜間飛行  サン・テグジュペリ    二木 麻里  光文社古典新訳文庫   
南米大陸での夜間郵便飛行の一夜を描いた作品。訳者の解説がくどすぎるので、作品だけ読むのをお勧めします。     
やぎさんゆうびん まど みちお 高畠 純 さ・え・ら書房
「ぞうさん」「一ねんせいになったら」「ドロップスのうた」などの詩に、楽譜と楽しい絵がつきました。
やぎとぎんのすず ルーマニアの昔話 八百板 洋子 小沢 良吉 すずき出版
お百姓がやぎに銀の鈴をつけてやりました。やぎはいばらを無理に突き進み、鈴を落としてしまいました。
やぎのはかせのだいはつめい 槇 ひろし 槇 ひろし 福音館書店
やぎの博士が何年もかけて研究した機械ができあがりました。みんながお祝いに行きましたが、何を作る機械でしょう。
ヤギのブッキラボー3きょうだい ポール・ガルドン ポール・ガルドン 青山 南 小峰書店
『三びきのやぎのがらがらどん』として知られているお話。
ヤクーバとライオンT勇気  ティエリー・デデュー ティエリー・デデュー  柳田 邦男  講談社   
アフリカの少年ヤクーバは、立派な戦士になるため、ひとりでライオンを殺しに出かけました。     
ヤクーバとライオンU信頼  ティエリー・デデュー ティエリー・デデュー  柳田 邦男  講談社   
『ヤクーバとライオンT勇気』のその後の話。     
厄除け詩集  井伏 鱒二      筑摩書房   
『厄よけ詩集』に誤植が多かったために出した改訂版。こちらは昭和52年初版です。     
夜光虫  森 瑶子      集英社文庫  大人向け 
少女時代に母親に嫌悪された、歪んだ性格の女の物語。解説は三木卓さん。     
* やこうれっしゃ 西村 繁男 福音館書店 4歳から
上野から金沢まで行く夜行列車の車内の様子を、絵だけで描きます。
やさい 川上 越子 川上 越子   すずき出版  
いろんな野菜の種を蒔いたら、いろんな野菜ができました。
やさい 平山 和子 平山 和子   福音館書店 2歳から
大根、キャベツ、トマトなどが畑にある時とお店で売られている時、交互に瑞々しく描かれています。
やさいぎらいのガジガジくん 真木 文絵 石倉 ヒロユキ   福音館書店 4歳から
パセリの種を蒔いたポットくんの上に、大きな青虫が落ちてきました。いろいろ食べてみますが、どれも青虫くんには気に入りません。
やさいさん  tupra tupera  tupra tupera    学研教育出版   
畑の野菜を抜く様子をしかけ絵本にしました。     
やさいさんごめんね 志茂田 景樹 石川 あゆみ   KIBA BOOK  
野菜嫌いの子どもをなくそうと作られた絵本。
やさいたちのうた 藤富 保男 谷口 広樹   福音館書店 2歳から
たまねぎ、にんじん、れんこん、とまと。いろんな野菜の詩です。
やさいでぺったん よしだ きみまろ よしだ きみまろ   福音館書店 4歳から
野菜の切れ端をもらって、絵の具につけてぺったんぺったん模様をつくろう。
野菜とくだもののアルファベット図鑑 ロイス・エイラト ロイス・エイラト 木原 悦子 あすなろ書房  
色鮮やかな野菜と果物がアルファベット順に並んでいます。ミニ事典もあり、キュウリ、ナス、トマトが果物だと分かります。
* やさいのおなか 木内 勝 木内 勝   福音館書店  
野菜を切った断面を見て、その名前を当てます。子どもと一緒に台所に立ちたくなりますよ。
やさいのせなか 木内 勝 木内 勝   福音館書店  
野菜の上に紙を乗せてクレヨンでこすると、野菜の背中がうつります。何の野菜かな?
やさいばたけのパトロールたい 竹下 文子 鈴木 まもる   偕成社  
なす、ピーマン、トマト、かぼちゃ。野菜畑を守るのは、元気なのねずみパトロール隊。
やさいをたべると ワクワク絵本シリーズ たのしくたべようA 香川 芳子・監修 田代 卓   女子栄養大学出版部  
栄養大学らしい野菜を食べようキャンペーンのような絵本。
やさしいおおかみ ペーター・ニックル ユゼフ・ウィルコン 佐々木 元 フレーベル館  
お話に出てくるおおかみは、みんな怖い動物として書かれています。でも、やさしいおおかみだっているのです。
やさしい木曽馬 庄野 英二 斎藤 博之   偕成社  
戦争中、村の馬はみんな買い上げられました。中村さんの木曽馬「松虫号」も取られてしまいました。
やさしいこうさく@しんぶんしのこうさく  竹井 史郎  伊藤 靖子    小峰書店   
新聞紙を使った作品が21種載っています。セロハンテープ、はさみなどの少ない材料でできます。     
やさしいこうさくAぎゅうにゅうパックのこうさく  竹井 史郎  伊藤 靖子    小峰書店   
牛乳パックを使った作品が26種載っています。水に強いおもちゃがたくさんあります。     
やさしいこうさくBかみざらのこうさく  竹井 史郎  伊藤 靖子    小峰書店   
紙皿を使った作品が24種載っています。楽器やおもちゃなどが、簡単に作れます。     
やさしいこうさくCかみコップのこうさく  竹井 史郎  伊藤 靖子    小峰書店   
紙コップを使った作品が23種載っています。ナイフを使うので、少し難しいことに挑戦したい子にもどうぞ。     
やさしいこうさくDダンボールばこのこうさく  竹井 史郎  伊藤 靖子    小峰書店   
段ボール箱を使った作品が24種載っています。自分が入って遊べるものが多いので、作った後にも楽しめます。     
やさしいこうさくEあきばこのこうさく  竹井 史郎  毛利 将範    小峰書店   
空き箱を使った工作が27種載っています。おもちゃやゲームを作って遊びます。     
やさしいこうさくFふくろのこうさく  竹井 史郎  毛利 将範    小峰書店   
紙袋、ビニール袋、ネットの袋などを使った工作が24種載っています。     
やさしいこうさくGストローのこうさく  竹井 史郎  横溝 英一    小峰書店   
ストローを使った工作が25種載っています。風車、飛行機、笛、聴診器、刀などが作れます。    
やさしいこうさくHスチロールのこうさく  竹井 史郎  伊藤 靖子    小峰書店   
食品トレイ、カップ麺の容器、発泡スチロールなどを使った工作が25種載っています。ナイフをよく使います。     
やさしいこうさくIいろいろないれもののこうさく  竹井 史郎  大森 眞司    小峰書店   
マヨネーズやケチャップ、プリンカップ、苺パック、卵パックなどを使った工作が28種載っています。     
やさしいこうさくJあきカンのこうさく  竹井 史郎  大森 眞司    小峰書店   
空き缶を使った工作が26種載っています。鉄の缶を使うと丈夫です。     
やさしいこうさくKわりばしのこうさく  竹井 史郎  毛利 将範    小峰書店   
割り箸を使った工作が24種載っています。シリーズの中では一番難しいかもしれません。     
やさしい言葉 石垣りん詩集 石垣 りん     童話屋  
1984年に出版された詩集の復刻版です。
やさしいたんぽぽ 安房 直子 南塚 直子   小峰書店  
日の暮れた春の野原に、女の子が立っていました。寝ているうちに子猫を捨ててきなさいと言われたのです。
やさしいひつじかい R・シンドラー ヒルデ・ハイドゥック・フート 遠山 あき子 至光社  
ダニエルは100匹の羊を飼っています。ある時、そのうちの1匹がいなくなってしまいました。
やさしいライオン やなせ たかし やなせ たかし   フレーベル館  
みなしごライオンのブルブルは、メス犬のムクムクがお母さんです。ブルブルはムクムクに育てられ、やさしいライオンになりました。
やさしさの木の下で ぼくとびょうきとファミリーハウス くすもと みちこ うえだ いずみ スネル 博子・英訳 自由国民社  
難病で苦しむ子どもたちと家族を助けるためにできた宿泊施設のことを広めるために作られた絵本。
やさしさのタネ  おぐろ よしこ  おぐろ よしこ    復刊ドットコム   
いろいろな種を売るお店に出てくる生き物が、なんだかわからない気持ちの悪いものです。     
椰子・椰子 川上 弘美 山口 マオ   新潮文庫  
不思議な夢の世界のようなできごとを、淡々と送る女性の春夏秋冬。解説は南伸坊さん。
やたろうのあひる あおき ようこ 井口 文秀   至光社  
琵琶湖にやってきたあひるの子。やたろうは、あひるの子と友達になりました。
ヤチのおにんぎょう C・センドレラ グロリア・カラスサン・バイベ 長谷川 四郎 ほるぷ出版 3歳から
ヤチはブラジルに住む女の子。とうもろこしの実に葉っぱを着せたお人形クルミンが宝物です。
やっかいなおくりもの ごきげんなすてご2  伊東 寛  伊東 寛    徳間書店   
5か月前に生まれたあたしの弟は、お猿みたい。みんながかわいいって言うから、幸せを分けてあげなくちゃ。     
やっぱりおおかみ 佐々木 マキ 佐々木 マキ   福音館書店 3歳から
ひとりぼっちのおおかみが、自分に似た子を探します。うさぎもやぎもぶたも、みんな仲間がいてとても楽しそうですから。
ねみちゃんとねずみくんのえほん やっぱりねずみくんのチョッキ  中江 嘉男  上野 紀子    ポプラ社  3歳から 
のちに『だから! ねずみくんのチョッキ』として書き換えられた、初期の絵本。     
ヤドカシ不動産 穂高 順也 石井 聖岳   講談社  
ヤドカリ(?)の不動産屋さんが、みんなにぴったりの家を見つけてくれます。
科学のアルバム99 ヤドカリ  川嶋 一成  川嶋 一成・写真 森上 義孝・むかい ながまさ・渡辺 洋二・絵    あかね書房   
ヤドカリの生態が豊富なカラー写真と共に、子どもにもよくわかるように書かれています。     
やどかりのおひっこし エリック・カール エリック・カール 森 比左志 偕成社  
海に住むやどかりは、体が大きくなると引っ越しをしなければなりません。
やどなしねずみのマーサ アーノルド・ローベル アーノルド・ローベル 三木 卓 文化出版局 5歳から
マーサは町のごみ捨て場にいましたが、ある日映画館に入ってみました。そこは暖かくて、食べ物もいっぱい。
やねのうえのもも 織茂 恭子  織茂 恭子    童心社   
洋服屋さんのももは、悪いことをしていないのにすぐにお父さんに怒られます。そんな時ももは、絶対に謝りません。     
やぶかのはなし 栗原 毅 長 新太   福音館書店 4歳から
夏に血を吸う嫌な蚊。でも、この本を読むと少しだけ好きになれるかも。
山いっぱいのきんか 君島 久子 太田 大八   童話館出版  
中国のむかし話。月夜に、ランフーという若者が山へ草刈りに行くと、足元にたくさんの金貨が並んでいました。
やまからきたともだち《こどものくに》傑作絵本16  秋原 秀夫  鈴木 義治    金の星社  4歳から 
3人の子どもが遊んでいると、知らない男の子がやってきました。ちょっと変な子だけど、一緒に遊んで友達になりました。     
やまからにげてきた●ゴミをぽいぽい  田島 征三  田島 征三    童心社   
左からは山から逃げた生き物たち、右からは勝手にごみを捨ててゆく人間たちの話。     
月刊予約絵本「ちいさなかがくのとも」通巻116号 やまがあってね  小野寺 悦子  織茂 恭子    福音館書店   
家の窓から山が見えると、毎日楽しいですね。     
間所ひさこ少年詩集 山が近い日 現代少年詩プレゼント 間所 ひさこ  服部 龍男    理論社   
自然を題材にした詩。詩も絵も古く感じます。     
やまこえのこえたにこえて 小出 保子 小出 保子   福音館書店 3歳から
満月の夜。きつねのきっこがお出かけです。山越え、野越え、川越えて、一体どこに行くのでしょう?
やまたのおろち(ものがたり絵本1) 羽仁 進 赤羽 末吉   岩崎書店  
須佐之男命は高天原を追い出されました。ある家で泣いているおじいさん、おばあさん、きれいな女の子を助けようと……。
* やまたのおろち 日本の神話 第三巻 舟崎 克彦 赤羽 末吉   あかね書房  
高天の原を追われた須佐之男の命は、やまたのおろちに狙われている娘を助けることになりました。
山と川と海と サチとユウタの物語 森山 京 太田 大八   小峰書店  
山里に暮らすサチと海で暮らすユウタは、1年に1度開かれる市で出会いました。
ヤマトシジミの食卓  吉田 道子  大野 八生    くもん出版   
犬を拾ったにいちゃんに対抗して、かんこはおじいさんの風助さんを拾いました。     
やまとゆきはら 白瀬南極探検隊 関屋 敏隆 関屋 敏隆 福音館書店 5歳から
100年前に南極を探検した白瀬矗と隊員たちの様子が、大型の絵本に描かれています。
やまなし 宮沢 賢治 遠山 繁年   偕成社 小学3年生から
小さな谷川にいる蟹の兄妹のはなし。「クラムボンはわらったよ」「クラムボンはかぷかぷわらったよ」
やまなしもぎ 日本民話 佐藤 忠良 平野 直・案 福音館書店
「こどものとも」42号の復刻版。昔から日本に伝えられてきた民話は、民衆の芸術です。
やまなしもぎ   太田 大八 平野 直・再話 福音館書店 4歳から
病気のお母さんが梨を食べたいと言うので、3兄弟は順番に梨取りに行きます。ところが、上の兄さんたちは帰ってきません。
山になった巨人 白頭山ものがたり 柳 在守 李 相琴 松居 直 福音館書店 5歳から
朝鮮にある白頭山のお話。力強い絵が画面いっぱいに広がります。
山にのぼる機関車 汽車のえほん19 ウィルバート・オードリー ガンバー&ピーター・エドワーズ 桑原 三郎・清水 周裕 ポプラ社  
町中の線路ではなく、山に登る鉄道で働く機関車のお話。
 アーサー・ランサム全集3 ヤマネコ号の冒険  アーサー・ランサム  アーサー・ランサム  岩田 欣三  岩波書店  小学4年生から 
ツバメ号とアマゾン号の子どもたちは、フリント船長とピーター・ダックと一緒にヤマネコ号でカリブ海に宝さがしに出かけます。     
ヤマネコ毛布 山福 朱実 山福 朱実 パロル舎
旅に出ると決めたヤマネコのために、友達みんなが毛布に刺繍してプレゼントすることになりました。
ヤマネのくらし 科学のアルバム 西村 豊 西村 豊・写真   あかね書房  
信州に住むヤマネの春から冬までの写真が中心です。昆虫を食べるとか、冬眠前には木の実をたくさん食べるとか、発見がいっぱいです。
山のいのち 立松 和平 伊勢 英子   ポプラ社  
不登校児の静一は、夏休みにおじいちゃんの家に預けられました。二人は、にわとりを殺したイタチを連れて森に行きました。
 岩波おはなしの本4 山の上の火―エチオピアのたのしいお話―  ハロルド・クーランダー ウルフ・レスロー  土方 久功  渡辺 茂男  岩波書店  小学1年生から 
表題作を含むエチオピアの昔話が15編収録されています。     
山のえほん 岡部 一彦 岡部 一彦   福音館書店 小学1年生から
山を登って頂上に着くまでできごとや、目にする植物や鳥などが描かれています。
山の音  とり・みき  とり・みき    ちくま文庫  大人向け 
表題作のほか「カットバック」「羽根の塔」「憑かれた男」「砂浜のメリークリスマス」を収録。解説は山上龍彦さん。     
やまのきかんしゃ 松居 直 太田 忠 福音館書店
「こどものとも」23号の復刻版。小さな山の機関車は、大雪の日に急行列車を引っ張って走りました。
* やまのこどもたち 石井 桃子 深沢 紅子   岩波書店  
昔の東北の山で暮らす子どもたちの様子が四季ごとに描かれています。
山のごちそうどんぐりの木 柚木 陽子 川上 和生 理論社
どんぐりの木は、冬の間に枝の先に芽を出して、春に葉を出し、花を咲かせ、秋に実を実らせます。
* やまのたけちゃん 石井 桃子 深沢 紅子   岩波書店  
山で暮らすたけちゃんは、てるちゃん、よっちゃんと仲良し。いつも一緒に遊びます。
えほんのもり 山のとしょかん  肥田 美代子  小泉 るみ子    文研出版   
夜、1人暮らしのおばあさんの家に、絵本を読んでもらいに来る子がいました。     
日本の民話えほん やまのねこやしき  実藤 述  井上 洋介    教育画劇   
道に迷った旅人が、山奥で家を見つけて泊めてもらうことにしました。やさしそうな女の人たちが出迎えてくれましたが……。     
やまのぼり 佐藤 和貴子 佐藤 和貴子   福音館書店 3歳から
ばばばあちゃんは山登りをしようと言いました。動物たちは嬉しくてたくさんの荷物を持ってきました。そんなに持って行けないので……。
やまのぼり  ひらの ひでひこ  二俣 英五郎    福音館書店   
両親と兄妹の家族が山登りをする様子を丁寧に描いています。     
やまのリコーダー 武鹿 悦子 宮本 忠夫   佼成出版社  
山の子ぎつねは、ある日男の子に出会いました。男の子は、「お前なんか嫌いだ」と言います。
やまんばあさん海へ行く  富安 陽子  大島 妙子    理論社   
『ドングリ山のやまんばあさん』続編。楽しいお話が、表題作を含む3編収録されています。     
* やまんばあさんとなかまたち  富安 陽子  大島 妙子    理論社   
夢の中で「富士山に集まれ」という声を聞いたやまんばあさん。そこで、290年ぶりに同窓会が開かれるというのです。     
やまんばあさんの大運動会  富安 陽子  大島 妙子    理論社   
シリーズ3作目。かしまし小学校の運動会に招待されたやまんばあさんは、大喜びで大活躍します。     
やまんばあさんのむかしむかし  富安 陽子  大島 妙子    理論社   
シリーズ4作目。吹雪の夜、やまんばあさんの家にドングリ山の動物たちが集まってきました。やまんばあさんは、昔話を始めます。     
むかしむかし絵本2 やまんばのにしき 松谷 みよ子 瀬川 康男   ポプラ社  
ある秋のこと。ちょうふく山のやまんばが子どもを産んだので、村人はお餅を持ってくるように言われます。
やればできるよランドルフ エレン・コンフォード ローズマリー・ウェルズ 前田 三恵子 国土社  
ふくろねずみは木の枝にしっぽで巻きつき、逆さにぶらさがって眠ります。でも、ランドルフにはそれができません。
ヤンとカワカマス 町田 純 町田 純   未知谷  
猫のヤンがくつろいでいるところへ、トントンと戸を叩く音が聞こえました。出てみると、そこにはカワカマスが立っていて……。
ヤンとシメの物語 町田 純 町田 純   未知谷  
猫のヤンと鳥のシメを中心とした、森で暮らす動物たちの静かな物語。
ヤンとスティッピー ペッツィー・バックス ペッツィー・バックス 野坂 悦子 ブックローン出版  
ヤンは踊りの好きな駅員。いつも踊っているので、仲間に貨車に放り込まれました。
ヤンメイズとりゅう 中国の昔話 譚 小勇 松居 直・関野 喜久子・再話 福音館書店 4歳から
赤い服を着ていたシャオホンメイが、ある日竜にさらわれてしまいます。助け出せるのは弟だけですが、シャオホンメイには弟がいません。