Library よ 

書名

出版社

対象年齢

* よあけ ユリー・シュルヴィッツ ユリー・シュルヴィッツ 瀬田 貞二 福音館書店 5歳から
日が昇ってきてだんだん朝になると、世界が鮮やかな色に染まります。唐の詩人柳宗元の詩「漁翁」をモチーフにした絵本です。
子どもの詩の花束 吉田定一詩集・よあけのこうま  吉田 定一  佐々木 麻こ    らくだ出版   
伊藤幹翁・作曲。童謡集で、いくつかには巻末に楽譜がついています。     
夜明けまえから暗くなるまで ナタリー・キンジー・ワーノック メアリー・アゼアリアン 千葉 茂樹 BL出版  
アメリカのバーモント州に住むわたしたちの家族。冬は長く厳しく、畑は石だらけですが、楽しく暮らしています。
夜明け前十分 小池 昌代     思潮社  
朝日新聞日曜版に掲載されていた詩が中心。平易な言葉で深いことを述べる詩人です。
ジュニア・ポエム双書113 よいお天気の日に  宇部 京子  スズキ コージ    教育出版センター  小学3年生から 
岩手県生まれの人の書いた詩集。方言詩や言葉遊びや素朴な詩など、ごちゃごちゃです。     
よい語り―話すことT レクチャーブックス・お話入門4  松岡 享子      東京子ども図書館   
1991年刊行の「たのしいお話」シリーズ5『話すことT―よい語り』を新装復刊しました。     
宵待歩行 銀色 夏生     角川書店  
愛蔵版の詩集は、布の表紙を油紙で包まれて上製函に入っています。文字だけなので、しんみりと詩を読むことができます。
宵待歩行 銀色 夏生     角川文庫  
文庫版はいつでも持ち歩いて気軽に読むことができます。
よういどん 渡辺 茂男 大友 康夫   福音館書店 1歳半から
くまくんはお友達と障害物競争をします。一本橋を渡って、鉄棒をして、跳び箱を越えて……。くまくんは何等かな。
妖怪絵巻 常光 徹 飯野 和好   童心社  
妖怪たちが出歩く百鬼夜行の様子が、絵巻風に描かれています。節分の夜には、出歩いてはいけません。
ようこそ、おまけの時間に  岡田 淳  岡田 淳    偕成社  小学5年生から 
12時のサイレンが鳴ったとたん、賢は不思議な夢の世界にいました。     
ようこそ地球さん 星 新一 真鍋 博   新潮文庫  
作者の初期の42篇のショート・ショート。
ようこそ! ムーミン谷へ―ムーミン谷博物館コレクション― ミルヤ・キヴィ トーベ・ヤンソン 末延 弘子 講談社
童話、コミックなどだけでなく造形物も楽しめるムーミン谷博物館の雰囲気を紙上で味わえます。
クレヨン王国 ようこそゆうれいひめ 福永 令三 三木 由記子   講談社  
クレヨン王国のゴールデン王は、パステル王国に住む姪のオーロラを預かることになりました。
葉祥明/旅の絵本 遠い街白い雲 葉 祥明 葉 祥明   山と渓谷社  
北国、高原、街、海をテーマにさまざまな景色のイメージを描いた旅の絵本です。
ようじんようじんきつねにようじん《こどものくに》傑作絵本  中沢 正人  中沢 正人    金の星社  3歳から 
狐が昼寝をしていると、「用心用心狐に用心」という声が聞こえます。行ってみると、ねずみがいました。     
ポプラ物語館・29 妖精アンナとぼくのパーティー大作戦  貝谷 郁子  安井 雪絵    ポプラ社   
親友のヨウタが転校してしまうため、シュンはお別れパーティーで料理をすることになりました。     
ポプラ物語館・21 妖精アンナとぼくの料理レッスン  貝谷 郁子  安井 雪絵    ポプラ社   
料理好きな男の子シュンは、夏休みにおばあちゃんの洋食屋さんを手伝います。もっといいメニューを探していると、妖精が現れました。     
妖精が舞い下りる夜 小川 洋子     角川書店  
1988年から1993年にかけて書かれたエッセイ集。
妖精の季節 永田萠画集 永田 萠 永田 萠 サンリオ
カラーインクの魔術師が季節ごとに描く妖精たち。
ようちえん 子どもがはじめてであう絵本(第4集)16 ディック・ブルーナ ディック・ブルーナ 石井 桃子 福音館書店 1歳半から
赤、青、黄色のきれいな幼稚園。べーてちゃん、あーはちゃん、かーれちゃん、さーるちゃん、けーしぇ・こーるちゃんが通っています。
ようちえんにいったあまがえる 樋口 通子  樋口 通子    こぐま社   
ともちゃんは朝見つけた蛙を幼稚園に連れて行きました。      
ようちえんにいったともちゃんとこぐまくん 阿萬 紀美子 西巻 茅子   福音館書店 3歳から
ともちゃんは、幼稚園の入園式に行きました。でも、幼稚園はあまり好きではありません。こぐまくんも幼稚園に行くと聞いて……。
ようちゃんともぐら 石井 桃子 熊谷 元一 福音館書店
「こどものとも」100号の復刻版。ようちゃんは、猫のとらがくわえてきたけものを煮干しと取替えっこ。
おおきなしぜんちいさなしぜん《こんちゅう》Eようちゅう  林 長閑・指導  斎藤 光一   フレーベル館   
幼虫について、幼い子にもわかるように書いています。解説は大人が説明してあげてください。     
よーいどん!  中川 ひろたか  村上 康成    童心社   
だじゃれあり、ナンセンスありの幼稚園の運動会。     
よーいどんで名探偵 ミルキー杉山のあなたも名探偵シリーズ10  杉山 亮  中川 大輔    偕成社  小学3年生から 
「もえろ! すすきだ!」「かりもの競走事件」「てがかりは写真に」の3話を収録。     
よーくかんがえるカエルくん 岩村 和朗 岩村 和朗   福音館書店  
「かんがえるカエルくん」シリーズ4作目。雨と命について、よーく考えます。
ヨーザとまほうのバイオリン ヤーノシュ ヤーノシュ 矢川 澄子 偕成社
炭焼きエロミールは強くて大きな男。息子のヨーザは小さくて、炭焼きにはなれません。ある日、鳥がヨーザに魔法のバイオリンをくれました。
ヨーヨーのちょこっと猫つまみ 池田 あきこ 池田 あきこ   中公文庫  
猫たちがつくる季節のお料理絵本。レシピつきです。
講談社の創作絵本 よかったなあ、かあちゃん  西本 鶏介  伊藤 秀男    講談社   
認知症のおばあさんと世話をするおじいさんに、たまたま出会った男の子たちの話。     
* よかったねねずみさん ねずみのほん3 ヘレン・ピアス ヘレン・ピアス・写真 松岡 享子 童話屋  
2匹のねずみが食べ物を探しに行きます。食べ物も飲み物もなかなか見つからず、家もなくなっていました。
* よかったねネッドくん レミー・チャーリップ レミー・チャーリップ 八木田 宜子 偕成社  
ネッドくんにパーティーの招待状が届きました。でも会場は遠いのです。運がいいことと悪いことが、カラーとモノクロで交互に描かれています。
よくばりぎつねのじろろっぷ 小野 里宴 垂石 眞子   福音館書店 3歳から
欲張り狐のじろろっぷは、自分のものは自分のもの。人のものの横取りします。
よくばりすぎたねこ 佐藤 和貴子 佐藤 和貴子   PHP研究所 4歳から
ひよこを見つけた猫は、丸焼きにして食べようと思います。でも、もっと大きくしようか卵を産むまで待とうかと考えます。
よくばりワシカ ラトビア民話 平出 衛 内田 莉莎子・再話 福音館書店
「こどものとも」387号。猫のワシカは、森で鳥の卵を2つ見つけました。でも、少し我慢していたら、卵は5つになっていました。
よこしまくん  大森 裕子  大森 裕子    偕成社   
白いフェレットで横縞のシャツばかり着ているよこしまくん。マンガのような軽い読み物。     
よこしまくんとピンクちゃん  大森 裕子  大森 裕子    偕成社   
ピンクちゃんはよこしまくんの友達のフェレット。ふたりは仲良し。     
よこむいてにこっ 高畠 純 高畠 純 絵本館 0歳から
豚が横向いて、にこっ。象が横向いて、にこっ。ゴリラが横向いて、にこっ。
レインボーえほん7 よしおくんがぎゅうにゅうをこぼしてしまったおはなし  及川 賢治・竹内 繭子  及川 賢治・竹内 繭子    岩崎書店   
よしおくんはチョコレートパンと牛乳の朝ごはんを食べようとして、牛乳をこぼしてしまいました。     
よしなしうた(国際版) 谷川 俊太郎     青土社  
右開きではかながきの日本語の詩。左開きでは英語の「SONGS OF NONSENSE」。
ドラえもんの国語おもしろ攻略 四字熟語100   たかや 健二    小学館   
湯沢 質幸・指導。ドラえもんやのび太くんたちと一緒に、まんがで楽しく四字熟語を学びます。     
よじはんよじはん  尹 石重  李 ヤ庚  神谷 丹路  福音館書店  3歳から 
幼い子が隣のおじさんに時間を訊きに行きます。「4時半」と教えられますが、途中でずいぶん道草をくいます。     
ヨセフのだいじなコート シムズ・タバック シムズ・タバック 木坂 涼 フレーベル館  
ヨセフはコートを持っていました。でも、擦り切れたのでジャケットに作り変えました。ジャケットも擦る切れると……。
装いは生きるよろこび ハンディキャップをもつ人の衣服とおしゃれ  小澤 洋子      中央法規出版   
年配者や身障者向けの服についての文章と作り方の型紙など。     
おはなしガーデン34 なんでも魔女商会 夜空のダイヤモンド  あんびる やすこ  あんびる やすこ    岩崎書店   
シルクのおばさんスピカは、「今年もっともあたった星占い魔女」に選ばれました。でも、本当は星占い魔女になりたかったのではないのです。     
* よぞらをみあげて  ジョナサン・ビーン  ジョナサン・ビーン  作間 由美子  ほるぷ出版   
夜眠れない女の子が、風に呼ばれてひとりで屋上に出て行きました。     
よだかの星 宮沢 賢治 伊勢 英子   講談社  
醜いよだかは、みんなにばかにされています。鷹には名前を変えろとまで言われます。悲しくなったよだかは……。
ヨッケリなしをとっといで  スイスのわらべうた(古詩)  フェリックス・ホフマン  岡 志乃婦  ちいさな絵本美術館・架空社   
積み重ねを楽しむ詩。子どもの手に収まるような、小さな細長い絵本です。     
4つのすてきなクリスマス イヴェット・トゥボー ルシル・ビュテ 波木居 慈子 リブロポート
「サンタさんなにしているの」「のうさぎのクリスマスツリー」「雪のぼうや」「7つのサントン人形」の4編。
日本の民話えほん よっぱらったゆうれい  岩崎 京子  村上 豊    教育画劇   
骨董屋の番頭が留守番をしていると、ご隠居さんがやってきて、掛け軸を買いたいと言いました。     
淀どの日記 井上 靖     角川文庫 大人向け
浅井長政の娘であり、自分の家を滅ぼした秀吉に嫁いだ茶々こと淀どの一生が描かれています。
夜中に台所でぼくはきみに話しかけたかった 谷川 俊太郎     青土社 大人向け
シンプルな装丁の詩集。言葉に力のある谷川さんだから、どんな形でも読ませます。
ヨナタンとまほうの箱 イングリッド・オストヘーレン アニエス・マチュウ 泉 千穂子 教育社  
ヨナタンは元気いっぱいのネズミ。ある日、屋根裏部屋で見つけた箱を開けると、銀色の粉が降りかかりました。
おかしきさんちのものがたり 4にんのこえがきこえたら  小野 里宴  秦 好史郎    フレーベル館   
おかしきさんの家の4人の男の子の兄弟はいつも大騒ぎです。     
世ノ介先生 銀色 夏生 銀色 夏生   角川文庫  
詩人のわたしのところにやってくる世ノ介先生と、先生の紹介で会ったキサラギ サラミくん、すずこさんのおはなし。
余白の愛 小川 洋子 福武書店
耳を病んだわたしと、速記者Yの静かな物語。
* ヨハネスブルクへの旅 ビヴァリー・ナイドゥー 橋本 礼奈 森内 寿美子 さ・え・ら書房 小学5年生から
アパルトヘイト下の南アフリカ黒人居住区に住むナレディとティロは、幼い妹が病気になったので出稼ぎしている母を呼びに行きました。
* よふかしにんじゃ  バーバラ・ダ・コスタ  エド・ヤング  長谷川 義史  光村教育図書   
アメリカのミステリー作家が想像した忍者。コラージュがきれいです。     
大人になっても忘れたくないいもとようこ名作絵本 よぶこどり  浜田 廣介  井本 蓉子    金の星社   
平成10年に白泉社から出版された絵本の復刊です。     
よみかた絵本 戸田 幸四郎 戸田 幸四郎   戸田デザイン研究室  
五十音の読み方を教えるための本。
よみがえれ、えりもの森 本木 洋子 高田 三郎   新日本出版社  
北海道日高地方の襟裳岬は、コンブがたくさん採れる豊かな海だった。でも、森の木を伐採してから海が荒れ出した。
《読みきかせ》ボランティア入門 波木井 やよい・編     国土社  
これから読みきかせボランティアをしてみようという人のための本。
黄泉のくに 谷 真介 赤坂 三好   ポプラ社  
古事記のイザナギ、イザナミのくにつくりの話。火の神を産んだイザナミが亡くなると、イザナギは黄泉の国に追いかけます。
まどさんの詩の本 よむうた まど みちお  長 新太    理論社   
季節や動物などの詩が3章に分かれて掲載されています。     
* 読む力が未来をひらく―小学生への読書支援  脇 明子      岩波書店   
たくさん読めばいいだけでなく、質の良い本を子どもに手渡すのはなぜか、わかりやすく書いています。     
読む力・聴く力  河合 隼雄・立花 隆・谷川 俊太郎      岩波書店   
「絵本・児童文学研究センター』主催第十回文化セミナー「読む聞く」(2005年11月20日・小樽市民会館)の記録です。     
読む力は生きる力 脇 明子 岩波書店
子どもたちによい本を届けたいと心から願う著者が、語りかけるような文章で書いた名著。
よもぎだんご 佐藤 和貴子 佐藤 和貴子   福音館書店 4歳から
ばばばあちゃんは子どもたちと春の草を摘んで、よもぎだんごやごま和えを作ります。
* よもぎのはらのおともだち 阿萬 紀美子 山脇 百合子   PHP研究所 4歳から
たあちゃんともちゃんが、よもぎ野原の真ん中でけんかをしました。次の日の朝、たあちゃんの窓を叩く音がして……。
倚りかからず 茨木 のり子     筑摩書房  
茨木のり子さん8冊目の詩集です。わたしは「倚りかからず」や「苦しみの日々 哀しみの日々」が好きです。
よりみちしたてんし 杉田 豊 杉田 豊   至光社  
初めて神様にお使いを頼まれた天使。でも、途中で南の島に寄り道して……。
よりぬき読書相談室 疾風怒濤完結編  本の雑誌編集部・編     本の雑誌社   
WEB本の雑誌「読書相談室」に2007年9月〜2008年9月までに掲載されたものを編集しました。     
よりぬき読書相談室 どすこい幕の内編  本の雑誌編集部・編     本の雑誌社   
WEB本の雑誌「読書相談室」に2004年6月〜2006年6月までに掲載されたものを編集しました。     
* よりぬきマザーグース 岩波少年文庫068 鷲津 名都江・編 谷川 俊太郎・訳 岩波少年文庫 小学4年生から
谷川さん訳のマザーグース50編に、イギリスの木版画の挿絵、英詩、鷲津さんの解説がついています。
ヨリンデとヨリンゲル グリム童話 ベルナデッテ・ワッツ 若木 ひとみ ほるぷ出版 5歳から
恋人同志のヨリンデとヨリンゲルは、森の奥に住む魔女に魔法をかけられてしまいます。
よるくま 酒井 駒子 酒井 駒子   偕成社  
昨夜、男の子のところによるくまというくまの子が訪ねてきました。よるくまはお母さんを探しに来たのです。男の子も一緒に探しましたが…。
よるくま クリスマスのまえのよる 酒井 駒子 酒井 駒子   白泉社  
サンタさんはいい子のところに来る。じゃあ、悪い子のところには来ないのかな?
よるですよう ちいさいモモちゃんえほんH 松谷 みよ子 武田 美穂   講談社  
モモちゃんはプーとお留守番することになりました。カーテンを引いて暗くして、夜ごっこをします。
旺文社創作童話 夜にくちぶえふいたなら 高楼 方子  長野 ヒデ子    旺文社  小学1年生から 
夜に口笛を吹いたら泥棒が来ると言われているのに、遠足の前の晩にミツオは口笛を吹きました。     
* よるのいえ  スーザン・マリー・スワンソン  ベス・クロムス  谷川 俊太郎 岩波書店   
『オクスフォード版わらべうたの本』の「これはおうこくのかぎ」を参考に、積み上げ歌の絵本をつくりました。     
よるのいちばんふかいとき 今江 祥智 井上 章子   童心社  
お墓を見つけた男の子。動かなくなったものが眠るところだと、母さんに教えられて……。詩の絵本。
よるのきらいなヒルディリド チェリ・デュラン・ライアン アーノルド・ローベル 渡辺 茂男 冨山房  
ヒルディリドばあさんは、夜が嫌い。小屋から掃きだそうとしたり、袋に詰め込もうとしたりしても、夜は居座っています。
村上朝日堂超短篇小説 夜のくもざる 村上 春樹 安西 水丸 平凡社
J・プレスとパーカー万年筆の広告のために書かれた超短篇小説は、読後に世界の見方が変わります。
よるのさんぽ たむら しげる たむら しげる   架空社  
眠れない夜。散歩に出かけると、体がとても大きくなって……。
よるのともだち 岩村 和朗 岩村 和朗   至光社  
こりすの3きょうだいは、朝眠いのに起きなくてはなりません。外に遊びに行くと、ふくろうの子が寝ています。
* よるのびょういん 谷川 俊太郎 長野 重一・写真   福音館書店  
夜、お腹が痛くなったゆたかは、救急車で病院に行って緊急手術をしました。モノクロの写真で、夜の病院の様子がよく分かります。
よるのねこ ダーロフ・イプカー ダーロフ・イプカー 光吉 夏弥 大日本図書 小学1年生から
お百姓のリーさんは、夜になると猫を外に出します。真っ暗な中、猫はどうするのでしょう? 猫は、夜でも見える目があるのです。
夜のミッキー・マウス 谷川 俊太郎     新潮社 大人向け
「よげん」「ちじょう」「ふえ」のひらがなの詩と、「五行」という詩が好きです。
よるのゆうえんち 谷 真介 赤坂 三好 小峰書店
遊園地ではなく、ただの公園。犬や猫がやって来て、夜中に遊びます。
よるのようちえん 谷川 俊太郎 中辻 悦子 絵・写真   福音館書店 3歳から
誰もいない夜の幼稚園。あら、でも、そっとさんがそっと来て、すっとさんもやって来て……。谷川賢作さん作曲の歌も載っています。
夜はきて愛を語り 波津 彬子 波津 彬子   朝日ソノラマコミック文庫 大人向け
「夢の子供」「錦繍の夜」「夢の残香」など10編の海外ロマンティックサスペンス集。
夜物語  パウル・ビーヘル  小笠原 まき  野坂 悦子  徳間書店   
人間の屋根裏にあるドールハウスに住んでいる小人のもとへ、あるあらしの夜に傷ついた妖精が迷い込みました。     
よろこびの木 アストリッド・リンドグレーン スヴェン・オットー・S 石井 登志子 徳間書店  
昔、スウェーデンでは働けない人や病気の人、孤児などの面倒を見る「貧しい人たちの小屋」がありました。
よろづ春夏冬中  長野 まゆみ      文藝春秋  大人向け 
「別冊文藝春秋」に掲載された作品を中心にした短編集。     
* よわいかみつよいかたち 加古 里子 加古 里子   童心社  
1枚の紙では弱くても、2枚合わせれば強くなります。ただの紙では弱くても、折り方によって強くなることが分かります。
 かこ・さとしかがくの本8 よわいかみつよいかたち  加古 里子  加古 里子    童心社   
1枚では弱い紙も、折り方によっては強くなることがわかる力学の絵本です。     
よわむしハリー バイロン・バートン バイロン・バートン 舟崎 靖子 ポプラ社  
ハリーは怖がりな男の子。友達に「弱虫子猫」と呼ばれています。でも、ある日サーカスに行って……。
四コママンガ 銀色 夏生 銀色 夏生   角川文庫  
トメちゃん、みちるくん、ミンちゃん、プリくんなど愛らしいキャラクターのおかしなマンガ。
きかんしゃトーマスのアニメ絵本50 4だいのチビちゃんきかんしゃ ウィルバート・オードリー ブリット・オールクロフト(トーマス)Ltd.・写真 まだらめ 三保 ポプラ社  
森に囲まれた湖と滝があるところに、スカーロイ、リーニア、サーハンドル、ピーターサムという小さな機関車がいました。
読んでいない本について堂々と語る方法 ピエール・バイヤール 大浦 康介 筑摩書房
読んでいない本について語る機会は意外とあるもの。臆せずに語るにはどうしたらいいでしょう。
四とそれ以上の国 いしい しんじ 文藝春秋
四国を舞台にした5編の短編集。ここではないどこかに連れて行ってくれる本。
4ばんめのえきはくまごろうえき  野本 淳一  田中 秀幸    小峰書店   
山の鉄道にくまごろうという名前の駅ができたわけ。乗り物絵本。     
4ひきのりっぱなこぐま アーノルド・ローベル アーノルド・ローベル 小宮 由  好学社  
おじいさん熊は4匹の小熊に立派な熊のするべきことを教えますが、小熊たちは知らん顔。